武内駿輔の大学は?歌が上手いのは母親が〇〇だから?!

武内駿輔1

こんにちはっ、まゆ◎です♪

現役高校生で声優として活躍している武内駿輔さん。

「第10回 声優アワード」の新人男優賞に選ばれました。

 

Sponsored Links

武内駿輔(たけうち しゅんすけ)

 

武内駿輔1

 

 

「アイドルマスター シンデレラガールズ」

プロデューサー役の声優が現役高校生だったとで

話題になった武内俊輔さんが「第10回 声優アワード」の

新人男優賞に選ばれました。

 

 

どんな声なの?・・・

 

高校生には思えないほど

渋い声だという武内駿輔さんの声はどんな声なのでしょう~?

まずは聞いてみましょう~♪

 

 

 

 

プロフィール・・・

1997年9月12日生まれ。

現在は18歳です。この春に高校を卒業?!。

 

高校はどこだったのか?

大学へ進学はするのか?

 

について調べてみましたが

残念ながら、情報がありませんでした。

 

 

武内さんは

81プロデュースに所属です。

 

『ニッポン朗読アカデミー』というラジオ番組で

「出席番号6番、おっさん声の17歳」というキャッチフレーズで

出演し、10代の若手とは思えない

渋く落ち着いた声で話題になりました。

 

声だけでなく、顔も大人っぽい?!ですよね。

 

2015年1月に

アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」で

プロデューサー役に抜擢されました。

 

第1話の放送終了後は

 

「聞いたことがない名前だがやたら渋い声で

いい味を出している声優さん」

 

が現役高校生ということで驚きとともに話題になりましたね。

 

Sponsored Links

 

歌がうまい?!・・・

 

ニッポン朗読アカデミーのイベントで

井上陽水さんの「少年時代」を歌ったそうなのですが

あまりにも上手すぎて、会場から笑いが起きたそうです。

 

それもそのはず、武内さんのお母さんは

ソプラノソリスト。

叔父さんテノールソリストなのです✩

 

お母さんからは声楽を教えてもらっているようですよ♪

 

お母さんと一緒に歌っている動画では

オペラ歌手のような歌声を聴くことができるそうです♪

 

武内駿輔4

 

 

10歳で声優に憧れる・・・

 

武内さんが声優という職業に憧れたのは

10歳のときです✩

 

映画ダークナイトの適役・ジョーカーを演じた

ヒース・レジャーの演技にとても衝撃を受けたそうで

「声優になりたい」と思ったそうです。

 

中学時代には、声優の養成所には通えないため

土日だけのレッスンで未経験者でも入学できる養成所を

探して、反対する両親を説得して通いました。

 

 

中学時代は声優の勉強に集中してしまい

学業がおろそかになってしまったのを反省して

高校入学後は学業と両立しながら

声優の仕事を頑張ったそうです。

 

その経験が声優の仕事にも生かされているそうです。

 

オーディションを受けるときは

その役について「職業」「性格」なども調べて

映画やドラマなどから似たような役をやっている人の

演技も参考にするなど

常に勉強しているそうです。

 

 

涙もろい?・・・

 

武内駿輔2

 

 

武内さんは、涙もろい性格のようですよ。

「シンデレラガールズ」第一話の放映時に

お母さんと泣きながら視聴したそうです。

 

また、同じくシンデレラガールズの収録時

「自由にやっていいと言われて大失敗」そして号泣したとか。

 

「アイマス10thライブ」の際、控室でお弁当を食べながら

GOIN’!!!を聴いて泣いていたとか

 

などなどのエピソードがあるそうです。

 

かわいいですね~♪

 

 

まとめ

18歳にしては声も容姿も中身も、少々大人っぽい

武内駿輔さんです。

でも、しっかりとご自分のビジョンを持ち

長所を知り、日々努力をしている姿は

年齢など関係なく、尊敬してしまいました。

声優だけでなく、俳優や歌手など活躍の場が

これからは広るのではないでしょうか。

頑張ってくださいっ♪

 

Sponsored Links

 

「そのにゅーす、ほんと!?」でした♪

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。