オリンピック

パラリンピック開会式の女の子は誰?和合由依の中学校や性格も調査!

Pocket

東京パラリンピック2020の開会式で片翼の飛行機役を演じた和合由依さん。可愛らしい笑顔とその演技力が素晴らしかったですね!今回は、和合由依さんについて詳しく調査してみましょう!

東京パラリンピック2020開会式


東京パラリンピック2020の開会式が2021年8月24日に行われました。

コンセプトは「WE HAVE WINGS(私たちには翼がある)」でした!

はっきり言って、オリンピックの開会式よりずっと良かったです!!

会場全体を空港に見立ててのパフォーマンスが2部構成で演じられ、会場全体に使われたプロジェクションマッピングは迫力があり、とてもわかりやすい作品になっていました。

何よりオリンピック開会式の時より選手たちが、ショーに見入っている様子が伝わってきました。

特にクライマックスの小さな飛行機が空を飛ぼうと滑走路を走り、飛び立ったシーンは圧巻でしたね!

Sponsored Links




パラ開会式の女の子は誰?

そんなパラリンピック開会式で「片翼の小さな飛行機」の主人公を演じた女の子が印象的でした。

この女の子は誰なのでしょう?

片翼の小さな飛行機役を演じたのは和合由依さんです。

  • 名前:和合由依(わごう・ゆい)
  • 年齢:13歳

和合さんの笑顔はとても可愛くて、悩んだり驚いたりする表情も豊かでしたよね〜。

特に髪型が良かった!

整いすぎたボブヘアではないところがいい。

切りっぱなしボブは現実と空想の狭間の世界観が感じられる髪型でした。

しかも驚いたことに、和合由依さんは演技は経験したことがない演技未経験者なのだそうです!

開会式前にはこんなコメントをされていましたよ!

『今まで出会えた人たちに、今の自分を見てほしいと思ってオーディションに応募しました。自分で表現することや、みんなで協力してものづくりって楽しいです』

NETでは「存在感や感情表現、落ち着きどれも素晴らしい」と評判で「下手な子役の大袈裟な演技よりずっと良かった」という意見も多くありましたw。

和合由依さんは、2月に行われた5千人以上が参加した公募オーディションで、満場一致で抜擢されたというのも頷けますねっ。

開会式の総合演出を手がけた”ウォーリー木下”氏も、和合由依さんの演技を絶賛していたそうです!!

Sponsored Links




和合由依の障害は?

そんな和合由依さんは、先天性の羊膜索症候群と先天性多関節拘縮症候群による上肢下肢機能障を持っています。

下肢機能障害とは下肢部分が動かないか、動きが制限されていることを言います。

また、和合由依さんは左手があまり使えず右手だけがよく使えるそうで「片翼の小さな飛行機」という役柄を自身と重ねたそうです。

主人公と違う点は、和合由依さんは好奇心が旺盛で「とりあえずやってみよう」という性格なのだとか。

なかなか飛ぶ勇気が持てなかった主人公とはそこがちょっと違うところですねw。

和合由依の性格は?

和合由依さんは現在、学校では生徒会の役員を務めたり、吹奏楽に親しんだりしているそうです。

人からは「よくしゃべる、よく笑う、友達が多い、コミュニケーション能力がある、などとよく言われるのだとか。

表情が豊かなのは前向きで明るい性格だからかもしれませんね。

パラリンピックのオーディションの合格の知らせを聞いた時は嬉しくて「ぎゃーー」と飛び跳ねて、寝ていた妹を起こしてしまったそうです(笑)

Sponsored Links




和合由依の中学校はどこ?

東京パラリンピック2020の開会式で、世界中を魅了した車椅子の少女・和合由依さんは現在13歳です。

13歳は中学2年生ですね。

和合由依さんが通う中学校はどこなのでしょう?

現在のところ、東京都内の中学校という情報しか分かりませんでした。

きっと校長先生を始め、先生方や生徒もテレビの前で応援されていたことでしょうね!

和合由依さんはもともと一般人なので情報が乏しいのですが、これだけ評判になって注目されているので、今後は多くのメディアでも取り上げられるのは間違いありません。

今後、色々な情報が出てくると思います。

分かりましたら、お知らせします!

もっと和合由依さんの素顔や生の声なども知りたいので楽しみですね!

Sponsored Links




まとめ

【パラリンピック開会式の女の子は誰?和合由依の中学校や性格も調査!】をまとめました。

東京パラリンピック2020の開会式で片翼の飛行機役を演じたのは、東京都内の学校に通う中学2年生の和合由依(わごう・ゆい)さんです。

とても明るくてお友達も多い素敵な少女でした!