小保方晴子は何を語る?!米が発表!STAP現象は実在した!?

小保方春子

こんにちはっ、まゆ◎です♪

小保方晴子さんが発見したと言っていた「STAP現象」が

アメリカの研究者により発表されました。

え~っ!?これってどうなるの??

Sponsored Links

小保方さんの発見は真実だった!?

2014年にネイチャー誌で「STAP研究」の論文を掲載して

小保方晴子さんも「STAP細胞」も一躍有名になりました。

小保方春子

 

STAP細胞ってなに?という方。

私も詳しい事は分かりませんw

 

「人為的な操作によって、いろいろな細胞になれる能力をもつようになった細胞」

 

この細胞を「とても簡単に作れるよ~♪」

と発表したのが小保方さんだったのです。

 

その後、小保方さんの研究は不正だったとか、小保方さんはウソをついていると疑われ

本人同意の上で論文は撤回されたり

早稲田大学の調査委員会が

「STAP細胞」は実在しない!と小保方さんの博士号を取消しました

 

理化学研究所が「STAP細胞」研究にかけた研究費は⇒5,324万円。

小保方元研究員の不正の有無を調べるのにかけた費用⇒9,170万円。

 

こんなにかけて出した結論。

 

なので、み~んなが小保方さんの「STAP細胞」は実在しないと

思っていましたよね☆

 

ところが・・・

 

STAP現象は実在した!?

2015年11月27日

科学雑誌「ネイチャー」の姉妹紙に

アメリカの研究者により「STAP現象」が発表されました。

 

あららぁ、大変です!

 

日本の優秀な大学や科学者の人たちが、多額の費用をかけて

30代の若い女性科学者の研究は「間違いです!」って言ったのに

アメリカが、「現象はあったよ~♪」と発表してしまったのですっ☆

 

この発表を聞いて、今、小保方晴子さんは何を思っているでしょう?

ネットでの反応は?

ネットでは、いろいろな角度からみた意見が出ています☆

 

私の結論から言うと、 そもそも、記事の信頼が薄い。本当に証明されたと思うのは早いだろう。 たとえ、STAP現象が証明されたとしても、STAP細胞が見つかったという訳ではない(知らないけど) そして、小保方さんの不正は事実だから、小保方さんは実際勝ってはいない。

 

 

 

ネイチャーのwebでstapを検索すると今年の9月の記事が出てきて小保方さんの名前も載ってるんだけど、これは小保方さんの意思を引き継いでアメリカで研究を続けてたってこと?教えて偉い人!

今年の9月にハーバード大学が、STAP細胞の虚偽、不正を証明したとの発表がありました。今回の発表が米国のどの研究者によって発表されたのか。調べてみようと思います。あまりにも小保方さんが可哀想です。これらが研究を盗むための策略だったとしたら。

今回の発表は、小保方さんがハーバード大学時代の研究が基礎になっているのだそうです。日本で学位まで剥奪されました。日本のマスコミも束になって彼女を攻撃。このネイチャーの発表によって、小保方さんの研究は正しかった事の証明。ノーベル賞受賞者の多くが日本以外での研究。当たり前です。

まとめ

小保方さんが現在どうしているのか・・・

残念ながら情報がありません。

小保方晴子さんの「STAP細胞」が肯定されたわけではありませんが

この報道を機にまたマスコミの前に現れるのでしょうか?

そして何を語るのか、とても興味があります。

分かり次第追記していきたいと思いますっ☆

Sponsored Links

「そのにゅーす、ホント!?」でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。