NHK朝ドラ「あさがきた」モデルはあの広岡浅子さん!

あさが来た

こんにちはっ、まゆ◎です。

今日はNHKの朝ドラ「あさがきた」の主人公・白岡あさのモデルになった

女性実業家・広岡浅子さんのお話ですっ♪

広岡浅子さんは、日本で初めて女子大(日本女子大学校)を設立したり、

保険会社(大同生命保険会社)創立の立役者だった女性なのです☆

Sponsored Links

大同生命創立の立役者 京都の豪商 三井家のお嬢様

広岡浅子さんは

京都の豪商、三井家のお嬢様なのですっ!

 

生まれは寛永2年(1849年)

黒船が来航する4年前になりますね♪

 

ドラマでも描かれていますが

当時の女性は「女は学問不要」と言われて

本を読むことも勉強することも

あまり出来なかったみたいです。

 

浅子さんも「お家のための人生」を送る為に

小さい頃から

三味線、茶の湯、書道、生け花、裁縫・・・

まぁ、いわゆる花嫁修業をして

過ごしていたそうです。

 

でも、浅子さんは本当は

とてもおてんばで

丁稚らを相手に相撲をとったり

弟の書物を借りて『論語』などを

読んでいたそうなんです!

 

そうそう、ドラマでは

女中役の友近とお相撲をしていましたねっ☆

 

本当に、かなりおてんばさんだったみたいで

ふさふさだった黒髪を

突然根元から切ってしまったこともあるそうです。

 

今でこそショートヘアーも人気ですけど

当時は衝撃的な行為だったのではないでしょうかっ☆

 

それこそ

「びっくらぽんやわっ!!」

 

びっくらぽんと言えば

私が一番、びっくらぽんしたのは

物心つく前に

いいなずけが決められていることですっ!

 

それもかなり年上ですよ~!!

浅子さんは

親御さんの言いつけどおり

15歳で大阪の豪商・加賀屋さんに嫁ぎました。

 

そこでも浅子さんは商売の勉強をして

睡眠時間を削ってまで

そろばんや簿記の勉強をしたそうですっ☆

 

明治維新幕藩体制崩壊 浅子さんピンチっ!!

嫁ぎ先の加賀屋さんは

両替商だったのですが

今まで大名に貸していた金銀が

取り立てられずに大打撃を受けます。

 

その時、浅子さんは20歳そこそこだったそうですが

金策に東京の大名屋敷に

乗り込んだりしたそうですよ~♪

 

加賀屋さんが明治維新を乗り越えられたのも

浅子さんの、知識と行動力が大きいのでしょうねっ☆

 

 

それと・・・私が思うに

旦那様もすごいのではないでしょうかっ?!

 

この時代に

女性が好きなように行動できたのは

やはり、旦那様の包容力と理解が

あったからではないでしょうか☆

 

それがあったからこそ

浅子さんの能力が存分に発揮されたのですっ!

 

その後、浅子さんの貢献により

1901年(明治34年)日本女子大学校(現日本女子大学)開校

1902年(明治35年)大同生命創立

しました。

 

そして

1919年(大正8年)

「私は遺言なんかしませんよ」と言いながら

東京にて死去されました。

 

あさが来た

 

まとめ

「じぇじぇじぇっ」と同じくらい

「びっくらぽん」も

流行するのかな!?

 

広岡浅子さんの生き様を見ると

NHKの朝ドラ「あさがきた」も

応援したくなりましたっ☆

Sponsored Links

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。