台風6号2018最新進路予想!関東上陸はいつ?風より豪雨らしい!


こんにちは、まゆ◎です。

14日、南シナ海で発生した熱帯低気圧は、15日台風に発達して沖縄県の先島諸島に接近する見込みです!!

台風6号は風より雨に注意が必要?関東地方に上陸するのか?など最新進路予想が知りたい!

Sponsored Links

【追記】2018年6月15日現在


関東では冷たい雨が降り肌寒い一日でしたね。半袖で出勤した私は、帰宅時には寒くてすっかり体が冷えてしまいました。

では気になる台風6号の動きを見てみましょう。

現在、台風6号は石垣島の北北西約60kmにあり東北東に毎時30kmで進んでいます。

中心気圧:994hPa

最大風速:18m/s

沖縄と奄美では16日にかけて雷を伴った激しい雨が降っていて、沖縄県国頭村では1時間に53・5ミリの雨を観測しています。降り始めからの雨量が300ミリを超えているとのことです。

明日16日(土)の全国の天気を見てみましょう♪

最後にヨーロッパ中期予報を見てみましょう。

(ヨーロッパ中期予報は10間予想なので時間が進むほど精度が落ちます。)

関東に直撃しそうに見えますが、気象庁によると台風6号は16日から17日かけて温帯低気圧に変わり、17日21時には日本の南に達するとのことです。

温帯低気圧と台風の違いは?

台風6号は温帯低気圧に変わるとのこと。台風じゃないから安心だと思ってはいませんか?

台風と呼ばれる条件は

1・暖かい空気のみの低気圧(熱帯低気圧)であること
2・中心付近の最大風速が秒速17.2m以上であること

この二つをもって「台風」と呼ばれます。

今回の台風6号は日本付近に北上して冷たい空気とぶつかり「冷たい空気」「暖かい空気」が存在する低気圧に変わります。

なので台風と呼ぶ条件「1」がなくなるので「温帯低気圧」と呼ばれます。

しかし、風速や雨量が変わるわけではないので勢力が衰えたわけではないのです。温帯低気圧になっても安心はできませんね!

沖縄と奄美で雷を伴った激しい雨が降っているというのも、暖かい空気と冷たい空気がぶつかりあっているからですね。

このまま週明けに関東に接近する恐れもあるので、気象情報にはくれぐれも注意してください。

↓↓↓以下は古い情報になります。下記の「台風6号の名前」についてもよ読んでみてみてください♪

Sponsored Links

台風6号のたまご

6月11日(月)に台風5号が来たばかりなのに

14日(木)13:05には、沖縄の近くで

台風6号のタマゴが発生したと気象庁より発表がありました!

このたまごは15日(金)には台風になる見込みです☆

 

まだ6月だというのに、なんだか今年は台風が多いですねっ。

平年6月の台風の発生は1.7個だそうなので

この台風6号で、6月に発生した台風は3つになります。

6月に3個以上の台風が発生するのは

2013年以来、5年ぶりのことです。

いや~、このペースで台風が発生したら

今年の台風の数はいくつになるのでしょうね!?

それにしても6月だというのに北海道では雪が降ったり

関東では夏日という暑さで、

そしてまたまた台風とは。。。

体調管理もたいへんですが、災害に備えて万全にしたいです。

Sponsored Links

台風6号の進路は?

台風6号は、週末には日本に接近してきそうな気配なので、この動きから目が離せません!

まずはヨーロッパ中期予報センターから見てみましょう。

台湾の真上に発生して日本に向かって進路を進めて

日本列島をかすめる感じで進んでいます。

現在のところ上陸は無いとの予想ですが

海は大荒れになり、梅雨前線も刺激されて

活発化するのは間違いありません。

そして14日午後10時の天気予報では

この台風6号は風よりも雨に注意したい台風だそうです☆

梅雨前線が刺激されて、各地で大雨になる恐れがあるそうです。

雨雲の動きはどうでしょう?

 

あぁ、やはり15日朝には台風になりますね。

この為、現在、南西諸島付近に停滞している梅雨前線に台風の影響が加わり、沖縄や奄美は16日(土)にかけて大雨の恐れがあります。

関東に上陸する?

台風6号が関東に上陸するのか気になります。

現在は、関東に上陸予想はありませんが

今後、進路が変わる事も充分考えられますので

台風情報には注意してください!

まだ気象庁からの発表は無いので

詳細が分かり次第追記します!

6号は風より雨に注意?

台風6号は1時間に50mm/hを超えるような激しい雨が局地的に降り

総降水量は多い所で300mmを超える可能性もあります。

那覇の6月の平年降水量に匹敵する雨が数日で降ることになるので、土砂災害や河川の増水、道路冠水などに警戒が必要ですね。

Sponsored Links

台風6号の名前は?

台風6号の名前は「ケーミー」になります。

韓国語で「蟻」という意味です。

従来、米国が英語名(人名)を付けていました。

2005年の「カトリーナ」や2011年の「アイリーン」などの名前を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか?

日本では「台風何号」というように付けていましたが

平成12年(2000年)から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)を付けることになったのです。

そういえば・・・

1979年にアメリカで、台風の名前に女性の名前ばかり付けるのは不公平だと問題になったことがありましたね。

これ以降男女の名前が均等につけられることになったそうです。

南シナ海の領域で発生する台風は、果物の名前だったりイソギンチャクの名前だったり多彩なのです。

台風は怖いし嫌ですが、名前を調べるのは面白いです♪

まとめ

また、たまごの状態ですが、明日には台風6号になるのは間違いないと思われます。進路や上陸予想は変わることが考えられますので、今後の台風情報に注意してください。

Sponsored Links

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。