エンタメ

仲邑菫(囲碁)両親や小学校が凄い?韓国語もペラペラな英才教育と可愛すぎる鼻!


囲碁棋士の仲邑菫さんは史上最年少でプロになりました。とても変わった苗字ですが仲邑菫さんのご両親も囲碁界では凄く有名です。そんなご両親に英才教育を受けて育ったという仲邑菫さん。その可愛いらしい鼻や画像と小学校も調査しました!

仲邑菫のプロフィール

仲邑菫さんって苗字が難しいですねw。

お名前は仲邑菫(なかむら・すみれ)さんとお読みします。

まずはプロフィールをどうぞ♪

名前:仲邑菫(なかむら・すみれ)

生年月日:2009年3月2日

プロ入り年:2019年

出身地:東京都

段位:初段(2020年現在)

 

仲邑菫さんのお父さんやお母さんは口をそろえて言うのですが、菫さんの性格はとても負けず嫌いで気が強いそうです(笑)

でも「負けず嫌い」なのはいいことですよね。

元卓球選手の福原愛さんも幼いころは負けると泣いていましたし、ゴルフ界で活躍する弥勒ちゃんもとても負けず嫌いです。

そんな仲邑菫さんがプロ棋士になりたいと思ったのは、はっきりと覚えていないくらい幼い頃からだそうです。

後でご両親について記していますが、仲邑菫さんの父親はプロ棋士です。

なので物心ついた時には当たり前のように囲碁が生活の中にあったのでしょう。

3才7ヶ月でアマ囲碁大会に初出場すると6歳の時には、未就学児の大会「第4回渡辺和代キッズカップ」で優勝しています。

そんな仲邑菫さんですが、普通の子供のように学校の休み時間には外で遊ぶし、ボール遊びなどが大好きなのだとか。そんな話を聞くと少しホッとします(笑)

負けず嫌いとあって「囲碁の楽しさは」勝った時が楽しくて、とても嬉しいとか。子供にとってこのような「達成感」や「満足感」を味わう経験はとても大切だと、以前、娘の先生に言われたことがあります。

菫さんは学校がお休みの時は9時間、学校がお休みの日は6時間も囲碁の勉強をしているそうです。

私は囲碁はまったく分かりません(;^_^A

なのでどんな勉強をされるのかも分からないのですが、奥が深い世界なのは間違いありません。

そんな仲邑菫さんは平成29年4月から同年12月まで関西棋院の院生でした。

しかし、実力に伸び悩んだため週末には母親と韓国へ行って囲碁を学ぶ生活を続けました。

2018年1月には一家で韓国のソウル市に引っ越して、囲碁短期留学の形で9歳で韓鐘振囲碁道場に通い韓国棋院の研究生になったのです。

また、日本棋院は「英才特別採用推薦棋士」として仲邑菫さんを選出し2019年4月1日付でプロ入りを果たしています。

プロデビューしたのは2019年4月22日に行われた大森らんさんとの戦いです。

残念ながら負けてしまいましたが、プロ公式戦デビューの最年少記録を樹立しました!

仲邑菫の小学校はどこ?

仲邑菫さんの在籍している小学校は大阪市立高見小学校で、大阪市此花区にある公立小学校で歴史ある小学校です。

本来なら小学校4年生ですが、韓国に囲碁留学されているのでこちらの小学校には通っていません。

帰国後はどうなるのかな?

帰国子女として私立の小中学校に編入するのかもしれませんね。

Sponsored Links




仲邑菫の両親が凄い!

仲邑菫さんの父親は仲邑信也九段。日本棋院関西総本部所属です。

仲邑信也九段が自宅で囲碁の勉強をしていると、赤ん坊だった菫さんが近寄って碁石を触るので、抱っこしながら勉強を続けたと言います。

これは凄い事ですよ~。

「うるさい」とか「向こうへ行ってなさい」と言わずに、抱っこして「見せながら」というのですから、親として私は仲邑信也九段を尊敬します。

母親は幸(みゆき)さんです。

幸さんもアマ6段で囲碁の元インストラクターです

母親の幸さんがルールを教えて仲邑九段主宰の教室で、入門の子供たちと一緒に勉強を始めました。

仲邑菫さんが母親の幸さんを実力で抜いたのは、菫さんが7歳のころ。

3歳の頃から幸さんが毎日9路盤で何回も対局してきたそうですが、抜かされてからは殆ど打つことは無くなったのだとか。

子供は、ある日突然上達するので驚きます。

突然立った、突然立った、突然しゃべった、などなど驚かされることばかり。

昨日までピアノで「猫ふんじゃった」を弾く私を憧れの目で見ていた娘が、次の日にはバッハやショパンを弾いたのには驚きましたw。

幸さんも実力を抜かれた時は、嬉しいような淋しいような感じだったのかもしれませんね。

Sponsored Links




仲邑菫の英才教育とは?

そんなご両親に育てられた仲邑菫さんは、もちろん英才教育を受けて育ちました。

小学2年生の時に囲碁の勉強のため韓国ソウルに渡っています。

韓国の囲碁の環境を知ったご両親が、日本とは全く違うと感じて『世界を狙うには韓国で勉強をさせなければ』と感じたそうです。

2017年4月からは韓国のプロの道場で囲碁の研究や知識を深めるため、母親の幸さんとゲストハウスに長期滞在して道場に通い、囲碁漬けの毎日を送りました。

そして韓国の学生全国大会の小学生低学年の部で優勝し、対局姿勢や才能が高く評価されています。

現在は日本と韓国の往復生活を送られているそうで、幸さんが『日本の9歳でこれだけ勉強時間を積み重ねた子はあまりいないと思う』という程です。

世界で活躍する棋士になって欲しいですね♪

そして韓国語は娘の菫さんの方がはやく覚えてしまい、現在はご両親の「通訳」を務めるほどだとか!

頭もいいですね~☆

また、現代の棋士らしく、囲碁の勉強にはAI(人工知能)を対局後の検討に使ったりもします。

囲碁も将棋のように人工知能と対戦したリする事があるのかな?!

そして「碁の勉強には必要ないから」と自宅にテレビは無いそうです。きっとスマホをお持ちだとしてもゲームはしないのでしょうね。

Sponsored Links




仲邑菫の鼻がかわいい!

仲邑菫さんのプロ棋士ニュースを見た時に囲碁と聞いて「オタクっぽい子」を想像した私。

でも画像を見て「かわいい女の子!」なので驚きました!

お鼻がとてもチャーミング!!

かわいいです♪

お餅のようにふわふわな頬も可愛いですね♪

幼いころの福原愛さんを彷彿させます・・・と思う私です。

仲邑菫2020年の活躍!

2019年の通算成績は17勝7敗でした。

「来年はもっと強くなりたい」と語っていた仲邑菫さんの2020年の活躍に期待です!

ちなみに↓の対局は仲邑菫さんの勝ちでした!


1年で10cmも身長が伸びたという仲邑菫さんです。

まとめ

史上最年少の囲碁棋士になる仲邑菫さんについて調べてみました。ご両親も囲碁に携わるプロだったために物心ついた時から囲碁に触れ育ちました。

ご両親から英才教育を受けて、現在は韓国と日本を行き来しながら更なる勉強を続けています。

可愛らしい笑顔とチャーミングな鼻が印象的な女の子です。プロは厳しい世界だと思いますが、頑張って世界で活躍してください。

応援しています!

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。