*当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

どこで売ってる

キョンレザーはどこで売ってる?おすすめ販売店やオンラインショップはある?


NHKあさイチで紹介されたキョンレザー。日本の一部で増え続けるキョンから生まれたこの特別な革は農作物への被害という問題を背景に、キョンの皮を有効利用する試みが始まりました。その結果、高品質で独特の質感を持つキョンレザーが誕生。この記事で、その魅力や購入先を詳しくご紹介します。キョンレザー製品はどこで手に入れられるのか興味を持ったらぜひ続きをお読みくださいね!


\楽天タイムセール毎日開催中/

【➜楽天24時間限定タイムセール会場はコチラ


キョンレザー(革)とは?

キョンレザーは、ちょっと変わった名前の革製品ですよね。

実は、この名前の由来は「キョン」というシカ科に属する動物からきています。

キョンはもともと中国や台湾に生息する動物で、特に千葉県などでその数が増加しており、農作物の被害などの問題を引き起こす特定外来生物です。

そのため、キョンの捕獲が行われる中で、その皮を有効活用する試みとしてキョンレザーの製造(ジビエレザー)が注目されています。

キョンレザーは、台湾では高級品とされていて、鹿革と比較しても強度が3倍以上と非常に高く、とても滑らかな手触りが特徴なのだそうです。

これにより、耐久性があり、上質な質感を持つ製品として多くのファッションアイテムやアクセサリーに利用されています。

特に、その滑らかで光沢のある表面は、高級感を持つ製品として注目されているのだとか。

また、キョンレザーの利用は、捕獲されたキョンの命を無駄にしない方法として、キョンレザーの製造と販売は環境や生態系への配慮としても重要な役割を果たしているのです。

キョンレザーの優しい質感と、その背景にあるストーリーを知ると、きっとあなたもファンになること間違いないですよ!

Sponsored Links




キョンレザーはどこで売ってる?

Hunt+

Hunt+は狩猟体験を中心にした自然体験や企業研修を軸に、日本で初めて純国産キョン革を活用したワークショップやキョン関連製品の開発・販売、小規模グランピングサイトの運営や農業関連事業などを進める会社です。

Hunt+では千葉県で急増する外来種の小さな鹿”キョン”を捕獲し、その革を使って小物入れやアクセサリーなどを制作・販売しています。

ネットから購入することも可能なので、みてみてくださいね。

▶︎「Hunt+」の公式サイトはこちら

革が希少で在庫も少ないため、商品はすべて発送まで3-5か月ほど頂戴する受注生産となるので、「在庫ないし」になっていても注文はできるそうです。

 

ふるさと納税の返礼品

キョンレザー製品は、ふるさと納税の返礼品としても利用されています。



手作り科学館Exedra

柏市で東大大学院生らが運営する「手作り科学館Exedra」でも、キョン革製品は購入することができます。

 

公式オンラインショップでは、現在は名刺入れやペンケースのほか、ブレスレットが作れるキッドなどが販売されているようですね。*画像は手作り科学館Exedraより

 

【名刺入れ(13,200円税込)】

【ペンケース(6,600円税込)】

【科学館のラボノート ~野生動物つかまえた! つくる!レザーブレスレット~(1,980円税込)】

 

柏レザー

千葉県柏市にある「柏レザー」さんでも、キョン革藍染L字長財布(41,800 税込)が販売されていますが、現在はSoul outになっています。

Hunt+で販売されているお財布は、房州印伝を使用して柏レザーさんが作った商品だそうです。

NUIZA縫EMON柏本店

NUIZA縫EMON柏本店は、千葉県柏市で12年になるそうです。

落花生の薄皮入りのビーガンレザーや、本革で軽い手作り鞄や財布を手がけているようですね。

Sponsored Links




百貨店でも売ってる?

千葉県内の百貨店でも時々、キョン革製品のフェアが開催されるようですね。

あまり革製品のフェアは訪れたことはなかった私ですが、これを機に行ってみたいと思います!

 

Sponsored Links




その他の販売店

上記でご紹介した他にも、キョン革製品を作っているショップがあるのでいくつかご紹介しましょう!

革工房ホンネキ

Sponsored Links




まとめ

キョンレザーはどこで売ってる?おすすめ販売店やオンラインショップはある?】をまとめました。

NHKあさイチでも紹介されたジビエレザー(キョンレザー)製品は千葉県内の革製品を扱うお店で購入することができるようです。

ただ、調査してみた感想としては、まだまだキョンレザーの需要は少ないのかなと思いました。

もっと多くの人に認知され、日本のキョンレザーの良さを知ってもらうことで、駆除されるキョンの命を考える機会が増えたらいいなと思います。