NHK朝ドラ

おかえりモネの絵本/テキストのタイトルや購入方法と通販サイト【天気のふしぎえほん】

Pocket

NHK朝ドラ「おかえりモネ」で気象の勉強に悪戦苦闘する百音に、菅波先生が本をプレゼントしました。この天気の本は何でしょう?今回は、この本のタイトル名や購入できる通販サイトについて調査しました!

百音が購入した絵本は何?

百音が小学校で手にした絵本は、実は実在しない絵本です。

スタッフによる手作りの絵本だったんですね〜。

でも、この絵本のモデルのなった絵本があります!

それがこちらです!!

天気のふしぎえほん

 

こちらは「おかえりモネ」で気象考証をされている斉田季実治氏が監修されている絵本「天気のふしぎ絵本」です。

こちらの絵本は通販サイトでも購入することができますよ!


 


この他にも斉田季実治氏の優しく書かれている気象の本がありますのでご紹介します。

知識ゼロからの異常気象入門 [ 斉田季実治 ]


菅波先生が百音にプレゼントした本

少し無愛想で人を寄せ付けない雰囲気のある菅波先生ですが、百音が遭難した時に電話をかけてアドバイスしたり、百音に気象について指導したりと、本当はとても優しい菅波先生です。

百音が台風の日に生まれたこと、

それが満月の夜だったことから

モネの誕生日を推測していました。

そんな菅波先生が、百音が使っている教材が極端すぎると言って「誕生日プレゼン」だと言って百音に差し出した本は何なのでしょう?

 

菅波先生の優しいところは、押し付けがましいところがない優しさです。

「誕生日プレゼント」というのも半分は口実だと思うのです。

もし、誕生日プレゼント出なければ百音は「絶対に本代は払わないと」ってなりますよね。

誕生日プレゼントなら貰ってもいいかな?って気持ちになりますからね。

そんな気遣いのある優しさって素敵です!

 

さて、本を差し出した菅波先生はこう言います。

・「永浦さん(百音)は使用している本が極端すぎるんです」
・「ここ(絵本)とここ(気象予報士の資格を取るための本の間にはかい離がありすぎます。」
・「まずは基本に立ち返りましょう」

 

この中学校の理科のテキストが欲しいですね。

しかし、いくら調べても同じ表紙の本が見つかりません。

やはりそこはNHKです。

個々の宣伝になるようなものは出せませんよね。

こちらの中学生用「理科のテキスト」も架空のものだと推測します!

しかし、絵本と同じくモデルになったテキストがあるはず何ですがね、それが何なのかは現在調査中です!

通販サイトを見てみると、中学生用の理科のテキストはいくつかあります。


 

 


このテキストをみると「雲のでき方」を習うのは中学校2年生の時なんですね

「水蒸気の変化と雲のでき方」についても書かれています。

また、「ボカロで覚える理科」の参考書も発見!


中学理科の重要項目が歌詞や映像にちりばめられた曲で、これなら楽しく勉強できますね。

まとめ

【おかえりモネの絵本/テキストのタイトルと購入できる通販サイト【天気のふしぎえほん】をまとめました。

理科の勉強がしたくなっちゃいました。