台風5号2016は風に注意!太平洋側は大しけで海で遊べないよ!

台風5号

こんにちは、まゆ◎です♪

台風5号2016は太平洋側を沿うように北上しています。

海でのレジャーはキャンセルにしましょう✩

 

Sponsored Links

台風5号2016

 

今年は台風が少ないですねぇ。

日常の生活では台風が来ない方が

通勤通学も心配なくていいのですが

雨が少ない関東では、やはりまとまった雨が欲しいところです。

 

 

台風5号の現在の様子

 

現在の台風5号の様子を見てみましょ。

名称 OMAIS(オーマイス)
大きさ 大型
強さ
存在地域 父島の東約500km
中心位置 北緯28度00分
東経147度25分
進行方向
速さ 25km/h
中心気圧 975hPa
最大風速 30m/s
最大瞬間風速 45m/s
暴風域
(25m/s以上)
東側220km
西側110km
強風域
(15m/s以上)
東側650km
西側390km

 

大型台風になっていますね~。

進路も見てみましょ。

 

台風5号

太平洋側をなめるように北上していますよ☆

9日3時:銚子市の東約320km

10日3時:は北海道の東に達する

台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。

 

日本上陸はないようですけど

この台風5号はとにかく風が強いそうです。

風・・・というより暴風ですよっ!

 

マリンスポーツをしてはダメです!

 

風が強いと、海でサーフィンやマリンスポーツに

波を求めて出ていく方がよくいますけど

絶対にダメですっ!

 

波打ち際で遊ぶのも危険ですからね。

よく「高波に注意」って言われますよね。

 

あれは突然来ます。

ここなら大丈夫と思っていても

何度かに一回は大波がやってきて、さらわれてしまいますから。

絶対に近づてはいけません。

 

西日本は大丈夫?

 

いえいえ、進路から大きくはずれる西日本も

安心してはいけません。

沖縄は熱帯低気圧の影響で雨や雷雨となり

非常に激しく降る所もありそうです。

もちろん、波も高くなりますから要注意です。

 

 

まとめ

なんだか当たり前のことを記事にしてしまいましたが

必ず台風がくると水の事故があるので

改めて注意を呼びかけたいと思いました。

雨が降って水がめがうるおい

水不足が解消されるのは嬉しいですが

事故だけは気を付けて欲しいと思います。

 

Sponsored Links

「そのにゅーす、ほんと!?」でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、30代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。