なるみ出産!どんな「痛すぎる」?ファンの反応は?岡村は立ち会ったの?

なるみ

こんにちはっ、まゆ◎です♪

お笑いタレントの、なるみ(43)さんが無事、男児を出産しました。

おめでとうございます!!

Sponsored Links

ファンの反応は?

なるみ

なるみさんは2001年7月3日に

11歳年上の、読売テレビ系「なるトモ!」のカメラマンと入籍しました。

でも、10年以上妊娠の兆候がなく

数年前から妊活に取り組んでいたそうです。

なるみさんの妊活は「不妊治療」でしたから、辛い思いをした日もあったでしょうね。

 

妊娠している事が分かって、11月から産休していました。

そして、12月13日、無事男の子を出産しました~♪

 

年齢も43歳で、高齢出産(高齢出産は35歳以上の妊婦)になりますから

心配していたファンの人たちも、とても喜んでいます♪

 

《ファンのおめでとうの声》

なるみちゃん、ホンマにホンマによかったなぁ(;_;) きっと関西中のおっちゃんおばちゃんが喜んでるで。で、他人の子やのにまるで自分の子のように楽しみにしてたナイナイ岡村くんもオジ馬鹿になるんやろうなぁww

なるみさんが、昨日男児を出産したみたいです。おめでとうございます!岡村さんや、すっちーも喜んでるでしょうね

なるみ姉さん、母子ともにご無事でよかった!おめでとうございます!

なるみさん、出産、本当に、本当に、おめでとうございます。我が事のように嬉しいです。ウチは上の娘も下の娘も、なるみさんからお祝いをいただいております。誠に僭越ながら、お祝いをさせていただくのがとても楽しみです。喜ぶ41歳

ご出産おめでとうございます!また、ぷいぷいに帰ってきてや〜♪

 出産はどんな「痛すぎる」だったのかな?

なるみ・岡村

出産前に痛すぎるTVで「出産の痛みを例えたら?」というのを

大阪の〝オカン”達に聞いていて

 

・「30代くらいのがっしりした男の人が出てくるくらい」

・「ジャッキー・チェンに蹴られるくらい」

・「小指をトラックに引かれる感じ」

・「コニシキが降ってくる感じ」

・「鼻からドリアンくらい」

・「鼻からボウリングの玉くらい」

 

などなど言っていましたが・・・

なるみさんは、どんな「痛すぎる」だったのでしょう~?!

 

出産後のコメントで

「これからは子育てお仕事と頑張ります」とありますから

復帰されてからの出産のお話しが、とっても楽しみですっ!

Sponsored Links

 

こどもの名前は決まったの?

2880gの元気な男の子!

名前はもう決まっているのでしょうか?!

まだ、発表されていません。

 

今年は「きらきらネーム」よりも古風な名前が流行ったそうですよ。

男の子は「湊・樹・蓮」と漢字一文字がトップ3を占めて

やはり普通の名前が多かったですね。

 

なるみさんも「きらきらネーム」ではなく純日本?純大阪?!の名前を

付けるように思います。

これもまた、発表が楽しみですね~♪

 

岡村隆史は、出産に立ち会えたの?!

岡村インスタ

なるみさんの出産に立ち会ったら「泣いてしまう」と言っていた岡村隆史さん。

出産に立ち会えたのでしょうか?!

「なるみ・岡村の過ぎるTV」で岡村さんが、なるみさんに「産後3,4日で仕事復帰して」

と言って「常識しらず」とか「マタハラ」と話題になりましたが

岡村さんは、なるみさんがいないのが淋しいのでしょうね。

 

出産には立ち会えていないと思いますが

赤ちゃんに会ったら、きっと泣いて喜んでいるでしょう~♪

 

なるみ・岡村の過ぎるTV

関西意外ではあまりなじみのない、なるみ・岡村の過ぎるTVについて。

なるみ・岡村の過ぎるTVは、日曜23:15 – 24:10に放送されています。

日本全国から集まった「○○過ぎる人」「○○過ぎる店」「○○過ぎるモノ」など

世の中の常識を逸するモノや人を紹介し

なるみと岡村の○○過ぎるのトークや、○○過ぎるを探すロケなど行うバラエティです♪

 

まとめ

なるみさん、おめでとうございますっ!

育児は体力勝負ですっ☆

いっぱい食べて頑張ってくださいね、応援しています♪

Sponsored Links

「そのにゅーすって、ほんと?」でした♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。