NHK朝ドラ

おかえりモネ|菅波先生は過去に東京で何があったのか?坂口健太郎の好演に号泣!?

Pocket

NHK朝ドラ「おかえりモネ」での坂口健太郎さん演じる医師の”菅波光太朗先生”について考察したいと思います。菅波先生は百音に厳しい言葉をかけるシーンが多いのですよね。そんな菅波先生の過去や東京で何があったのかを考察!

菅波光太朗先生の謎の言動

NHK朝ドラ「おかえりモネ」で、東京の大学病院から1週間おきに登米の診療所にやってくる医師の菅波光太朗先生ですが、何か過去に闇を抱えているような感じです。

地域医療に興味がないようにも見えるのですが、嫌々、登米に来ているわけでは無さそうなのが気になりますよね。

以前、モネが「登米に来るのは嫌なんですか?」と菅波先生に聞いたときに

  • 「嫌々来ているように見えますか?」

と少しムッとして答えていましたよね。

これって、登米に来るのは嫌ではなくて、進んで好んで来ているって事だと思うのですけど・・・。

好んできている割には、常にドライで無愛想で、何を考えているのか分からない役所です。

それにこんなことも言っていましたよね。

  • 地元が居心地いいとは限らないでしょ

と実家へ帰るのを躊躇うモネの気持ちを見透かしているような言葉もかけていましたよね。

最大の謎は、林間学校の植樹体験で、斜面から落ちてしまった小学生と一緒に山で雷雨にあって遭難したモネが、気象予報士の朝岡覚や菅波先生のアドバイスで無事に救助された時のこと。

とても厳しい言葉を百音にかけていましたよ。

百音は子供の父親から「あなたのおかげで助かりました」とお礼を言われたのですが、この光景を見ていた菅波先生は・・・

  • 「ダメですよ、真に受けちゃ」
  • 「『あなたのおかげで助かりました』という言葉は、麻薬です」
  • 「永浦さんはつまるところなにもしていませんからね。知り合いの気象予報士と、知り合いの医者の知識と判断に助けられただけです」

とダメ押ししました。

また、こんな厳しいことも百音に言っていました。

  • 「そもそも、君は親に自分の意見も言えず逃げ回り、同級生の家に居候するなんて僕にはできない…。甘えてますよ。」

実際に、人にこれだけガッツリ厳しく言われたら私は立ち直れないかもw。

でも、そんな言葉のなかに菅波先生の優しさが感じられるんですよね。

菅波光太朗先生は過去に東京で何があったのか?

菅波先生は冷徹なのかといえば、実はそうではないことがわかります。

それは、モネと子供が遭難したときにクールな姿の中にも凄い心配していたのは分かりますよね。

壁のところで夏決まりさん演じるサヤカさんの動向を見守っていましたし、モネの電話番号まで調べて子供の状態を確かめているのですから。

本当に冷血な先生だったらそんな事はしないと思うのです。

それに、スイカをキャッチできなかったときに

  • 「空間認識能力が高くないんです」

と、可愛い一面もチラッと見せてくれましたよね!

恐らく、頭はいいけど運動は苦手なことが伺えるシーンでしたね(笑)。

以上のことから考察すると、坂口健太郎さん演じる菅波光太朗先生は

  • 東京の病院で過去に患者さんと何かあって心に傷を負っている。
  • 山に囲まれた自然豊かな登米はもちろん、登米の人々のちょっと世話好きで人情味ある場所が心地いい
  • 一見冷たそうに見えて情に厚い
  • (もしかしたら大病院の御曹司かもしれない)
  • ↑跡取りとして親との確執がある?

のではないかと推測します!

百音の結婚相手は菅波先生?

百音は気象予報士を目指して東京へ移住するのですが、菅波先生も東京の病院に勤務しているので、会うこともあるはず。

東京での菅波先生がどんな姿なのかも興味はあるのですが、なんと言っても、今後の百音の結婚相手が誰なのかが気になりますよね。

NETでは菅波沼にハマる人が続出で、百音と結婚するのではないかと予想されています!

しかし、その一方で「菅波先生」片思い説もあります。

菅波先生が、東京で気象予報士になるために懸命に頑張る「百音に片思い」をすると言うもの。

百音はそんな菅波先生の気持ちには気づかない、、、なんて展開かもですよ。

ひえ〜、そんなのあり??

そんな菅波先生の姿に号泣しそうです!!

 

「おかえりモネ」というタイトルからも百音は気象予報士になって、気仙沼に戻るのだろうと思うのです。

そうなると、百音の結婚相手はりょーちこと永瀬廉さん演じる及川亮なのかも!

漁師と気象予報士、、、いいカップルですよね。

しかも、りょーちの母親は既に亡くなっていますが、恐らく震災の犠牲者ではないかと思われます。

みんなそれぞれに心に傷を負いながら懸命に生きている姿に、勇気づけられる作品です!

坂口健太郎のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

kentaro sakaguchi(@sakaguchikentaro)がシェアした投稿


菅波光太朗先生を演じる坂口健太郎さんの演技がいいですよね。

どこか憂があって、優しいフェイスも魅力的です!

 

名前:坂口健太郎(さかぐち・けんたろう)

  • 生年月日:1991年7月11日
  • 出身地:東京都
  • 身長:183㎝
  • 事務所:トライストーン・エンタテイメント

 

2010年:19歳のとき、自ら応募した第25回『MEN’S NON-NO モデルオーディション』に合格しモデル活動をスタートさせました。

2014年:映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー

2015年10月、TBS金曜ドラマ『コウノドリ』で連続ドラマ初出演

「おかえりモネ」ではスイカをキャッチできない運動神経が鈍い役ですが、実際は高校時代にバレー部に所属していたそうです。

思わずスイカをボレーしちゃうところだったのかもですねw。

まとめ

【おかえりモネ|菅波先生は過去に東京で何があったのか?坂口健太郎の好演に号泣!?】

クールな菅波先生の過去に何かあったのは間違いないと思うのですが、まだ本編では公表されていません。

東京での菅波先生の置かれている状況や、今後の展開から目が離せませんね。

mayu
mayu
菅波先生の心の傷も癒えるといいね