小樽「正行寺」!住職は劇団四季の元俳優ってホンと?!

いわもとさん

こんにちはっ、まゆ◎ですっ♪

小樽市長橋にある正行寺(しょうぎょうじ)の住職に

劇団四季の元俳優という異色の僧侶がいます☆

この僧侶、地元の住民らにと~っても好評なのですよ~♪

Sponsored Links


身に付けた発声法、住民に伝授しますっ。

小樽市長橋にある正行寺(しょうぎょうじ)の住職に

劇団四季の元俳優という異色の僧侶

岩本達典さん(34)が就きましたっ☆

いわもとさん

 

岩本さんは

俳優時代に身に付けた発声法を、住民に教える「ボランティア」や

地域の催しに、お寺を開放したりしていますよ。

これがと~っても住民のみなさんに好評なんそうですっ♪

なんだか楽しそうなお寺ですねっ。

 

正行寺(しょうぎょうじ)

正行寺(しょうぎょうじ)は檀家(だんか)さん約140人の小さなお寺で

9年間ずっと住職不在のお寺だったのですが

札幌市内で僧侶をしていた岩本さんが

今年3月に浄土真宗本願寺派の紹介で着任したのです♪

 

岩本さんはとっても朗らかな人柄だから

地元の人たちにも受け入れられて

徐々に、参拝者や納骨堂に、お花を供える人が増えたそうなのです♪

やっぱり、お寺の住職が気さくな人柄だったらお参りも行き易いですもんね。

 

岩本さんには妻と6歳、4歳の息子さんがいて

今まで長い間、住職不在の淋しかったお寺が「明るくなった」と

檀家さんや地元の人々も喜んでいます♪

 

ライオンキング・赤毛のアン

岩本さんは、札幌市出身です。

10歳の時、劇団四季の「キャッツ」を見て

劇団四季に憧れて団員になる夢を抱き

高校3年生でオーディションに合格して入団を果たしたのそうですっ。

凄いですね~!!

劇団四季といったらすごい倍率ですよっ!

そこに高校3年生の子が合格するなんてっ!!

岩本さんは歌や踊りが上手いだけじゃなく、きっと人を引き付けるものを

お持ちなのではないでしょうか☆

 

入団後、ダンスやバレエに一生懸命に取り組んみ在籍5年で

「ライオンキング」「赤毛のアン」

などに出演したのです~♪

私も「ライオンキング」は3回くらい観に行ったので

もしかしたら、岩本さんが出演していた回も見たかもしれないなぁ。

 

でも・・・

23歳のときに腰や脚に肉離れが頻発して、

舞台に立てない日々が続いたんだって・・・。

それで、悩みに悩んだ末、退団したそうですっ☆

まだ若かったし、これからって時だったから

悔しかったでしょうね、、、なんて想像しちゃいます・・・。

 

人が能力の限界を感じた時、その先に明かりを灯すのは・・・

紆余曲折を経て岩本さんは

今の奥様、弥那子(みなこ)さんと出会いました。

弥那子(みなこ)さんのご実家がお寺だったのです☆

岩本さんは、志半ばで劇団を辞めた経験から

「人間が能力の限界を感じた時、その先に明かりをともすのが宗教ではないか」

と感じて、僧侶養成学校の通信教育学部で学んで

僧籍に入ったのです。

 

まとめ

日本全国にはたくさんのお寺があって

たくさんの僧侶がいて。

僧侶にもいろいろな方がいますよね・・・。

 

正直、私はあまり「尊敬できる」僧侶に出会ったコトがありません。

お金もうけばっかり??と思えるような「御布施」を請求されたりすると

「ぼうずまるもうけ」という言葉が頭を過ぎります。

そんな私の疑惑を払拭してくれそうな岩本さんに

是非お会いしたいと思いましたっ☆

Sponsored Links

「そのニュースって、ほんと?」でしたっ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。