エンタメ

新津春子の生い立ちやプロフェッショナルな清掃が感動される理由は?

Pocket

2015年「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演し

「世界一清潔な空港の清掃人」という本を出版した

新津春子さんの清掃業務に対する姿勢が感動と共感を得ています。

彼女に心揺さぶられるのは何故なのでしょうか?

新津春子(にいつ はるこ)

 

≪プロフィール≫

1970年、今年で50歳になる新津春子さんは

中国の瀋陽で生まれました。

お父様は第二次世界大戦の時に、旧満州に取り残された

日本人(残留孤児)、お母様は中国人です。

 

新津さんが17歳の時に一家で日本に移住してきました。

家計を支えるため、清掃会社で働き始めたそうです。

その理由も明快で

「たとえ言葉がわからなくてもできるから」

でした。

中国生まれの中国育ちですから当然日本語は出来なかったのだと思います。

高校を卒業後「音響機器メーカー」に就職したものの

アルバイトで清掃のお仕事を続けていたそう。

働きながら清掃の専門学校に行き、知識と新しい技術を身につけ

1995年25歳の時に日本空港テクノ株式会社に入社されています。

勉強された学校がどこだったかはわかりませんでしたが

国家資格である

「ビルクリーニング技能士」資格を得、その後指導者としても力を発揮。

羽田空港の第1、第2ターミナルを受け持つ会社の中で

ただ一人持つ「環境マイスター」の資格。

清掃のお仕事と言ってもとっても奥が深いなあと感心させられます。

ちなみに羽田空港で働き始めたきっかけは、当時専門学校の講師に

現在の上司の方がいらっしゃったからとのこと。

言葉の分からない国で仕事だけではなく

しっかりと人脈も作ってこられているのって凄いなあと思います。

仕事に対する姿勢と考え方

新津さんは清掃会社だけでも、十数社転職しています。

その理由は「学ぶことが無くなると新しく学べる環境に行きたくなる」から

だそうです。

では、空港の清掃はどうなのでしょう?

 

空港の清掃は「永遠に終わらない課題と、学ぶ環境がある」そうです。

常に時代の最先端を走る空港は、建物の材質でも、洗剤においても

新しく、常に向上しなければしけない環境があると言います。

 

多くの人が行き来する空港だからこそ、新津さんの向上心を満足させるだけの

「清掃」がそこにはあるのでしょう。

新津さんの仕事に対する考え方で、私が感動したフレーズを紹介します。

「人に評価されるからやってるわけではないんですよね。そこまで私は思ってないんです。自分がどこまでやれるか、自分を清掃の職人だと思っているんです。あくまでそれをやった上で、人がこう感じました、喜ばれたというのが人の評価ですから。すべてが人に褒められるということを目的にしていないんです」

 

Sponsored Links




感動する理由は?

何故、多くの人が彼女に感動するのか・・・。

それは彼女の生い立ちと、仕事内容が関係しているからなのでしょうか?

それとも彼女が、中国でも日本でも苦労をしたから?

3kと呼ばれる清掃業務だから?

「誰かのために」ひたむきに仕事をしているから?

きっとこれらの理由もあるのかな、とも思いますが

おそらく多くの人が賛同するのではないかと思う彼女の言葉に出会いました。

「目標を持って、日々努力し、どんな仕事でも心を込めることができる人が、プロフェッショナルだと思います」

 

「私は、清掃の仕事が大好きです。自分にとって大事なことがはっきりしていれば、誰が何を言っても、左右されることはありません」

 

新津さんのたくさんの「ご苦労」と「ぶれない自信」「職人の誇り」が

人に感動を与えるのかなと思います。

仕事の内容は関係なさそうですね。

そして・・・仕事をする全ての人に

「あなたはどうなの?!」と問うているように感じた私です

新津春子の掃除はプロフェッショナル!

どんな仕事にもその道のプロフェッショナルはいるものですよね。

スポーツ選手だけがプロと呼ばれているわけではありません。

一つの事を究め、必ず成果を上げていく

そんな仕事人になるためのヒントが彼女の言葉の中に散りばめられていますね。

 

場所やモノを綺麗にするだけの「たかが清掃、されど清掃」ですよね。

まとめ

私も仕事をしている中で「清掃」をすることがあります。

空港ほどではありませんが、人の流れのある場所です。

そこにはいろいろな人がいます。

清掃をしていても何も言わずトイレに入ってくる人。

集めたごみを蹴散らしていく人。などなど

でも新津さんだったら、たとえそんな人に出会ったとしても

「そういう人達がいるから、私達がいるんですよね。」

と、意に介さず仕事に没頭していそうですよね。

私は到底そこまでは思えず、「う~ん、もう!」と人間丸出しになってしまいますが・・・

以上

「そのにゅーす、ほんと!?」でした♪