エンタメ

バングラデシュや韓流ショップにマスク在庫あり!東方神起ユンホマスクもある?

Pocket

マスクの品薄状態が続いていますが、新大久保のバングラデシュ食品輸入店や韓流ショップではマスクの在庫があるようです!どこのお店なのか価格についても知りたいですね。また、東方神起のユンホマスクについての情報も!

新大久保にマスクがある店舗はどこ?

マスクの品薄状態が続いています。

ドラックストア―や薬局、スーパーやコンビニでは朝早くから並んでいる列をみかけますね。

貼り紙や整理券の配布をして、混乱を上手に治めているのは流石、日本人だなぁと思います。

そんな中、意外なお店でマスクを販売しているとの事!

まずはその情報からどうぞ。

 

価格:10枚入りで750円

輸入商品なのでこの価格がぎりぎりで利益は無いのだそうです。

良心的ですね。

こちら、東京の新大久保にあるバングラデシュの食材を扱う直流店で、スパイスを売るお店だそうです。

お店の名前は『ザ・ジャンナット・ハラルフード』さん。

場所はJR新大久保駅から徒歩2分の場所にあります。

なぜ、この時期にマスクがこのお店にあるのかというと、バングラデシュから輸入しているのだそうです。

バングラデシュにいる友人がマスクの会社に勤務しているので、お願いしたそうですよ。

現在のところ週に100箱くらい輸入できるそうです。

しかし、バングラデシュでもウイルスの感染者が一週間前に確認され、感染者44人、亡くなった方が5人という状況。

これからどうなるかはわからないそうです。

こちらのお店の情報はテレビでも放送されたので、すでにマスクを求めて並ぶ人の列ができていました。

バングラデシュの店主さんが、張り紙や整理券など手段を講じられるといいですね。

ちなみに3月26日はバングラデシュの独立記念日。

1947年8月14日に旧インドがヒンズー教のインド、仏教のセイロン現スリランカ、イスラム教の旧パキスタンに分かれたのですが、国土がインドにより東西に分断されたパキスタンの東パキスタンが『バングラデシュ』として1971年3月26日に独立したのです。

バングラデシュ料理というものを私は食べたことが無いのですが、インド料理に似ていて香辛料が効いているお料理が多いようです。

是非、食べてみたいですね!

『ザ・ジャンナット・ハラルフード』では、マスクと一緒に珍しいスパイスも手に入るなんて一石二鳥です!!

Sponsored Links




韓流グッズのお店にもマスクがある!

こちらは同じく新大久保にある韓流グッズのお店です。


新大久保と言えば『韓流のお店!』というイメージが強いです。

このニュースを見た時にマスクよりも周囲にある写真の数々に目が引き付けられた方も多いのではないでしょうか?

 


韓流ショップは新大久保だけでなく大阪などにも多くあります。

新大久保以外の韓流ショップでもマスクが販売されているとの情報がありますので、もし韓流ショップに行く機会があれば覗いてみるのもいいですね!

Sponsored Links




東方神起のユンホマスクがいい!

韓流と言えば東方神起!?

その東方神起のユンホさんがマスクのデザインの特許を取得されたそうです。

 

ユンホさんデザインのマスクとは、、、

確かにマスクをしていると何も飲めないし食べられません。

これならマスクをしたまま、ストローなどで飲み物やウイダーinゼリーなどで栄養補給も出来そうです!

マスクの着用の注意事項として脱着の仕方があります。

このマスクなら着けたり外したりする回数が減るので、ウイルスや花粉、細菌への感染率も軽減されていいかもしれません。

何でもユンホさんは、ウイルス騒ぎになる以前からこのマスクを友人と考案していたとか。

凄い!

予知能力があるのかしら。。。


ユノ・ユンホさんは発明が趣味だと言うので、これからもいろいろ楽しみです!

ところで、東方神起と言えばレッド・オーシャンです!!

ライブやコンサートでは東方神起のイメージカラーのパールレッド(赤)の光りが降るように照らされて幻想的ですよね~。

もし、マスクがグッズ化されたらパールレッド色になるのでしょうか!?

普段に装着するのは勇気が要りそうですが、東方神起のライブやステージでペン(ファン)のみなさんが着けたら、とってもカッコよさそうです!

ウイルスの影響でイベントやコンサートの中止や延期が数多くあるので、マスク着用していればクラスターの心配も薄れるかもしれませんね。

残念ながら、現段階では特許を取得されたという情報だけなので、発売などの詳細はありませんでした。

ユンホさんマスクが、韓流ショップでも気軽に購入できるようになるといいですね。

まとめ

【新大久保|マスク在庫あり店はバングラデシュや韓流の直流店!価格はいくら?】でまとめました。

マスクの品薄が続くなか、韓流ショップやバングラデシュの食材輸入店などではマスクも輸入して販売があるようです。

外出自粛要請もあるのでなかなか外出はできませんが、もしお出かけの際に見かけたらこんなお店も覗いてみるのもいいかもしれませんね。

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。