*当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

通販

ジェーンスーの本名は森本薫で年齢は?父親が韓国人のハーフ?


ラジオのパーソナリティでコラムニストのジェーン・スーさんは芸名です。ジェーン・スーさんの本名は?また年齢はいくつ?韓国人とのハーフ?などなどジェーン・スーンさんについてあれこれ調査しました!


\楽天タイムセール毎日開催中/

【➜楽天24時間限定タイムセール会場はコチラ


ジェーン・スーはハーフ?


2023年6月3日(金)のNHKあさイチのプレミアムトークに出演し、話題のジェーン・スーさんですが、そのお名前から日本人ではなくアジア系の女性だと思われた方も多いようですね。

ジェーン・スーンさんの本は「韓国の翻訳本」だと思っている方も多いのだそうです。

でも、ジェーン・スーさんは芸名で、彼女は東京都文京区生まれの生粋の日本人です!!

父親も母親も日本人なので、ハーフではありませんよ〜。

母親はスーさんが24歳のときに亡くなってしまいましたが、それから父親との確執を描いたのが、2023年4月にドラマ化された「『生きるとか死ぬとか父親とか』です。

Sponsored Links




ジェーン・スーの父親

「生きるとか死ぬとか父親とか」はジェーン・スーンさんの父親とのエッセイ集です。

  • 愛嬌たっぷりで老いてなお女にモテる。
  • 全財産をスッカラカンにした過去がある。
  • 勝手に決めた新居の家賃を平然と娘におねだりする。

と強烈なキャラクター。

それでも父親について

「政治的な正しさを学べる機会を持てたのかというと、高卒の父が一生懸命働いて稼いでくれたおかげなんですよ。そのお金によって娘である自分は、ある種の教育を受けることができた。そのねじれもまた、人生の面白さですよね」

と語られています。

ddnavi.comより抜粋

 

ドラマ化もされているので、気になる人はみてみて下さいね!

\Amazonプライムビデオで「生きるとか死ぬとか父親とか」を視聴する/

→Amazonプライムビデオで視聴する

Sponsored Links




ジェーン・スーの母親

チェーンスーさんの母親は彼女が24歳の時に病気で亡くなったそうです。

享年64歳。

スーさんは母親と向き合う時間が短かったので、母としての顔しか知らないまま別れたのがとても後悔しているそうです。

とても明るく聡明でユーモアに溢れていたお母様だったということなのでスーさんは母親になのかもしれませんね。

Sponsored Links




ジェーン・スーの名前の由来

さて、ジェーン・スーさんは芸名だと分かりましたね。

その芸名「ジェーン・スー」は、彼女が大学時代に使っていた偽名なのだそうです。

彼女が大学生の頃、外国人が割引されるプランがあったホテルに、外国人のふりをして宿泊するために、偽名を使ったのがきっかけで生まれた名前が「ジェーン・スー」です。

ジェーン・スーさんは当初、アメリカ留学経験時代のルームメイトである「ジェーン・ウェルチ」を思いついたのですが、アジア人で”ウェルチ”という名字はおかしいと思い「スー」という姓に変更。

まぁ、嘘をついて割引プランで泊まってしまったので、昔の事とは言えあまり大きな声では言えないみたいですね。

でも、咄嗟に思いついた名前が、ここまで有名になるとはびっくりでしょうね。

それにしても「ジェーン・スー」という芸名は、彼女のユーモアと個性を象徴する名前で、親しみやすさと独自性を持っているピッタリな名前だと私は感じます!

Sponsored Links




ジェーン・スーの本名は森本薫?

ジェーン・スーという名前は芸名だと分かりましたね。

では、本名は何というお名前なのでしょう?

残念ながら本名は非公開なんだそうです。

そこで、今回はジェーン・スーさんの本名にまつわる謎についてご紹介します!

ネット上では最近、「森本薫」説が浮上して話題になっているんですよね。

一体どういうことなのでしょうか、さっそく見ていきましょう!

ライムスター宇多丸の発言

一つのきっかけとなったのは、ジェーン・スーさんがゲスト出演したラジオ番組です。

そこで、早稲田大学の先輩であるライムスター宇多丸さんが、彼女を「森本さん」と呼んでしまったのです。

当然、ライムスター宇多丸さんは大学の先輩なので、本名をご存知な訳です。

つい、いつもの癖で呼んじゃった(汗)って感じだったのかもw。

これがきっかけでネット上で騒動になり、本名についての関心が高まったのです。

さらに、ネット上では「森本薫」という名前で検索すると、日本の劇作家の森本薫さんが一番上に出てくることがわかりました。

代表作として『女の一生』や『華々しき一族』などがある有名な劇作家です。

ジェーン・スーさんは過去に「自分と同じ名前の有名人がいて、検索するとその人の名前ばかりが出てくるため、本名を非公開にしている」という発言をしていたそうなんですよ。

これが「森本薫」説の根拠として浮上したのです。

しかしながら、ジェーン・スーさんの本名についての真相はわかりません。

彼女自身が公表しないことを選んでいるため、ファンやネット上のユーザーたちはさまざまな推測を交わしているのです。

面白いことに、ジェーン・スーさん自身が「森本薫」説に具体的なコメントはしていないんですね。

なので、信憑性がある本名は「森本薫」さんではないかと思われます。

Sponsored Links




本名は田之上美智?

2016年12月12日にジェーン・スーさんが出演されたTBSラジオ「東京ポッド許可局」でジェーン・スー本名ジャパンというスーさんの本名を募集する企画がありました

  • 須藤純子
  • 田所雅子
  • 白鳥美恵子
  • 田之上美智

など色々な名前が挙がり最終的に『田之上美智』さんと決定したそうです。

いやいや〜、どれもしっくりきませんね。

やはりジェーン・スーさんが一番しっくりします。

Sponsored Links




ジェーン・スーンの年齢

ジェーン・スーンさんの生年月日はこちら!

生年月日 出生地
1973年5月10日 東京都文京区

 


お誕生日に多くの人から祝福をしてもらい「自分は幸せだ」とInstagramで報告しています。

ジェーン・スーの身長体重

  • 身長:167㎝
  • 体重:不明

幼少の頃から体格がよく、小学校の時に中年の女性に間違われたり、3歳の七五三なのに7歳と間違われたり。

体が大きいだけが理由でなく、しっかりした子供に見えたんでしょうね。

Sponsored Links




ジェーン・スーの推しはガンプロ!

ジェーン・スーさんの推しは頑張れプロレス通称ガンプロです。

 

ジェーン・スーの経歴

1980年代

  • 1973年5月10日、東京都文京区で生まれる。
  • 東京学芸大学附属幼稚園竹原幼稚舎早稲田大学(?)
  • 東京学芸大学附属幼稚園竹早小学校入学
  • 小学生の頃から文筆活動を始め、小説や詩を書いていた。

1990年代

  • 浦和明の星女子高等学校を経て、フェリス女学院大学文学部に入学。
  • 在学中は早稲田大学の「ソウルミュージック研究会Galaxy」に所属。
  • 大学時代には早稲田大学放送研究会でラジオ番組の制作に携わる。

2000年代

  • 2002年にmixiで日記を始め、ファッションやライフスタイルについて発信する。
  • mixiの日記が雑誌『GINGER』の編集者の目に留まり、コラムニストデビューを果たす。
  • ラジオ出演のきっかけとなり、『ザ・トップ5』のレギュラーコメンテーターとして活動。

2010年代

  • 2011年10月、『週末お悩み解消系ラジオ ジェーン・スー相談は踊る』のメインパーソナリティーとして出演。
  • 2013年にはブログを元にした『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』を出版し、作家としてブレイク。
  • 2015年、『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で講談社エッセイ賞を受賞。
  • 2016年からは『ジェーン・スー 生活は踊る』のパーソナリティーとして活動。

2020年代

  • 現在もラジオ番組やテレビ出演を続けながら、執筆活動や講演会などでも幅広く活動している。

以上が、ジェーン・スーの経歴を年代別にまとめたものです。彼女の多彩な才能と独自の視点は、多くの人々に影響を与え続けています。これからも彼女の活躍から目が離せませんね!

Sponsored Links




ジェーン・スーの主な書籍

ジェーン・スーさんの本をご紹介しましょう!

まずは「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」です。

男性、女性に限らずポンと膝を叩いてしまう、思い当たる節がありすぎて読みながら声出た、という評判の本です。

 

 「貴様いつまでも女子でいるつもりだ問題」はこちら。

SNSに流れてくる子供の写真を見てスーさんが感じるモヤモヤを自ら分析し、突き止め、解決したけど、自分だったら絶対できないかも。

短編集なので時間のあるときに少しずつ読めるけど、絶対に一気に読みたくなる!

画像クリックで商品ページに飛べます。

まとめ

【ジェーン・スーの本名は森本薫で年齢は?父親が韓国人のハーフ?】をまとめました。

ジェーン・スーさんの本名は森本薫さんというのが有力説です。

年齢は2023年6月現在50歳です。

父親母親も日本人でなのでジェーン・スーさんは生粋の日本人でした!