台風

関東の梅雨明け2020はいつ?台風が日本列島に接近上陸しないと夏は来ない?

Pocket

2020年の梅雨はいつになったら明けるか梅雨明け予想は?このまま関東東北は梅雨明けがないまま秋になってしまいそうですよね。7月になってもまだ台風が発生しないのも梅雨前線が北上しない理由なのでしょうか?

梅雨はいつまで続く?2020年

2020年7月、梅雨前線の活発化により九州熊本豪雨や各地での大雨は依然爪後を残しています。

日本列島で7月現在、梅雨明けしているのは沖縄と奄美地方のみ!

このまま8月まで関東甲信越の梅雨明けがなければ、それは13年ぶりになるそうです

mayu
mayu
13年前もこんなことあったの?

記憶は定かではありませんが例年とは違う梅雨の長さにもう、うんざりですね。

この梅雨はいったいいつまで続くのでしょう!?

そこでウェザーニュースの週間天気予報をみてみました!

参照元:ウェザーニュース

ウェザーニュースの週間天気予報によると、来週には西日本と東海地方は晴れの日が続く見込みで、ようやく長い梅雨が明けるようですね!

しかし、関東甲信越・東北地方はまだすっきりしない天気になっています。

これは梅雨明けに必須の「太平洋高気圧の勢力」が弱く、東北・関東・北陸ではまだ梅雨前線が停滞するのだとか。

とほほ。

ということで関東甲信越や東北の梅雨明けは8月になる見込みです!

ちなみに梅雨明けにははっきりした定義は無いのだとか。

気象庁の予報部がデータを参考に「もう、梅雨明けしたかなぁ〜」と発表するそうですw。

何しろ相手はお天気ですから、どんなにデータを取集してもコンピューターを駆使しても難しいですよね。

現在、ウェザーニュースの予想では関東甲信越の梅雨明けは「8月4日」です!!

例年の関東甲信越地方の梅雨明けは7月21日ごろ。

北陸地方は24日、東北北部では例年でも7月28日なんですね。

今年は日本全国、短い夏がもっと短くなりそうです。

Sponsored Links




Windyの雲や風の流れ!

台風の発達や台風接近の時によく利用するのが「çy」です!

こちらはヨーロッパヨーロッパ中期予報ECMWFをモデルにしていて、天気予報を視覚的に捉えられます。

パイロットや政府機関でも利用されているツールです。

 

これ、面白いですよね〜。

Windyの時間を進めてみても、やはり来週になっても関東甲信越・東北地方の天気はすっきりしないことが伺えます。

梅雨前線が停滞して梅雨明けしたとしても、8月以降もスッキリしない日が続くみたいです。

台風と梅雨明けの関係

ところで、例年、梅雨明け時期には台風が日本列島に接近、もしくは上陸しているのにお気付きでしょうか?

そう、梅雨明けと台風接近には大きな関係があるのだそうです!

台風が発生しないと「熱帯の空気」が北へ広がってこないので梅雨が明けにくのだとか。

よく「台風により前線が押し上げられて」という言葉を耳にしますが、台風の猛烈なエネルギーが熱帯の空気を連れて梅雨前線を押し上げるのです。

台風が過ぎ去った後に「梅雨明けしたようです」と発表されることが多いのもこのためです。

この「〜ようです」という曖昧な言葉は、確実に予測するのが難しいのでこんな発表になるのだとか。

【梅雨明けの定義】

「2日以上雨が続いた後、前日と当日が晴れで、その後1週間程度晴れの天気が続くとみられる」

ん〜、これでは確かに梅雨明け宣言は難しいですねw。

なので後日、日付を修正することもあるそうです。

台風が発生しない理由2020年

梅雨明けと台風の接近には深い関係があることはわかりました。

2020年の今年、台風が発生したのは5月・6月の2個だけで、7月27日現在、台風3号のたまごさえ発生していません。

梅雨明けが長引いているのもこの影響がありそうですね。

ちなみに、このまま7月に台風の発生が無いと1951年の観測依頼になるそうです!

何故、今年はこんなに台風の発生が少ないのでしょう?

台風が発生するには「海水温の上昇」と「渦を作りやすい大気循環」は必要です。

今年7月に入ってからフォリピン近海では、何度か「台風のたまご」が発生するかと思われました。

しかし、どれも台風には発達せずに消滅してしまいました。

でも、8月以降はフィリピン近海で対流の活動が活発化すると予想されているので、台風のたまごはもちろん、台風が発生し日本列島に上陸接近する恐れも間違いなくあります。

梅雨が長いのも困りますが、台風の接近・上陸による災害にも警戒したいものです。

Sponsored Links




まとめ

関東の梅雨明け2020はいつ?台風が日本列島に接近上陸しないと夏は来ない?】をまとめました。

関東では曇り空が続き、時折激しい雨に見舞われるなど蒸し暑い日々が続いています。

待ち望む「梅雨明け」は予想では8月になりそうです。

しかし、梅雨が明けても、低気圧による大雨やゲリラ豪雨など、雨による災害に注意したいものですね。

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。