エンタメ

岩橋玄樹の復帰は早すぎる!?コメント全文と今後の活動内容は?


こんにちは、まゆ◎です。

パニック障害の治療のために活動を休止されていたKing&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹さんが芸能活動を再開されます。まだ早いのではと心配の声もある?今後の活動についても!

Sponsored Links

岩橋玄樹の復帰

パニック障害の治療のために芸能活動をお休みしていたKing&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹さん。

2019年2月17日に一部芸能活動の再開を発表されました!

コメント全文

岩橋玄樹さんのコメント全文はこちらです♪

休養期間中は、ファンの皆さまや関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしているにもかかわらず、たくさんの温かいメッセージをいただきましてありがとうございます。

皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています。

改めて、3rdシングル「君を待ってる」より、一部活動を再開することになりました。
まずは、今回、活動が再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています。

すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、改めて仕事ができる喜びを感じています。
今は焦るときではないと一日一日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです。

また、今回の休養と一部芸能活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。
僕がいつでも戻れるようにと、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです。
5人でKing & Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服して戻ってきます。

ファンの皆さま、いつも変わらぬご支援をいただき、ありがとうございます。
これからもKing & Princeをよろしくお願いします。

2019年2月17日
King & Prince
岩橋玄樹

 

ひとことでパニック障害といっても症状は人によって違います。

岩橋玄樹さんには優秀な医師が付いて治療にあたっていると思いますが、この病気はなかなか厄介なのは間違いないですね。

治療期間は最短でも3~6カ月かかるそうです。

昨年の11月から休養されていたのですが、岩橋玄樹さんは3カ月でのお仕事復帰ですから早いですね。

こんなに早い復帰が訪れてくれるとはファンも思っていなかったようで、驚きと喜びの声が多数上がっています♪

Sponsored Links




ファンの声

NETでは岩橋玄樹さんの復帰を喜ぶ声とともに、心配の声も多いようです。

 

 

 

コメント文を読むとパニック障害が完治したわけではなさそうなので、無理をして病気が悪化しないかと心配する声が多いです。

パニック障害には「予期不安」という症状があります。

これは『また、あの不安が襲ってくるかもしれない』という漠然とした不安が常につきまとうようになることです。

パニック発作が改善しても予期不安が残ることがあり、この「予期不安」がとても厄介なのです。

これを克服するには、やはり徐々にお仕事に復帰されていくのが良いと、担当の医師が判断したのかもしれませんね。

「大丈夫」という安心できる場所と『大丈夫だった(発作は起きなかった)』という自信が大事なのだと思います。

つまり、信頼できる仲間やスタッフがいてこその一部活動復帰になったのではないでしょうか。

今後の活動内容

コメントを見ると『3rdシングル「君を待ってる」』とあるので、3rdシングルには岩橋玄樹さんの声が入るのは間違いなさそうです!

これはファンにとって嬉しいですね~。

この他の活動についての詳細は無いので、はっきりしたことは分かりませんが、生番組イベントLIVEなどは少し先になるかもしれません。

パニック障害の苦しさはなかなか他人には理解しがたいものがあるので、岩橋玄樹さんには頑張らないように頑張ってもらいたいな、と思った私です。

まとめ

King&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹さんが芸能活動の一部を再開されると発表されました。

以前のようにバリバリに活動されるのはもう少し先のようですが、ご自身の身体と相談しながら、無理のせずゆっくりと頑張っていただきたいですね。

これからの活躍も応援しています!

Sponsored Links




「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。

ABOUT ME
bikuchan
こんにちはっ、まゆ◎です♪ バツイチ・子持ち、40代女性です。 仕事と子育てに追われ、会社と保育園の往復の毎日です♪ 世間ではいろいろなニュースが溢れていますけど・・・ 「それって、ほんと?」って思う事ありますよね? そんな疑問を解決~☆すべく頑張って記事を書いています。