台風13号2018予想進路が米軍とヨーロッパで違う!関東直撃はいつ?


こんにちは、まゆ◎です。

酷暑日が続くなか、またもや台風が日本列島に近づいています!

この台風13号の最新進路予想と、関東に接近するのはいつなのか知りたいです!

米軍やヨーロッパ予想も合わせて見てみました!【追記あり】

Sponsored Links

【追記:8月6日】

台風13号は関東甲信地方に直撃する恐れ!

今夜、東京八王子では猛烈な雨風で、道路が冠水しました。

これも台風13号の影響ですね。

私の住むところでも夜になり風が強くなってきています。

気象庁の台風情報を見てみると

《2018年8月6日16時30分発表》

中心気圧:970hPa

中心付近の最大風速:35m/s

速さ:北北西へ毎時20km

 

台風13号の進路予想をみると

勢力が衰えないまま関東に上陸、もしくは接近し

関東付近で進行方向を急角度で変えるため

これにより速度がやや遅くなり

台風の影響が長引く恐れがあるそうです。

関東甲信地方では

8日(水)夜から雨風がピークに。

めったにないような大雨

暴風が吹き荒れる恐れがあります!!

Sponsored Links

【追記:8月5日】

台風13号の進路が徐々に定まってきました。

5日(日)15時現在、台風13号は

小笠原近海を発達しながらゆっくり北上を続けています。

進路予想を見ると台風13号は

日本列島に当たって

そのまま跳ね返るみたい・・・ですね (;^_^A

その速度は時速15km

ちょっと早めにこいだ自転車なみの速度だそうです。

 

8日(水)には暴風域に入り影響がでてきまそうですね。

あまりにも速度がゆっくりだと

風や雨の影響が長引くのが心配です。

 

9日(木)に勢力をあまり落とさないまま

関東に最も接近し、上陸の可能性があり

通勤時間帯に重なりそうなので

台風情報や交通情報には充分注意してください。

台風13号2018

台風12号の迷走がやっと過ぎ去ったと思ったら

すぐに台風13号がたまごから発達して

台風になりました。

先日、家のエアコンが壊れてしまい

これで台風に直撃されたら辛すぎます。

まずは、気象庁発表の現在の台風13号を見てみましょう☆

《2018年8月3日16時30分発表》

中心気圧:998hPa

中心付近の最大風速:18m/s

4日15時には小笠原近海に達する見込みです。

この後、台風13号は勢力を強めて

6日(月)には35m/sの強い台風になる見込みです。

まだ予報円がかなり大きく

8日の予報円の直径は1,900kmもあります。

関東へ向かうように見えますが

進路の予想にはかなり幅があるようですね。

世界最大の民間気象情報会社ウェザーニューズさんの

ツイートはこちらです。

台風13号の日本列島へ近づいてくる角度が

なんだか12号と似ていますねぇ。

ただ、基本は台風は自身では動くことができないので

上空を流れる偏西風高気圧によって

進路が変わってきます。

先日の迷走台風12号は寒冷渦の影響もあり

異例な進路をたどったので

来週の気圧配置が気になりますね。

バイオウェザーサービスさんの

週刊気圧配置予想を見てみると・・・

台風13号が接近すると思われる

来週8日(木)は日本の東側に高気圧がありますね。

寒冷渦のようなものは見当たらないので

今回の台風13号はいつものように(?)北上して

東寄りに進むのだろうと思うのです。

あ、私が思ってもしかたないので

米軍予想とヨーロッパ予想を見てみましょう!

Sponsored Links

台風13号・米軍予想

米軍の予想ですと

やはり台風13号は北へ進んだのちに

東へ進路を変えて

日本列島には上陸しない予想ですね。

ただ、強風域が関東・北陸・東北と入っているので

進路によっては上陸やかなり接近する恐れもあります!

台風13号・ヨーロッパ予想

では、ヨーロッパ中期予報を見てみましょう☆

 

ヨーロッパ中期予報だと

9日(木)に関東にかなり接近するか

直撃するように見えますねっ。

ただ、ヨーロッパ中期予報は10日間予想なので、時間が進むほど精度が落ちてきます☆

中心円が黒いほど勢力が強くなるので

やはり強い台風になる事は間違いなさそうですね。

ただ、ヨーロッパ中期予報と米軍の予想が

かなり違うのでまだ13号の進路がはっきりしません。

Sponsored Links

関東に近づくのはいつ!?

米軍・ヨーロッパ中期予報

日本気象庁・ウェザーニューズさん

などを合わせてみると

まだ進路予想にぶれはありますが

来週の8日(水)~9日(木)に

日本列島に近づきそうです☆

台風13号はサンサン

アメリカのハリケーンには

人の名前が付けられますが

日本は台風を「台風何号」と呼びますね。

しかし、この他にも台風の名前が付けられているのをご存知ですか?

最近はNETの中で台風の名称が

紹介されることも多いですね。

台風13号2018の名前は「サンサン」です!

これは香港が付けた名前で

意味は「少女の名前」です。

台風の名前に「少女の名前」って面白いですね。

これら台風の名前は誰が付けたの?

名前の由来はなに?

などなど台風の名前や由来が面白いです!

ちなみに次の台風は

日本が考えた「ヤギ」になりますよ~☆

そんな台風の名前について

気になる方はこちらの記事を見てみてください♪

台風の名前の付け方と由来が面白い!日本とアメリカの違いはなに?

2018.07.28

まとめ

台風13号2018はまだ予想円が大きく

進路は定まっていません。

名前は「サンサン」と可愛らしい名前ですが

高い海水温の影響で勢力が大きくなりそうです。

今後の台風情報に気を付けて

みなさん台風に備えましょう。

Sponsored Links

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。