中村紘子はピアニスト!大腸癌で活動休止期間を延長する

rp_297x300.jpg

こんにちは、まゆ◎です♪

ピアニストの中村紘子(71)さんが大腸癌病気療養ため

活動中止期間を来年3月まで延長すると

所属事務所が10日公式サイトで発表しました。

Sponsored Links

公式サイトの発表内容

『12月5日にサントリーホールでの公演を予定しておりました

ピアニストの中村紘子は、大腸癌の病気療養のため11月末まで

演奏活動を休止しておりますが、演奏活動中止期間を2016年3月まで

延長することになりました』

と報告。

『公演を楽しみにしていただいていたお客様には

ご迷惑とご心配をおかけいたしますこと

心よりお詫び申し上げます』

と続き

『引き続きコンサート活動復帰を目指し、体力回復に

努めて参ります』

 

と発表しました。

 

東京都内で予定していたリサイタル

12月5日・サントリーホール

来年1月30日・東京・府中の森芸術劇場ウィーンホール

は中止。

 

全国6ヶ所でのオーケストラとの協演

2月24日の仙台市の東京エレクトロンホール宮城では

小曽根真さんが代役を努めなど、ほかのピアニストと交代するそうです。

 

中村紘子さんは、2014年の2月に大腸癌を患い

今年1月末に活動休止を発表しました。

 

〈6月の活動再開の記者会見〉

中村紘子1

「がんだけど元気。古いファンの励ましや待っていてくれることが

何よりも嬉しい」と笑顔をたたえて話していました。

 

6月には活動再開の記者会見を行い

治療と並行しながらコンサート活動を続けていましたが

8月に所属事務所を通じて

「主治医と綿密に協議した結果、当面の集中的な療養が必要と診断」

と発表し、8月29日から11月まで予定していた演奏活動を

休止することとなりました。

この都内の記者会見で

医師に第二ステージと診断されたことを明かしていました。

 

手術はせずに治療を続け、今年3月にいったん復帰しましたが

その後、治療に専念する為に8月29日から11月末までの

演奏活動の休止を発表していました。

 

そして11月10日

活動中止期間を来年3月まで延長すると発表しました。

 

中村紘子さんのピアノ演奏

中村3

私は中村紘子さんのリサイタルに何度か行ったことがあります。

紘子さんのピアノは繊細でダイナミックです。

握手もしていただいたのですが、分厚いふっくら肉厚の手です。

あの手から、そして体全体を使って醸し出される音は

他の誰も真似はできません。

「ショパン弾き」というのですが

紘子さんは「ショパン」を今でも勉強していると話していました。

 

ショパンバラード第1番 ト短調 作品23

この作品を中村紘子さんのピアノでお聴きください。

また、リサイタルで聴けることを心から楽しみにしています。

 

【追記】

2016年7月26日

中村紘子さんは大腸がんのため永眠されました。

72歳のお誕生日を

ご主人とご自宅でお祝いされた翌日だったそうです。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

Sponsored Links

「そのにゅーすって、ほんと?」でしたっ☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。