台風

台風13号レンレン最新進路情報!米軍やヨーロッパは九州直撃予報?

Pocket

2019年9月2日に発生した台風13号の名前が可愛いと話題ですが、九州に直撃するのでしょうか?

また、日本の南海上にはいくつもの熱帯低気圧があり台風に発達する恐れもあります!

米軍やヨーロッパ、ウェザーニュースなどを見てみましょう!

台風13号2019の現在(9月2日)

台風13号は9月2日現在、フィリピンの東にあります。

台風13号の時速25キロ。

北北西に進んでいます。

時速25キロロードバイクの平均時速くらいですかね。

ママチャリだと25キロで街中を走るのは難しいくらいの時速です。

台風13号は現在も発達中で、4日(水)から5日(木)にかけて先島諸島に接近する恐れがあります。

予報円の東側を進むと、先日の豪雨で被害を受けた九州に近づくことになります。

九州に直撃!?

9月2日の報道ステーションの台風情報です。

沖縄の南の海上に台風13号が発生。
先週九州では豪雨被害があったばかりだが再び影響が出る可能性がある。

 

フィリピンの東の海上で台風13号が発生。
今後強い勢力に発達し、沖縄や九州も台風の影響を受けるおそれがあり警戒が必要。

今後の台風13号の動きに注意してください。

Sponsored Links




ウェザーニュース

では、ウェザーニュースを見てみましょう。

やはり9月5日(木)頃から沖縄に近づく可能性があると予報していますね。

また台風13号だけでなく、日本の南海上には熱帯低気圧が3つもあると言うのです!

これらがみんな台風になるのでしょうか?

台風になりそうなのは1番東にある熱帯低気圧だとか。

この熱帯低気圧は今週末にも台風になる予想だそうです。

もし、台風になると14号でしょうかね。

この台風14号(予想)は日本列島に近づき上陸する恐れがあるようです。

このいくつかの「台風のたまご」については米軍も予報しています

今後の台風情報から目が離せませんね!

Sponsored Links




米軍JTWC(米軍合同台風警戒センター)

米軍JTWC(米軍合同台風警戒センター)の予報を見てみましょう。

こちらも日本の気象庁の予報と、ほぼ同じコースですね。

米軍JTWC(米軍合同台風警戒センター)は本来は米国の政府機関の利用を意図した情報なのですが、一般の人々もアクセスできるのがいいねすね。

ただし、時差があるので+9時間で見てみて下さいね。

日本の気象庁の台風情報は通常3時間おきに出ますが、米軍JTWC(米軍合同台風警戒センター)は通常6時間おきになります!

ヨーロッパ中期予報センター

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)のスーパーコンピューターによる予報は10日間予報なので、時間が進むうちに精度が落ちてしまいます。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は「世界一の数値予報精度」と言われているそうです!

Windy

風の動きが可視化されているwindyをどうぞ。

Sponsored Links




台風13号の名前はレンレン

台風13号の名前は「レンレン」です。

意味は香港が用意した名前で「少女の名前」。

日本流に考えると「花子」とか「まりこ」とかそんなイメージなのでしょうか?

このレンレンの名前が可愛いとNETでは話題です!

名前は可愛らしいですが、やはり台風は台風です。

レンレンの最新情報は常に確認したものですね。

ところで、現在、大西洋上にはハリケーンの「ドリアン」が猛威を振るっていますが、このドリアンは大西洋上で発達したハリケーンの中で過去2番目に大きいハリケーンです。

ドリアンはカテゴリー5に発達したそうです。

ハリケーンは人物名が名付けられることが多いのですが、日本の台風には「台風何号」と「名前」の2つがありますね。

それは何故なのでしょう?

名前の付け方や、名前の由来が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

台風の名前の付け方と由来が面白い!日本とアメリカの違いはなに?日本の近海海上で発生する台風には「台風何号」だけでなく、名前が付けられています。 この名前はいつ誰がどのよう決めているのでしょう!...

まとめ

台風13号2019の現在の情報を集めました。

今後の台風13号の情報に注意してください!

最新情報が分かり次第追記していきたいと思います。

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。