伊藤伴の家族について知りたい!彼はなぜ山に登るの?

伊藤伴2

こんにちは、まゆ◎です♪

伊藤伴さんが史上最年少でエベレスト登頂に成功しました。

彼はなぜ山に登るのでしょう?

また、ご家族についても知りたいですね✩

 

Sponsored Links

 

伊藤伴(いとう・ばん)

 

 

伊藤伴さんが史上最年少でエベレスト登頂に成功しました。

 

 

伊藤伴2

 

伊藤さんは1995年 12月30日生まれです。

現在は東京経済大学(経営3年生)の学生です。

 

伊藤さんは、小学4年の時に担任の先生の影響で山と出会い

中学3年でモンブラン(4810メートル)

高校3年でヒマラヤの

ロブチェイースト(6119メートル)を登頂しています。

 

中学生や高校生が外国へ行って

こんな高い山に登る事ができるのですね?!

 

費用とか、仲間とか、どうしたのでしょう?

 

この辺りの情報がまったくありません。

 

ご家庭の情報が無いので分かりませんが

山を登るのには現地のガイド付けたり

費用がかなりかかると聞いています。

 

その他にも剱岳(2999m)や富士山(3776m)への

登山経験があるようです。

 

練習という意味合いがあるのかもしれませんね。

 

きっと、ご実家は裕福なご家庭なのでは?と想像します~♪

 

 

ロブチェイーストの山頂から

エベレストを見た伊藤さんは

「次に登りたい」とエベレストへの思いが強まったそうです。

 

 

2016年5月19日(木)

伊藤伴さんは世界最高峰エベレスト(8,848m)に

見事登頂成功しました~✩。

 

今回の登頂でかかる費用は800万円でした。

その高額の登山費用は、親族や友人、本学卒業生の寄付などで

まかなえたそうですよ。

 

こちらは寄付を募る伊籐さんの呼びかけの動画です♪

 

 


 

 

 

Sponsored Links

 

 

伊藤さんは昨年(2015年)

日本人最年少のエベレスト登頂をめざしている途中に

ネパール中部で発生した大地震に遭い

撤退を余儀なくされています。

 

このときの事を「無事だったのは奇跡的」だったと

伊藤さんは言っています✩

 

地震時

高さ100メートルのある巨大な壁のような雪崩が

猛スピードで崩れ落ちてきたそうです。

 

登山隊を率いていた国際山岳ガイドの近藤謙司さんの叫び声で

雪崩とは反対側の斜面を駆け下り

石でできた仏塔の陰に隠れ助かったそうです。

 

伊藤さんが自分で撮っていた動画には「怖いよ」と

入っていたそうです。

 

この時、ベースキャンプでは20人近くが亡くなりました。

 

「自分たちの隊が全員無事だったのは本当に奇跡的」

と当時19歳だった伊藤さんは話しています。

 

 

帰国したとき、お母さんが出迎えているところの写真がありました。

この写真を見ただけで、なんか泣けてきちゃいました。

 

伊藤伴1

 

私だったら、もう二度と嫌だと思ってしまいそうです。

 

 

でも、伊藤さんは怖い思いをしても

また登ることに挑戦したのですね・・・。

 

今回の登頂は

東日本大震災の被災地支援の一環として挑戦していた

お笑いタレント・なすび(40)さんと共に

頂上に立ったそうです✩

 

 

伊藤さんのモットーは

「人生は1回しかない、安定よりも冒険」

その通りの人生をチャレンジしていますね✩

 

 

まとめ

伊藤伴さんが山になぜ登るのか・・・

「人生は1回しかない、安定よりも冒険」というモットーと

山に登った人にだけ分かるものが何かあるのでしょう✩

ご家族の情報は全くなく、分かりませんでしたが

みんなが伊藤さんを応援していることが分かりましたね♪

何よりも、無事に帰国されることを祈ります。

 

Sponsored Links

 

「そのにゅーす、ほんと!?」でした✩

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ 社会人になって、そろそろ「ベテランさん」と呼ばれる年齢になりました。 日々、ニュースを見たり聞いたりしていると「これって、本当なのかな?」と 思うことがあります。 私の「ほんと?」をみなさんと考えていけたらいいなと思いますっ☆