金子恵美は宮沢磨由を知っていた?!不倫した宮崎謙介を許せる?


こんにちはっ、まゆ◎です♪

出産直後の金子恵美議員。

夫の宮崎謙介議員の不倫相手と言われている

宮沢磨由さんを知っていたのでしょうか?

不倫した夫、宮崎謙介議員を許せるのでしょうか?

Sponsored Links

金子恵美(かねこ めぐみ)

 

金子恵美

 

 

《金子さんのプロフィール(自民党オフィシャルサイトより)》

 

学歴・職歴

1993 (平成 5)年 新潟県月潟中学校 卒業
1996 (平成 8)年 新潟県立三条高等学校 卒業
1996 (平成 8)年 早稲田大学第一文学部 入学
在学中、イギリスやアメリカにてホームステイ、
ネパールにて農業支援活動。
2000 (平成 12)年 同校卒業。新潟放送入社
2001 (平成 13)年 顎関節症治療の為、同社退社。
2002 (平成 14)年 新潟県きものの女王に選ばれる
2003 (平成 15)年 ミス日本関東代表に選ばれる
2004 (平成 16)年 韓国梨花女子大学校 留学
2007 (平成 19)年 新潟市議会選挙にて南区トップで当選
2010 (平成 22)年 新潟県議会議員補欠選挙で当選
2011 (平成 23)年 新潟県議会議員選挙二期目当選、
自由民主党新潟県第四選挙区支部長 就任
2012 (平成 24)年 80,514票を得て衆議院総選挙で初当選
2014 (平成 26)年 77,137票を得て衆議院総選挙で再選

 

なんか、たくさん載せすぎましたねwww

 

ご覧のとおり、金子恵美議員は

23歳の時に地元の新潟で「新潟きものの女王

24歳の時には「ミス日本の関東代表」に選ばれています。

 

金子さんは、美人国会議員として話題になりましたね。

そして夫の宮崎謙介衆院議員とは

「お泊り勉強会」の末に結婚に至りました。

 

今回スクープされた

夫の宮崎謙介衆院議員の不倫相手

 

宮沢磨由さんも

「きもの装いコンテスト関東大会」で準優勝を受賞していますよ✩

宮沢磨由さんの画像1

 

宮沢磨由さんについてはこちらの記事をご覧ください⤵

宮沢磨由の経歴は?画像は?不倫したくなるほど魅力的な女性なの?!

 

金子恵美と宮沢磨由は知り合いだった?

『週刊文春』によると、宮崎謙介衆院議員と不倫相手

宮沢さんとの出会いはナンパだったそうです。

向こうから寄ってきた」と宮沢さんは言っています✩

 

もしかして議員会館で「ナンパ」したの??

 

宮沢磨由さんのTwitterより(現在は削除されています)

これも初経験
衆議院議員第一議員会館の食堂で、遅めのお昼をいただきました

お着物の勉強を始めて、世界がどんどん広がります。今年もしっかり勉強して知識を増やしていきたいと思います

 

宮沢さんは議員会館に出入りしていたのは間違いありませんね。

それに・・・

1月4日の「自民党仕事始め」の会合で

宮崎謙介議員は袴を着用していたのですが

これを着つけたのが宮沢磨由さん

 

夫の着付けをした女性ですから

恵美議員は、妻として「会話」ぐらいはしていると思います。

 

少なくても二人は顔見知りだったのでは?と想像します。

 

その時、三人で顔を合わせていたとしたら・・・

恵美議員は二人の関係に気づいたかもしれませんね✩

 

なんだか昼メロのような想像になってしまいましたが

母になる女性をなめるなよ」と

金子恵美議員は心の中で叫んだかもしれませんね☆

 

まとめ

宮崎謙介議員は、妻、金子さんの出産にも立ち会い

子どもが産まれた今月5日付のブログではこう載せています。

私はひたすら妻の腰をさすり続けた」「本当につらそうでした。壮絶ですね、出産は」と書き込んだ。へその緒がついた長男の写真も掲載し、「これから2人で大切に育てていきたい」

 

宮崎謙介議員の記事はこちらをご覧ください⤵

宮崎謙介は着物美人がお好き?不倫で育休もイクメンも台無しに

ハニートラップにかかった!ってどんな意味?wikipeで調べてみたよ

 

出産直後の金子恵美さん。心身ともにお疲れだろうと思います。

コメントは出されいてませんが

女性として母とて妻として、国会議員として、今後どうするのか動向が気になりますね。

Sponsored Links

「そのにゅーす、ほんと!?」でした✩

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。