エンタメ

槙ようこ(漫画家)引退にショック!理由や作品一覧と評判が凄い!


こんにちは、まゆです。

漫画家の槙ようこ先生が引退されると発表があり、NETではショックの声があがっています。引退の理由は何なのでしょう?また、作品の一覧と評判をまとめてみました。

槙ようこ(漫画家)引退にショック!理由や作品一覧と評判が凄い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

槙ようこさん(@makiyokolca)がシェアした投稿

漫画家の槙ようこ先生が引退されると発表があり、NETではショックの声があがっています。

「青春でした」「大好きだった」「さびしい」と惜しむ声と「おつかれさまでした」といった声が多いですね。

Sponsored Links




槙ようこの引退理由は?

槙ようこ先生が自身のインスタグラムで引退のコメントを発表されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日7月3日発売のりぼんにきらめきのライオンボーイ最終話が表紙と巻頭カラー73Pで掲載されています✨ ぜひ、手にとって読んでいただけたら嬉しいです。 * * そして本誌で読者の皆様にお伝えさせていただきました、 私槙ようこはこの連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。 これまで沢山の方に応援していただき、本当に本当にありがとうございました。 * とはいえ🙌🏻まだまだお伝えしたいことお知らせしたいこともたくさんありますので、こちらのInstagramはデビュー20周年期間の来年3月17日までやらせていただきたいと思います。 * 私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 皆様最後までどうぞお付き合いください。よろしくお願いします。 槙ようこ

槙ようこさん(@makiyokolca)がシェアした投稿 –

「この連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。これまでたくさんの方に応援していただき、本当に本当にありがとうございました」

 

私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 皆様最後までどうぞお付き合いください。よろしくお願いします。

とコメントされています。

具体的な引退理由は明かされていないので、はっきりとした引退理由は分かりませんでした。

「前向きな」とあるので、なにか心に秘めたものがあるように感じます。

NETでは「年齢的に」との噂もありますが、槙ようこ先生は1981年7月11日生まれで、現在37歳(2019年現在)です。

デビューされたのが高校2年生の時なので、漫画家としての歴は長いですが私に比べたらまだまだ若いですよ。

もう少し先生の漫画が読みたいと思うのですが、やはり漫画家はハードなお仕事なのかもしれませんね。

引退はとても淋しいです。

しかし、槙ようこ先生作品が大好きなことと、槙ようこ先生を応援する気持ちは変わりません!

槙ようこの主な作品一覧

槙ようこ先生の主な作品はこちらからどうぞ。

ソラソラ

『りぼん』2000年10月号 ~2001年1月号

初連載・全1巻

あたしはバンビ

『りぼん』2001年4月号 ~2002年2月号

全3巻

愛してるぜベイベ☆

『りぼん』2002年4月号 ~2005年1月号(全7巻)

2004年にアニメ化されています。

『愛してるぜベイベ★★』のヒロインである坂下ゆずゆのモデルは、槙先生が昔飼っていた犬の「レオ」なのです。

Sponsored Links




山本善次朗と申します

『りぼん』2007年2月号 – 2008年3月号

こちらの「山本善治郎と申します」の連載の途中、2008年3月に体調不良で1年近く連載を中断されたことがありました。

勝利の悪魔

『りぼん』2009年3月号 ~ 2010年5月号

全3巻

世界は君を救う

2013年春の大増刊号

ロマンチカクロック

『りぼん』2012年9月号 – 2015年12月号、全10巻

きらめきのライオンボーイ

 

『りぼん』2016年8月号~連載中

 

まとめ

槙ようこ先生の引退発表に驚きと淋しいという声とともに「ありがとう」「お疲れ様でした」の声が続出でした。

 

 

みなさんの青春とともにあった漫画が、槙ようこ先生の作品なのです。

また、読み返したい作品ばかり。

今夜は眠れそうにありませんね。

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。

ABOUT ME
bikuchan
こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。