台風

台風10号2019最新進路予想!関西関東への影響や上陸はいつ?


台風10号は現在も発達しながら北上を続けています。

台風8・9・10号とこれでトリプルで台風が日本を襲ってくることになるわけですね。台風10号の最新進路予想と関西・関東への影響はいつになるのかも調査しました!

【追記あり!】

追記:台風10号の影響は?(14日現在)

今なお、発達しながら北上を続ける台風10号は明日の午前中にも中国四国・九州地方に上陸する予報です。

大きさ階級:大型
移動:北20 km/h
中心気圧:965 hPa
最大風速:30 m/s
最大瞬間風速:40 m/s

ウェザーニュース

鉄道の運行状況が知りたい!

お盆の時期でuターンラッシュと重なり、鉄道の運行状況がしりたいですね。

新幹線の運行情報 – JR東日本

東海道・山陽新幹線運行状況 – JR東海

山陽新幹線 運行情報 – JR西日本

北陸新幹線 運行情報 – JR西日本

列車運行情報 – JR九州

また、

NAVITIMEの公式ホームページはこちらです。

https://www.navitime.co.jp/

総雨量最大1000mmはどのくらい?

気象庁によると四国の太平洋側・紀伊半島で15日(木)18時までの雨量を最大1000mmと予測。

動きの遅い台風10号なので、同じ場所で長時間振り続ける恐れがあります。

これはアメダスの観測で、これまで最多の24時間雨量の高知県繁藤の979mmを上回る記録的な大雨だそうです。

降雨量1000mmとはどのくらいの雨なのでしょう?

1000mmは1m。

4歳くらいの子供の身長と同じくらいでしょうか!?

年間で最も雨が降るのは9月で1ヶ月間で平均256.7mmの雨が降るそうです。

それが短時間で4倍近い雨が降るというのですから、そう考えると1000mmの凄さが分かります。

今後も最新の台風情報に注意して、身の安全を守ってください。

Sponsored Links




台風10号の名前

台風10号の名前は「クローサ」です。

これはカンボジアが提案した名称で「鶴」の意味ですよ~。

日本の台風には「台風何号」と「名前」が付けられていますが、それは何故なのでしょう!?

気になる方はこちらの記事で詳しく書いていますので是非、見てみて下さい!

台風の名前の付け方と由来が面白い!日本とアメリカの違いはなに?こんにちは、まゆ◎です。 台風には「台風何号」だけでなく、名前が付けられています。 この名前はいつ誰がどのよう決めているので...

追記:台風10号の影響は?(12日現在)

台風10は 本日12日、15時に大型台風から→超大型になりました!

大型と超大型の違いはこんな感じです。

超大型は本州がすっぽり入ってしまう大きさですよっ。

気象アプリWINDYを見てみましょう!

日本のどこにいても台風10号の影響はありそうですね。

しかもこの台風は危険要素が3つあります。

勢力が強い・規模が大きい・速度が遅い

その為、広範囲で長時間にわたって危険な状態が続くのが特徴です。

15日(木)頃:西日本に上陸するおそれがあります。

13日(火)~16日(金):出発・到着の遅れや、条件付き運航、到着地の変更、欠航などとなる可能性があります。

 

関東への影響はいつから?

関東も明日13日から下り坂になります。

Sponsored Links




交通機関への影響はいつから?

お盆の帰省ラッシュと重なる台風10号の列島上陸。

飛行機や鉄道への影響が知りたいですね。

そんな時、私がよく利用するのがナビタイムジャパン社が提供する、電車や車、徒歩などを使った経路を一度に検索できる総合ナビゲーションサービスです。

NAVITIMEの公式ホームページはこちらです。

https://www.navitime.co.jp/

移動の予定がある方は、運行状況や交通情報をチェックして無理のない移動を心掛けてください!

飛行機の影響は?

台風10号の影響は、早くは明日13日(火)夜から16日(金)にかけて、出発・到着の遅れや、条件付き運航、到着地の変更、欠航などとなる可能性があります。

九州や中国・四国地方の空港など、西日本ほど影響があります!

鉄道への影響は?

15日(木)~16日(金)

新幹線・在来線ともに遅れや一部運休、運転見合わせなどの影響が出るおそれがあります。九州や四国の路線では、早ければ14日(水)からダイヤの乱れが出そうです!

 

高速道路への影響は?

15日(木)~16日(金):西日本を中心に規制拡大の可能性があります。

北海道への影響は?

17日(土)には温帯低気圧になる予報の台風10号ですが、北海道に影響を及ぼしそうです!

追記:台風10号の最新予報(11日現在)

暑い日が続いていますっ。

東日本から西日本にかけて太平洋高気圧に覆われている為に、この連日猛暑日が続いているのですが、その太平洋高気圧の影響で、台風10号の動きがブロックされ、東にも西にも動けないのだとか。

太平洋高気圧って台風より強いのですねぇ。。。

という事で、お盆期間に襲来しそうな台風10号の動きから目が離せません。

ウェザーニュース

まずは、ウェザーニュースの情報を見てみましょう!

11日(日):小笠原諸島に接近・北西に進む

15日(木):西日本に上陸するおそれ

気象庁の発表によると台風10号は危険要素が3つあるそうです。

・勢力が強い

中心気圧:965hPa

最大風速:中心付近35m/s

最大瞬間風速:50m/s

 

・規模が大きい

大型:大型の大きさを日本列島で見てみるとこんな感じです。

 

・速度が遅い

ほぼ停滞:台風の影響を受ける時間が長い

 

8月14日と15日は西日本を中心として、大雨警報や暴風警報などの警報を発表する可能性が高いです。

ところで、令和に入って気象庁の台風予報が延長されたのをご存知でしょうか?

平成までは3日先までしか予報されなかったのですが、令和元年(2019年)5月から5日先までに延長されました。

これは予報能力が上がったからだと思うのです。

なので、気象庁の発表する予報はかなりの確率で当たるはず・・・。

という事は台風10号の進路は15日(木)に西日本に上陸するのは間違いないかもですね。

Sponsored Links




WINDY

気象アプリWINDYを見てみましょう!


やはり14日・15日に四国・九州を中心に強風予想です。

米軍合同台風警報センター(JTWC)

ハワイにある米軍の警報センターの予報を見てみましょう!

世界各国の予報

世界各国の予報を載せてくれているツイートを発見しました!

:日本の気象庁

:ウェザーニューズ

:米軍合同台風警報センター(JTWC)

:台湾(CWB)

:韓国(KMA)

どの国もほぼ、同じ予報ですね。

Sponsored Links




追記:台風10号の最新予報(9日現在)

台風10号は動きが遅いのが特徴で、現在は小笠原近海に停滞しています。

・中心気圧:955ヘクトパスカル

・中心付近の最大風速:40メートル

・最大瞬間風速:60メートル

雲の様子を見ると目がはっきりしている大型で強い台風です!

太平洋高気圧が弱まり、やっと進路が定まりだしたようでゆっくりと北上する予報ですね。

では、現在の情報を見てみましょう!


まだ予報円がかなり大きいですね~。

動きが遅いため、今後、進路が大きく変わる可能性もありますが日本列島への影響が出るのは13日~16日のお盆期間中になりそうです。

・11日(日):ゆっくり動き出す

・12日(月):南予などで波浪警報

・14日(水):四国や九州に接近する恐れ

 

世界各国の予報をまとめられているツイートを発見しました!

緑色ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)のスーパーコンピューターによる予報は10日間予報なので、時間が進むにつれて精度が落ちてきます。

そう考えると、世界各国の気象予報はほぼ同じ進路を予測していますね。

:日本の気象庁

:ウェザーニューズ

:米軍合同台風警報センター(JTWC)

:台湾(CWB)

:韓国(KMA)

 

そしてこちらはwindyの画像をTweetされています。

動きの遅い台風10号の進路予報は今後も変わることが充分考えられます。

既に海上は荒れ、風も強くなってきている地域もあります。今後、交通機関に影響が出る恐れがあるので、最新の台風情報に注意してお盆の予定は無理のないようにすることをお勧めします。

Sponsored Links




追記:台風10号の最新予報(7日現在)

台風10号が発生し、この1週間で4つも台風が発生しました。

しかも台風8号・9号・10号と1年ぶりのトリプル台風なんて(トホホ・・)今年の夏は台風に悩まされそうです。

では、7日現在の台風10号の情報を見てみましょう!

6日に熱帯低気圧から台風になった台風10号は、現在、小笠原近海にあり北上中です。

速さ:およそ15キロ・風速15mの大型台風ですが、10日(土)午前9時には『非常に強い勢力』に発達し、予想される最大瞬間風速は60メートルになる見込みです!

この台風10号の特徴は動きが遅いこと。

そして現在もその進路が定まっていません!

今後の動きによっては来週のお盆期間に本州への影響が出る可能性があります。

世界各国の気象予想モデルを見ても、台風10号の動きが定まっていないことが分かります。

なぜ、こんなにも予想にズレがあるのでしょう?

台風10号の進路を決める要因の一つは太平洋高気圧の影響です。

太平洋高気圧が強く張り出した場合は西側へ向かうか日本の南に停滞。

太平洋高気圧が弱い場合はそのまま北上するか東側へ進むと見られます。

上記の台風の予報円を見ても、台風10号の予報円はかなり大きいですね~。

週明けの12日(月)の予報円の大きさは最大で1000km以上のズレがあります。

1000kmと言ったら東京から長崎までの直線距離よりあるので、進むコースによってこれは大きな違いです!

・最も西側のコース:四国の南の海上

・最も東側のコース:関東の東海上

また、この予報円に入る確率も70%というのですから、台風の進路を予想するのは実に大変な事なのですね。

そして台風9号の影響によっても進路が変わるようです。

Sponsored Links




ヨーロッパ中期予報センター

ヨーロッパ中期予報センターの進路予想を見てみましょう。

米軍合同台風警報センター(JTWC)

米軍合同台風警報センター(JTWC)の予報も定まっていないようですね。

ヨーロッパ中期予報センターも米軍合同台風警報センター(JTWC)も台風10号の動きを予測するのは難しいようですね。

 

↓↓以下は2019年8月6日時点の記事です。

台風10号

2019年の台風1号(パブーク)は、年明けの1月1日に発生したのを憶えていますか?

1月に台風が発生したのは1951年の統計開始以来、初めてのことだったそうです。

そんな台風から始まった2019年。

今年は台風の発生が多くなるとの予想が的中しそうな予感です。

早くも8号・9号が日本列島に影響を及ぼし、10号がたまごから台風になる予報です!

ウェザーニュースの予報

ウェザーニュースの情報を見てみましょう!


ウェザーニュースによると

早ければ明日6日(火)午後にも台風10号になる見込み

との予報です!

現在、台風10号のたまごがあるマリアナ諸島近海の海面水温は30℃以上あり、熱帯低気圧から台風となって急速に発達していくようです。

海面水温が26.5℃以上で台風が発生すると言われているので、30度以上あるのならば台風になるのに充分な高海面水温ですね。

台風は自身の強い風によって海を冷やす働きをするそうです。

難しいことはよく分かりませんが、熱いコーヒーをカップの中でかき混ぜながらフーフー息をかけて冷ますのと似ているのかもしれません。(違うかな!?w)

ところで、日本気象情報会社のWEATHERNEWS INC.は「ウェザーニューズ」という会社名なのですが、どうもウェザーニュースとウェザーニューズが混同されているようですね。

ウェザーニュースというのはウェザーニューズのインターネットの気象総合サイト・携帯電話向けサイト・BSデジタル放送・ケーブルテレビ向け放送の名称なのです。

とは言え、先日テレビに出演されていたウェザーニューズの方が「どちらでも構いません」と笑顔で話していたので、あまり神経質にならなくてもウェザーニューズの方は許してくれそうですw。

Sponsored Links




ヨーロッパ中期予報センター

米軍合同台風警報センター(JTWC)

Windy

世界予測モデル

まとめ

今後の台風10号の予報は随時更新していきたいと思います!

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。

ABOUT ME
bikuchan
こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。