台風20号2018進路予想!米軍とヨーロッパは?関東への影響はいつ?【追記あり】


こんにちは、まゆ◎です。

なんでこんなに台風ばっかり発生するの~!?8月で台風20号なんて多すぎですよっ。

米軍とヨーロッパ予報から、関東への影響はいつになるのかを調査!台風20号は関東を直撃するのか!?いつ!?【追記あり】

Sponsored Links

【追記:8月22日】

台風20号が今日22日正午に

「非常に強い」勢力になりました。

中心気圧:950hPa

中心気圧の最大風速:45m/s

時速:30㎞

台風20号は今後も勢力を維持したまま23日(木)に四国の南を北上して、明日の午後からあさって24日(金)にかけて西日本に上陸する恐れがあります!

台風の強さは「最大風速」で区分されています。

  • 強い=33m/s~44m/s未満
  • 非常に強い=44m/s~54m/s未満
  • 猛烈な=54m/s異常

台風20号の「非常に強い」の44m/s~54m/s未満はどのくらいの風なのでしょう!?

  • 瞬間的に時速換算で200km以上の風が吹く
  • 駐車中の車が動いたり横転することもある
  • トタン屋根が飛び、木造の建物は倒壊する恐れもある。
  • 雨戸が無い窓際は風圧でミシミシと音がする
  • サッシの隙間から雨水が漏れてくることもある。

風にあおられて転んだり、とんできたモノで怪我をしたという事故もあります。

雨戸がある場合は必ず雨戸を締めましょう!

雨戸が無い場合は、外から飛んできたモノがガラスを直撃する恐れがあります。

カーテンはしっかり閉めて

ガラス飛散シートなどを張るといいですね。

またこの台風20号は雨にも厳重な注意が必要です!!

台風19号の影響で降り続いている雨は

東日本豪雨にも匹敵するほどになりそうだそうです!!

四国や東海では局地的に総雨量が1000ミリを超える恐れがあります。

今回の台風の進路で特に雨の量が増えると見られるのが兵庫県

夜暗い時間帯に大雨が降る予想が出ていますので

身の安全を守るために早め早めの避難をしてください。


また、台風からは離れている東海や関東でも

山沿いを中心に雨の強まる所があります。

夕方から夜にかけては局地的に道路冠水レベルの激しい雨の恐れもあるため、油断が出来ません。

こちらの映像は爆弾低気圧により時間換算で100mmの大雨の時です。


台風から離れているから大丈夫と思わずに

突然の突風や急な雨に注意してください!!☆

Sponsored Links

【追記:8月20日】

お盆も過ぎて風が秋っぽくなってきたな~と思ったのに、台風19号(ソーリック)20号(シマロン)が続けて日本に向かっています。

〈台風19号〉

中心気圧:955hPa

中心付近の最大風速:40m/s

 

〈台風20号〉

中心気圧:985hPa

中心付近の最大風速:30m/s

まずは気象庁の台風情報を見てみましょう。

台風19号:西北西へ毎時15km。

台風20号:西北西へ毎時20km。

台風20号が19号との距離を縮めています!

 

23日15時には

19号が黄海・20号が日本の南に達する見込みです。

米軍の台風19号の予報は

朝鮮半島を直撃する予報を変えていませんね。

台風20号の予報は

関西を直撃し若狭湾を右域に巻き込む予測です

 ヨーロッパ中期予報センターを見てみましょう。

引用:https://www.ecmwf.int/

台風20号の予報は日本、米軍、ヨーロッパと少しづつ違っています。

これは太平洋の上空にある、太平洋高気圧の勢力次第で台風の進路が変わってくるからだそうです。

〈太平洋高気圧と台風〉

台風19号が太平洋高気圧に沿って回ると

太平洋高気圧が東へ押し出される状態になるそうです。

 

その後を追って北上している台風20号が

その押し出された高気圧に沿って北上するので

19号より小さな円の形で北上するのだとか。

 

高気圧の張り出しによって台風20号の進路が変わるため、なかなか進路が確定しないようです☆

今週はこの二つの台風の動きから目が離せません。

すでに影響が出て生きてる地域もあり、海上はうねりが強くなっています。

今後の台風情報に注意してくださいね。

Sponsored Links

【追記:8月20日】

台風19号台風20号の2つの台風が発達しながら日本へ向かって北上しています。

《台風20号 19日(日) 15時現在》

 存在地域   南鳥島近海
大きさ階級  //
強さ階級   //
移動     北西 20 km/h
中心気圧   998 hPa
最大風速   20 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 30 m/s

 

台風20号は23日(木)から24日(金)にかけて西日本から東日本に上陸する予報です!

ヨーロッパの予報

ヨーロッパ中期予報センターを見てみましょう。

引用:https://www.ecmwf.int/

ヨーロッパの予報だと

23日の夜に台風19号が九州・沖縄を通過して

台風20号が関西・東海地方へ上陸する予報が出ています

米軍の進路予報

 

米軍の予報ですと台風20号は24日(金)3時ころに、四国もしくは関西地方に上陸する予想になっています。

気象庁

台風19号・20号が進んでいる海上の海水温は28度以上と高いので、勢力をそのまま維持するか勢力が大きくなって北上してきます。

台風周辺海域および進路にあたる海域は

猛烈なしけとなるため厳重な警戒をしてください!

関東への影響は?

台風19号が湿った空気を運んでくる為

蒸し暑い日が戻ってきます。

台風20号の影響は進路によって変わってきますが

23日(木)から24日(金)にかけて影響がありそうですね。

今後も引き続き台風の情報に注意してください。

Sponsored Links

・・・・これより下は古い記事になります。「シマロン」という名前についても書いてありますので、よかったら見てみてください☆・・・

台風20号

現在(2018年8月18日)はまだ、台風20号はいわゆる「たまご」と呼ばれる状態で

日本気象庁では、いつ「台風」に発達してもおかしくない熱帯低気圧bと認定されています。

【追記】:18日午後9時、気象庁が台風20号発生と発表しました!!

中心気圧:1000hPa

最大風速:中心付近で18m/s

発達しながら北上、23日以降、西日本から東日本に近づく恐れあり。

 

気象庁によるとこの熱帯低気圧は

『今後24時間以内に台風に発達する見込み』

とのこと。

日本の「台風何号」というのは気象庁が付けていて

毎年1月1日以後に、最も早く発生した台風を第1号として

以後台風の発生順に番号を付けています。

台風20号は9月の末ごろに発生するのが平均ですから

この8月末に20号となると1カ月も早く

統計史上2番目に早い台風20号の発生になるそうです☆

台風19号に関してはこちらの記事をご覧ください。

台風19号2018最新進路予想!関東への影響と米軍とヨーロッパも!追記あり!

2018.08.16

この台風19号の後を追うように

台風20号も進んでくるのでしょうか?

米軍の予報

日本の気象庁では、まだはっきりと台風と認定はされていない台風20号のたまごですが、アメリカでは既に台風と認定されています。

では、アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)の予報を見てみましょう。

 

JTWCはアメリカの空軍と海軍の共同機関で、ハワイ州の真珠湾海軍基地の海軍太平洋気象海洋センターに設置されています。

時刻はアメリカ時間になっているので、時刻は+9にしてみてくださいね☆

来週の22日(水)から23日(木)に、西日本から東日本の太平洋側に影響が出てきそうな予報になっていますね。

ヨーロッパ中期予報センター

では、ヨーロッパ中期予報センターの予報を見てみましょう。

引用:https://www.ecmwf.int/

ヨーロッパ中期予報センターは「世界一の数値予報精度」と言われています。こちらは10日間予報なので、時間が進むにつれて精度が落ちてしまいます。

台風19号の後を追うように20号が進む予報になっていますね。

米軍の予報より少し西よりで、九州へ近づきやはり22日から23日に接近する予報になっているようです。

シマロン

日本の「台風何号」というのは気象庁が付けていますが、2018年の台風20号には「シマロン」という名前も付けられています。

シマロンとはフィリピンが決めた名前で「野生の牛」という意味です。

最近はNETで台風の名前が話題になることが多いので、この台風の名前について話題になることが多いです。

台風14号は「ヤギ」という名前で日本が付けた名前でしたよ。

台風の名前の付け方や意味については、こちらの記事もみてみてくださいね。

台風の名前の付け方と由来が面白い!日本とアメリカの違いはなに?

2018.07.28

まとめ

現在のところ、台風20号のたまごについての進路予報は不確実です。

台風19号と併せて台風情報に注意して、早め早めに台風に備えましょう。

Sponsored Links

「そのにゅーすって、ほんと!?ほんと!?」でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。