小野塚康之アナが選抜に!実況や名言が面白くて定年後と家族も!


こんにちは、まゆ◎です。

小野塚康之アナウンサーの選抜甲子園の実況が話題です!

いつもは女子アナ記事を書く私ですが

小野塚康之アナが人気過ぎるので

名言や実況を調べてみました~♪

定年やご家族についても知りたいっ☆

Sponsored Links

小野塚康之アナのプロフィール

2018年4月、NHK小野塚康之アナウンサーが

選抜高校野球の実況中継に現れると

NETでも絶賛コメントの嵐が!!

小野塚康之アナってどんな人なの!?という事で

調べてみましたよ~♪

名前:小野塚康之(おのづか・やすゆき)

生年月日:1957年5月23日

出身地:東京都大田区

血液型:B型

勤務局:NHK大阪放送局

 


ボーダー柄のジャケットをお召しの方が

小野塚康之アナウンサーです。

現在60歳という事ですが

ちょ、ちょっと老けてるかな!?(;^_^A(失礼しました)

髪の毛の関係で年上に見えるのかと思いきや

どうやら昔から老け顔だったようですw。

スポーツジャーナリストの福島良一さんがTwitterで

ツイートされていました♪

小野塚アナのWikipediaには

「NHKシニアアナウンサー」とあるのですが

シニアアナウンサー」という意味が

どういう事なのか分かりませんでした。

退職後にも採用されるアナウンサーの

呼称なのかもしれませんね。

小野塚アナは学習院高等科を経て

学習院大学を卒業され

NHKに入局したのは1980年です。

最初は地方の支局に配属されるNHKなので

小野塚アナも鳥取、金沢、札幌と支局を異動して

東京アナウンス室に配属されています。

その後福岡、大坂、広島、神戸に異動して

現在は大坂放送局に在籍しています。

長いアナウンサー人生で大坂局には

4回赴任されていますよ。

一貫してスポーツ担当で野球の実況がメインです。

小野塚アナの趣味はもちろん野球の戦術技術の研究

そしてリフレッシュ術

「バットの素振り」という野球大好きなアナウンサーです。

なんでそこまで野球が好きなのか!?

学習院高等科時代はご自身も高校野球児

キャッチャーだったそうです。

ご本人曰く「頭でっかちな捕手」だったそうですが

キャッチャーは頭が良くないと駄目だと

聞いたことがありますよ!

なので小野塚アナにはぴったりのポジションですね♪

そんな小野塚アナが

なぜNHKに入局したのかと言うと・・・

「高校野球と接触できる」からだそうです。

Sponsored Links

小野塚康之アナの定年後は?

小野塚康之アナウンサーは現在60歳

今は60歳なんてまだまだ若い時代です!

定年年齢を引き上げる企業も多いですよね☆

小野塚アナも2017年6月にいったん定年退職されましたが

嘱託契約アナウンサーとしてNHK大坂に残り

まだまだ現役で頑張っています♪

小野塚康之アナのブログ

大阪放送局の公式ブログの中に

小塚アナのブログがあります♪

こちら↓

小野塚アナの甲子園実況30年・名物アナが見た高校野球

野球・・・特に高校野球を見る機会が無い私にも

面白く読めるブログです♪

最近の「甲子園の衝撃」という題では

小野塚アナにとって「衝撃で心に残る投手」について

書かれているのですが

各選手の最後に擬音が書かれているんですね。

例えば・・・

工藤公康さんの音

『♪エッ アー ゲェー♪』

これは江川卓さんの音

『♪シーン シーン シーン♪』

現在は引退されている選手たちの

生々しい姿が蘇ってくるようで

ベテラン小野塚アナならではのブログだと思いました☆

Sponsored Links

小野塚康之の名言

小野塚康之アナの実況名言はまとめサイトになるほどです。

特に有名なのは、2007年夏の甲子園の決勝。

佐賀北対広陵戦です。

8回裏に生まれた劇的逆転満塁ホームランの実況で

「あり得る最も可能性の小さい、そんなシーンが現実でー!」

と衝撃的なホームランに

観戦する誰もが鳥肌を立てる中での実況です。

その動画をご覧ください!


こちらは2007年の佐賀北×広陵戦の決勝戦!

逆転満塁ホームランのシーンでは

「あり得る最も可能性の小さい、そんなシーンが現実でーーーす!!」

と絶叫しています。


近年のサッカーでの実況でも

語尾を伸ばしたり

興奮そのままを伝える実況が多くて

時々、うるさく感じる私です。

でも、小野塚アナのはそれとは違いますね。

選手チームの戦術を取材されての知識

ボキャブラリーの多さに裏打ちされた実況だからなのか

NHKのアナウンサーなので

発声が心地いいのかな!?

そんな小野塚アナが使わないと決めた言葉がるそうです。

それは「セオリー」という言葉。

『どれが「当然の作戦」なんて簡単に言えないと思うから』

だそうです。

「高校野球ファンの皆さま、こんにちは」から始まり

「ごきげんよう」と締めくくられるの

その紳士的な言葉と対照的に

熱い実況が多くのファンを生み出したのですね。

「いい試合でした。どちらも負けさせたくなかった」

私はこの名言が好きです。

小野塚康之アナの家族は?

こんなに野球を愛する小野塚康之アナの

ご家族が気になります。

しかし・・・

調べてみても全く情報がありません(;^_^A 。

福岡勤務の時は土地を借りて家庭菜園をしたり

常に野球場が見渡せるところに

部屋を借りたとかの情報はあるものの

ご家族に関してはさっぱりありません。

残念ながら

ご結婚されているのかも分かりませんでした。

まとめ

NHKの小野塚アナウンサーは野球が好きで

その熱い実況が人気です。

数々の名シーンとともにその実況も語り継がれているほどです。

シニアアナウンサーとして

選抜高校野球の実況中継に戻られて

多くのファンが喜んでいます♪

普段はあまり高校野球は観戦しない私ですが

今年は観てみようと思います!

Sponsored Links

「そのにゅーすって、ほんと!?ほんと!?」でした。

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。