マスク

マスクでメガネが曇らない方法!ティッシュの裏技で肌荒れ防止効果もあるらしい!


このご時世マスクを毎日できるのは幸せな事なのだろうけど、とにかくメガネが曇る!この曇るのをどうにかしたいとあれやこれや調べてみたらティッシュ1枚でどうにかなるらしいですよ~。それに肌荒れ防止にもなる?

マスクで眼鏡が曇る!

毎日マスクをしていると困った出来事にいろいろ遭遇します。

「使い捨てマスクがあるだけいいじゃないか!」

という声も聞こえて来そうですが、実は使い捨てマスクを洗って使いまわしている私です。

使い捨てマスクは洗ってしまうと効果が薄れると聞きますのでオススメはしませんが、洗っても洗ってもメガネは曇ります。

私が働く職場は休業要請が出ていないので現在も活動中。

メガネが曇ると当然ながら前が見えない!

曇りを拭こうと手やハンカチを使うのも、ウイルスがメガネに付きそうで怖いわけです。

このメガネの曇りをどうにかしたい~。

Sponsored Links




マスクで眼鏡が曇る原因は?

対策をするにはまず原因を知らなければ!と思いあれこれ調査しました。

そりゃ、息を「は~っ」とすると曇るでしょう!?

そうなのです!

これをひと言でいえば「結露」という現象なのだとか。

結露」は冬によく窓ガラスが曇ったり水滴が付いたりする現象ですね。

これが「暖かい息」と「メガネのレンズ」で起こっているわけで、冬に車のガラスや窓が白く曇っているのとも同じです。

それともう一つ原因があります。

メガネが皮脂やホコリで汚れていると水滴が付着しやすくなり、これも曇りの原因となるのだとか。

メガネを曇らなくするにはこの2つの原因の対策が必要なのです!

メガネを曇らなくする方法

マスクをしてメガネを曇らなくする方法をご紹介します。

ノーズパット

使い捨て不織布のプリーツマスクには鼻に当たる部分にワイヤー(ノーズワイヤー)が入っているので、鼻に当たる部分を曲げて使用しますが、どうしてもズレてしまいます。

そこから息が漏れてマスクが曇ってしまうのです。

そこでスポンジを使用したマスク用ノーズパッドというものがあります。

ノーズパットはスポンジで出来ているので柔らかいですし、大きさも調節できる上、繰り返す使用できるので経済的です。

切って大きさも調節できるし、何度も洗えます。

100円均一などでも売っていますので、マスクがうまくフィットしないという人にもおすすめです。

マスクを折り込む

ノーズパットはマスクと肌の隙間を埋める役割をします。

マスクの上部を内側に織り込みマスクとレンズの隙間を小さくするとこの状態になります。


この方法は簡単に誰にでもできるので是非試してみて下さいね!

Sponsored Links




曇り止めを使う

メガネレンズ用の曇り止めを使用する。

曇り止めにはスプレータイプやジェルタイプ、また拭くだけで曇り止めができるという商品もあります。

 

 

どれもレンズに埃がついたまま使用してしまうと、埃でレンズを傷つけてしまう恐れがありますので、レンズをあらかじめ水で洗い汚れや埃を落としておくと安心ですね。

界面活性剤で曇り止め

界面活性剤にはものの表面をコーティングする働きがあります。

その為、界面活性剤が含まれるもので眼鏡を拭くと曇りにくくなるそうです。

例えば、、、

  • 洗濯用やキッチン用など中性タイプの洗剤
  • 石けん
  • シャンプー
  • シェービングクリーム
  • ハンドクリーム

などです。

塗った後はよくふき取ると良いそうですよ。

ちなみにメガネの汚れを取るときに私はキッチン用の中性洗剤を使います。とても汚れが落ちるので私は気に入っています。

卵白を塗る

以前テレビで紹介されたこともあるというのが「卵白を塗る」曇り止め対策です。

卵白に含まれるタンパク質がレンズに湯気が付きにくくなるらしく、これがなかなか効果的らしいのです。

Sponsored Links




マスクで眼鏡が曇らなくするティッシュの使い方!

ティッシュ1枚

マスク用ノーズパットも曇り止めも入手できない場合は、ティッシュ1枚で眼鏡の曇りを軽減する方法があります。

その方法は警視庁警備部災害対策課の公式twitterで紹介されていました!

  1. マスクの上部を内側に折る、若しくは、マスクの内側にティッシュを添える
  2. マスクの内側に四つ折りにしたティッシュを添えるだけ

おお~、これは簡単でいいですね!

NETで調査すると、このティッシュを利用している人が意外に多いのに驚きました。


ティッシュを取り換えれば衛生面も安心。

女性はお化粧がマスクに付かないので嬉しいですね!

Sponsored Links




マスクにティッシュで肌荒れ防止?

不織布マスクで肌荒れ乾燥に悩んでいる方が多いです。

ニキビが増えた、唇が腫れる、肌がヒリヒリ痛い、、、などなど。

実はこれは不織布マスクでお肌が乾燥しているからなのです。

不織布マスクは、ガーゼや綿と違い名前の通り織っていない布です。

拡大画面を見ると繊維がケバ立っているのが分かります。

ウイルスや花粉など非常に細かい粒子を通さない代わりに、息に含まれる水分も逃げにくくなっているのですね。

なので不織布マスクをしていると内側に水分が溜まり、マスクの中はふやけた状態になります。

そしてマスクを外した時に、その水分が蒸発する時に肌の水分も蒸発してしまい乾燥状態になるのです。

また、ふやけた肌が不織布マスクの生地と擦れることで唇や肌がダメージを負うそうです!

そこで保湿やお肌のケアがとても重要になるのですが、詳しくはこちらの記事にまとめましたので見てみて下さいね。

 

このように、1枚のティッシュを挟むだけで息に含まれる水分を吸収してくれるだけでなく、1日に何度かティッシュを取り換えることで衛生的にも良さそうですね。

まとめ

【マスクでメガネが曇らない方法!ティッシュの裏技で肌荒れ防止効果もあるらしい!】をまとめました。

時節柄、マスクが手放せない日々が続きます。

メガネが曇ってお困りの方は、上記の方法を是非試してみて下さいね。

私はさっそくティッシュを試してみました!

肌に優しいティッシュを選ぶとより心地よくなりました~。

Sponsored Links




「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。