オリンピック

瀬尻稜スケボー解説裏言葉語録のまとめ!ゴン攻めから地獄までの意味8選が激アツ!

Pocket

東京オリンピック2020大会のスケートボードの解説をされたプロスケーターの瀬尻稜さんのフランクな解説と裏言葉語録が話題です!そこでゴン攻め、地獄、鬼ヤバなどの意味を解説してみました!その評判は激アツです!

mayu
mayu
瀬尻稜さんと倉田大誠アナウンサーのコンビが面白かったね

瀬尻稜の解説語録

東京オリンピック2020大会のスケートボードの解説をされたプロスケーターの瀬尻稜さん。

そのフランクな解説と、倉田大誠アナウンサーとのコンビが良かったとNETで話題になりましたね。

そこで、裏言葉語録の「ゴン攻め」「地獄」「鬼やば」など瀬尻稜さんが実際に解説で使った言葉と、その意味をご紹介していきましょう!

①ゴン攻め

トレンドにも入ったのがこの「ゴン攻め」という言葉です!

瀬尻稜さん:「練習でも1人だけゴン攻めしてて~」

倉田アナ:「ゴン攻めとは?」

瀬尻さん:「攻めてるってことです」「ゴン攻めは、なんか攻めてたっすね」

こちらの「ゴン攻め」についてもう少しわかりやすく解説してみましょう!

「ゴン攻め」とは「ガン攻めとかゴン攻めとか」と使うそうで「ガンガン行く」のもっと強い系で「ゴン」とか使ったりするのだとか。

つまり、”ガンガン”のより強い表現で、最上級になると”ゴン”になるらしいです。

”積極的な攻め”の最上級の表現が「ゴン攻め」になるとのことですよ!

ゴンと聞くと「タンスにゴン」を連想する私は少し古いようですね(笑)

 

②ビッタビタできましたね~

選手が技を決めると、瀬尻さんが解説します。

瀬尻稜さん:「やべー。ビッタビタハメてきましたね」

倉田アナ:「ビッタビタハメてましたか?」

瀬尻稜さん:「ビッタビタでしたよ」

ビッタビタハメてきた」とは「デッキがちゃんとついてきて、着地も綺麗に出来ている時」に使うそうです。

ぴったりはまった、、、ということのようですねw。

Sponsored Links




③やべぇ~、半端ないっす

「やべぇ」は「やばい」が変化した言い回しです。

元々は「危ない」「危険が迫る」などネガティブな表現だったのが、現在はポジティブな場合に使われることも多いです。

「この肉、やべえ」というように「これは凄い」や「癖になりそうなくらい魅力的である」といった意味になります。

「やべぇ~、半端ないっす」は「半端じゃないくらい凄い」という意味ですね。

この言葉は最近では多くの人が使うので、理解できる人も多かったかもしれませんね。

④鬼ヤバ

「鬼ヤバ」は「やべぇ」のもっと凄いという意味です。

「鬼」は後に続く言葉を強調する言葉になります。

「鬼強い」は「鬼のように強い→非常に強い」という意味になり「鬼ヤバ」「鬼アツ」「鬼かわいい」などですね。

“超”や”マジ”などの中でも番強い意味で使われるそうです。

 

⑤地獄

「ほんとにすごすぎるときは「やべえ」以上に「うわ、地獄」ってのがあるそうです。

意味は「そこに飛び込むくらいすごいことをやってしまったから『うわっ、地獄だいまの!!』って言うそうですよ。

この言葉は賛辞なのかな?

「地獄」に関しては感覚的に私には分かりませんでしたが「地獄ラーメン」など激辛を通り越しての辛さを「地獄」と表現したりするので「地獄」=「最上級の凄さ」を表す言葉なのでしょうね。

 

⑥おお~、アツイ!

「あつい」は温度でも使われる言葉で「熱いお茶」と使われます。

しかし、スケボー解説で瀬尻稜さんが使った「アツイ」は感情が高まった状態で使われる「アツイ」です。

絶好調、人々が関心を寄せる様、の時に使われる「アツイ」になりますかね?

「ビール業界がアツイ」とか「今、千葉県がアツイです!」という意味に近いものがあります。

⑦肌感でいうと…

「肌感でいうと」は「肌感覚でいうと」ということです。

こちらは略した言い方になりますね。

「肌で感じる感覚」という意味でしょう!

⑧かっけぇ

「かっけぇ」はカッコイイという意味ですね。

Sponsored Links




NETでの評判

「NHKとのギャップある言語表現が面白い」「やり取りが楽しい」「スケボーに詳しい隣の兄ちゃんとみてるみたい(笑)」とNETで評判の裏言葉解説です。

独特の言い回しで称えつつ、技術的なポイントは丁寧に説明してくれるので、スケボーを知らない私も競技を楽しめました!

 

瀬尻稜プロフィール

瀬尻稜さんはプロスケートボード選手です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ryosejiri(@ryosejiri)がシェアした投稿

  • 名前:瀬尻稜(せじり・りょう)
  • 生年月日:1996年12月11日
  • 出身地:東京都
  • 身長:177㎝

幼稚園時代からスケートボードを始めました。

父親の熱血指導により11歳にして日本スケートボード協会 (AJSA) のプロクラスグランドチャンピオンを史上最年少で獲得。

2010年から2012年まで3年連続でグランドチャンピオンに輝いています。

2013年には17歳でワールドカップで日本人初となる優勝を果たし、2戦連続優勝しています。

現在はムラサキスポーツ、レッドブル、オークリー等とスポンサー契約を結んでいるプロスケートボード選手です!

Sponsored Links




まとめ

【瀬尻稜スケボー解説裏言葉語録のまとめ!ゴン攻めから地獄までの意味8選が激アツ!】まとめ

mayu
mayu
瀬尻稜さんも激アツです!