ファンキー加藤の新曲ブラザーの歌詞はアンタ柴田元妻との不倫中に書いたの?

ブラザー2

こんにちは、まゆ◎です♪

ファンキー加藤さんの新曲「ブラザー」って

アンタッチャブル柴田さんの元妻との不倫が報じられた翌日に

発売されますけど・・・。

不倫している最中に作詞作曲したのかな?!

 

Sponsored Links

ファンキー加藤の新曲「ブラザー」

 

アンタッチャブル柴田 英嗣(しばた ひでつぐ)さんの

元妻との不倫を報じられたファンキー加藤さん。

 

6月8日に発売するニューシングルのタイトルが

なんと!

「ブラザー」・・・✩

 

 

ブラザー2

 

 

ブラザー(brother)とは

辞書を改めて開くと、意味は

兄・弟・同じ仲間の男・同僚・兄弟分・同国人・同胞・あなた

 

 

ありゃりゃ。

ファンキー加藤さんの不倫相手って

お友達の「アンタッチャブルの柴田 英嗣さんの元妻」なのですよねぇ。

 

 

ブラザーの元妻と不倫して子供までできてしまい

新曲が「ブラザー」って・・・

 

この新曲は加藤さん初主演の映画

「サブイボマスク」の主題歌として書き下ろされたものです。

映画のストーリーに沿った「兄弟愛」をテーマに作られた曲

だそうですけど、なんか笑えないですよね~✩

 

まさか・・・不倫している最中に作ったのかな?

どんな歌詞なのでしょう?

 

ブラザー

 

ブラザー1

あの日の野球の練習も あの時のテストの点数も
褒められるのは常にあなた 比べられることがイヤだった
僕もどうにか輝きたくて 髪を染めて親に怒られた
同じはずだった道の上で いつも一歩先 歩いていた

眩しいほどの大きな背中 ただ追いかけてきた
そして気づいたよ 受け止めてくれてた
僕の分の向かい風を

あなたの側で生きていたから 僕は今日の僕に出会えたんだ
どこまでも ずっと Wow wow 僕の一番のヒーロー

プロレスごっこが白熱して いつも本気のケンカになった
あなたに負けるのが悔しくて 夜な夜な筋トレ始めました
歌うことが好きだったけれど あなたに「音痴」とからかわれ
思春期の僕は恥ずかしくて 安いカラオケに通いました

誰かが優しい言葉をくれた でも不思議なくらい
口下手なあなたの不器用なエールが
心の中 埋めているよ

今もあなたは僕の歌で あの日のように笑ってくれますか?
届けたい ずっと Wow wow 変わらないこの歌を

あなたに負け続けて 少しは強くなれた
いつかは眺めてるだけの背中を 僕のこの手で

あなたの側で生きていたから 僕は今日の僕に出会えたんだ
ありがとう ずっと Wow wow 一番のヒーロー

今もあなたは僕の歌で あの日のように笑ってくれますか?
届けたい ずっと Wow wow 幸せなこの歌を

 

歌詞はファンキー加藤さんらしい

兄弟愛がひしひしと伝わってくる素敵な歌詞ですね♪

Sponsored Links

「作詞作曲」と「不倫」していた時期

 

これを作詞した時の加藤さん。

実のお兄さんとの小さい頃の思い出を

そのままの心情を書いたそうです。

 

歌詞は兄に対するコンプレックスが軸になっています。兄貴に負けたくないという気持ちが強くて、感じていた心情をそのまま書いたから、すごくリアリティーのある歌詞になっています。本当にプロレスごっこをして喧嘩になっちゃったし、負けるのが悔しくて筋トレを始めたのも実話なんですよ。(ファンキー加藤さん)

 

この曲を作り始めたのは、いつからかというと・・・

 

映画の撮影を撮り終えて

東京に戻ってきてからだそうです。

 

『サブイボマスク』の撮影を振り返った時に、“兄弟愛”というテーマが浮かんできたから。僕が演じさせていただいた主人公の甚平春雄と小池徹平さんが演じた権助は、実の兄弟ではないけど、それに近い関係性なんですよ。

 

 

映画の撮影は大分県で

2015年9月中旬ごろまで行われていたようです。

 

不倫相手のAさんと知り合ったのは一年前といいますから

不倫している最中に書かれたのですね・・・残念です。

 

まさか不倫相手が

友人の元妻だとは「知らなかった」そうですから

このタイトルになってしまっても仕方ありませんね。

 

しかし、こんないい曲もこの不倫騒動で

NETでは騒然となっています。

 

・ファンキー加藤が明日発売する新曲タイトルって『ブラザー』なのか。 何だこれ!全部プロモーションじゃねーの?

ファンキー加藤が友人のアンタッチャブル柴田の妻を寝取って妊娠させて明日発売のCDのタイトルが「ブラザー」なの面白すぎるな

ファンキー加藤、新曲ブラザー、始球式、映画初主演、厚生労働表紙&インタビューとか、どんだけ(悪い意味で)もってる人よ…!? 流石に驚くわ。良い話題なら、プロモ仕込みか~で済むんだろうけどさ。

 

 

まとめ

私はファンキー加藤さんのファンです。

今回の不倫騒動は残念で仕方ありません。

この曲を書かれている時、不倫している最中のようですね。

相手の旦那さんが友人の

アンタッチャブルの柴田 英嗣さんの妻だと知らなかったとはいえ

「ブラザー」とタイトル付けしてしまったのは

やはり「不倫はいけない」と誰かかどこかで

言っていたような気がしますよ。

あぁ、ショック・・・。

お子さんたちの事はしっかりと守って欲しいと願います。

Sponsored Links

 

「そのにゅーす、ほんと!?」でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。