紙幣切り刻んで死去!85歳女性!通帳も切断した理由は?

ゆーろ2

こんにちはっ、まゆ◎です♪

オーストリアで、85歳で死去した女性の遺留品から

切り刻んだ総額100万ユーロ(1億円超)の紙幣が見つかりました。

いったい、このおばあちゃんに何があったのかなぁ~?

Sponsored Links

「お札」も「通帳」ももれなく切断!!

【APF】11月6日より。

オーストリアで、85歳で死去した女性の遺留品から

総額100万ユーロ(1億円超)の紙幣が見つかったそうですっ!!

 

この女性、高齢者施設に入居していて、そこで亡くなったのですが

亡くなった後、ベットの片づけをしていて見つかったのが

総額95万ユーロ!

日本円にすると、1億2600万円!!

それが全部!!切り刻まれていたのですっ☆

紙幣ばかりか、もれなく通帳までも切断されていたそうですよ~!!

 

検察当局によれば

「紙幣はすべて女性の財産。刑事事件としては成立しません」

とのこと。。。

 

この切り刻まれた紙幣と通帳を目の前に

遺族はどうすることもできないそうですっ。

 

 

切り刻むのにどのくらい時間が??

切り刻まれていた紙幣が全て20ユーロ紙幣だとしたら・・・

4万7500枚ですよっ☆

ユーロ

 

85歳のおばあちゃんが4万7500枚の紙幣を切り刻むのに

どれだけ時間をかけたのでしょうね??

 

ユーロ紙幣って、私は触ったことが無いので分かりませんが

札束って、そう簡単には切れないような気がしますよね??

 

1分間に50枚切ったとすると・・・16時間っ!

通帳が何通あったのかは不明ですが

それを切り刻む時間や休憩時間を考えたら、もっとかかりますよっ☆

この、おばあちゃんのパワーはどこから来たのでしょう?

 

親族への嫌がらせかな~?!

おばあちゃんの、この行為は

遺産を相続する親族への嫌がらせではないかと言われていますっ。

 

このおばあちゃんは、かなりのお金持ちだったのですから

よくある「お金持ちのドロドロした遺産相続話」を想像してしまいますね☆

高齢者施設に入居していたということですが

面会に親族の誰も行かなかったとか??

・・・だって、お金を切り刻む時間があるほどですからねぇ。

面会にきても「遺産相続の話しばかり」だったとか??

 

ちょっと、下世話な想像になってしまいましたっ♪

 

お金はどうなるの?!

大衆紙(クリア)によると

オーストリア国立銀行(OeNB,中央銀行)は寸断された紙幣について

出所を証明できれば全額交換してくれるそうですっ~☆

出所は証明できるでしょうけど、正確な金額は分かるのでしょうかね?

イチマイ一枚、張り合わせるのかな~?

でも、遺族の方々はホッとしたことでしょうね♪

Sponsored Links

「そのにゅーすって、ほんと?」でしたっ☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。