女だらけの職場で人の悪口を言い合うのは信用の証って本当?!

女3

ここは、とあるアパレル関係の会社。

各店舗は女性だらけで構成されています。

「女だらけの職場」と言えば悪口や陰口は当たり前?

あなたもこんな経験ありませんか?

 

Sponsored Links

 

 

悪口は「居ない人」がターゲット!!

 

一見、仲よさそうな職場。

 

でも、誰かひとりその場からいなくなると

すぐさまその人の陰口・悪口が始まりますよ~✩

 

 

女3

 

 

「あの人さ、お茶入れるときお茶っぱ多くない?」

「お茶の入れ方も知らないんじゃない?!」

「やだ~、お嬢様ぶってるんだよ!」

「『私はお茶なんか入れたことありません』って感じ~!?」

「笑wwww」

 

言っている内容はたいしたことじゃない?

でも、もし、あなたが居ないときに陰で言われているとしたら

気分悪くないですか?

 

こんな経験ありませんか??

 

『ドアを開けたら同僚たちの会話が急に止まった』

妙な居心地悪い空気感が流れていること・・・

 

すぐに分かりますよっ、

「あぁ、私の事を話していたんだな、それも悪口を!」って。

 

でも、その場を誰かが離れたなら

今度はその人の悪口が始まったりして。。。

 

「あの人のマニュキュア、見た?」

「センス悪~っ!」

「爪の形悪いんだからさ、色くらい考えないとねぇ」

「ネイルサロン行けばいいのにね!?」

「爪が可愛くなっても、あの顔じゃね~」

「笑wwww」

 

あなたがいるときは、違う人の悪口悪口悪口。

そう、その場にいない人の悪口や陰口が当たり前の

女だらけの職場✩

気づいたら、みんながみんなの悪口を言ってる結果に~✩

 

この「居ない人の事を言う」行為って何なのかなぁ??

 

 

Sponsored Links

 

 

悪口はコミュニケーションツール?!

 

 

A group of women in the coffee shop

 

女性に限らず男性も同じなのだそうです✩

 

・共感し合うことでお互いを理解した気になる習性がある

・さほど仲が良くない職場の同性の間で、陰口がコミュニケーションツールになっていることも多い

 

つまり

『さほど仲良くないから話題が見つからず手っ取り早く「誰かの悪口」をいう事で話題を作り話し相手と仲良くなった気分になる手段』

ってことですね♪

 

お互いに対する好感や趣味が合うなどの

ポジティブな感情と同じかそれ以上の効果が

「悪口を一緒に言う」行為にはあるそうです✩

 

 

上記の会話でも表現してみましたが、悪口や陰口を言って最後に

「笑wwww」「クスクスクスw」で終わるのが

仲良くなった気分になった証なのかな~?

 

 

Sponsored Links

 

 

 

悪口を一緒に言ってる人は信用できる?!

 

あなたは悪口を一緒に言っている人の事を信用できますか?

 

一緒に悪口をいう事で仲間意識が生まれたり、敵をひとり作ることで

団結力が生まれたりするとか。

でも・・・

「この人、Aさんの悪口を私と言うから私の見方ね♪」

と思えないけど?

 

席を外すと今度は自分が標的になるのが怖くて

トイレに行くのも我慢してしまう、という人もいるらしいですよ。

 

これって、自分も「悪口言われる」ことに気づいていて

悪口言われれば、傷ついたり嫌な思いをするという事が

分かっている事?!

って思いますけど・・・✩

 

 

悪口で保つ人間関係はいつか崩れる!

 

女5

 

人の悪口をいう事でしか、人間関係を保てない人がいます。

子供の頃からこの方法や手段でしか

人間関係を保てなかったのだろうなぁ、と思う人が私の職場にいます。

 

悪口を言っている間は「自分の側に誰かいる」という錯覚?!

でも、それは信用されているのでも信頼されているのでも

本当に仲が良いわけでもないと思いませんか?

 

悪口を言わなくても成り立つ人間関係を築くには

人の悪口を言わないことじゃないのかなぁ~?

なんて思う今日この頃w

 

「悪口を言う人」と「悪口を言わない人」

あなたならどちらを信用・信頼しますか?

 

 

Sponsored Links

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、30代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。