SIAが高野万優!空手家をMV起用!その理由は?

シーア

こんにちはっ、まゆ◎です♪

高野万優(たかの まひろ)さんは9歳の天才空手家です。

高野万優さんをMVに起用したSIA(シーア)とは

どんな歌手なのでしょうか?

 

 


高野万優(たかのまひろ)さんのプロフィール

高野万優(たかのまひろ)さんは現在9歳の女の子です。

みなさんも一度は、この小さな女の子の空手家を

目にした事があると思いますよ♪

 

このCM、覚えがありませんか?!

 

 

《高野万優さんのプロフィール》

生年月日:2006年7月15日

出身地:新潟県

日本の空手家:悠空会所属(日本空手協会)

 

《経歴》

・2013年・14年 全日本少年少女空手道選手権大会優勝

・2015年 小学生・中学生全国空手道選手権大会優勝

・2020KARATEアンバサダーに任命される。

・SIA(シーア)オーストラリアの歌手・シングル「Alive」の公式ミュージック・ビデオに出演

 

この天才空手家、高野万優(9歳)さんをMVに起用した

SIA(シーア)さんとは、いったいどんな人なのでしょう?

 

 

顔を表に出さないアーティスト?!

 

芸名:SIA(シーア)

オーストラリア出身の女性シンガー・ソング・ライターで

「顔を出さないアーティスト」で有名だそうです。

 

失礼ながら、私は知りませんでした。

 

生年月日:1975年12月18日(39歳)

ジャンル:ロック・ポップ・ジャズ・ダンス・

職業:歌手・音楽プロデューサー

作品:シャンデリア(グラミー賞において最優勝レコード賞受賞)

2014年:40歳未満のオーストラリア人で97番目の資産家

 

今回、高野万優さんが起用されたのは

SIAさんのニュー・アルバムからのファーストシングル

「アライヴ(Alive)」の宣伝用音楽ビデオです。

 

このMVの視聴は3日間で300万回に上りますっ☆

すごいですね、さっそく見てみましょう~。

 


カッコいい~☆

でも、どうして日本の少女、空手家を起用したのでしょうか?

 

SIAさんの大ヒット・シングル「シャンデリア」

前編、12歳の美少女ダンサーのマディー・ジグラーという子が

踊っていて、Yutubeでの視聴が9億9700万回を超えているそうです!

 

そのマディー・ジグラーさんに変わって、

今回は日本の天才空手家、高野万優さんになったのですが

どうやらシーアさんはYutubeで高野さんを知って

出演を依頼したようです。

 

SIAさんが空手を知っているのかは謎なのですが

空手の「形競技」は

静寂に包まれた中で、実際の戦いのシーンを想定し、自身の力を最大限発揮し魅了する。同じ人間として、演じる迫力と凄ましさに感極まる人もいるほど、人の感情に影響を与える

とあります。

 

SIAさんは高野さんの動画を見て、何かを感じて感動した事は

間違いありませんね☆

 

 

《世界の反響》

高野万優さんのMVを見た世界中の人からコメントが相次いでいます。

「この女の子は誰?」とか

演舞を「ダンス」と思い込んでいたりしています。

これを機に、日本の国技「空手」を世界中に

周知されることでしょう~☆

 

 

「アライヴ」を収録したSIAさんのニュー・アルバム

This is Acting は2016年1月29日に発売されます。

 

 

【追記】

日本版「アライヴ(Alive)」のミュージックビデオには「土屋太鳳」さんが起用されました。

こちらの記事もご覧ください⤵

SIA(シーア)が土屋太鳳をMVに起用!その理由は?!ダンスの腕前は?!

 

 

まとめ

日本の国技の「空手」を

小さな女の子が、私たちに教えてくれました。

歴史も深くて競技人口も多いそうなのですが

あまり身近なスポーツとして感じなかった私です。

高野万優さんが見せてくれる「型」は本当に美しいと感じますね。

空手を知らないであろう海外の人にも感動を与える!

日本の国技、空手は素晴らしいのですね。

2020年、東京オリンピック種目にもなるといわれている

空手です☆

今後の高野万優さんの活躍を応援していますっ♪

「そのにゅーす、ほんと!?」でした♪

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、30代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。