*当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

オリンピック

森秋彩の身長が低すぎる?筋肉や握力はすごいが小柄なのがデメリット?【クライミング】


パリオリンピック2024のクライマー日本代表選手の森秋彩さんは幼少の頃から天才少女と呼ばれていました。

世界でもトップクラスで活躍する森秋彩さんですが、身長が低く、世界各国の選手と比べるととてもかわいらしいです。

今回は、そんな森秋彩さんのプロフィールを軸に彼女の魅力に迫ってみました!


\楽天タイムセール毎日開催中/

【➜楽天24時間限定タイムセール会場はコチラ


森秋彩の身長wikiプロフィール

森秋彩のプロフィール

  • 名前:森秋彩(もり あい)
  • 生年月日:2003年9月17日
  • 出身地:神奈川県川崎市

パリオリンピック日本代表の森秋彩(もり あい)さんは、2003年生まれの日本のプロクライマーです。

生まれは川崎市ですが、父親の仕事の関係で茨城県つくば市で育ちました。

クライミングは小学校1年生の時に、父親と一緒につくば市にあるジム「つくばスポーレ」に通い始めたそうです。

そこでみるみる腕を上げ、15歳で出場した19年世界選手権リードで、日本人史上最年少メダル(銅)に輝き、天才少女と呼ばれていました。

残念ながら、2021年開催の東京オリンピックでは出場を逃していますが、2024年パリオリンピックでは日本代表に選出されました。

身長は154cmと小柄ですが、驚異的な筋肉量と握力を持ち、ボルダリングを中心に活躍しています。

【森秋彩の握力】

  • 右;45キロ
  • 左:37キロ

握力は、手のひら全体で握る力を測る指標です。

一般的に、男性は40~50kg、女性は25~35kgと言われています。

mayu
mayu
ボクは20キロもないよ、、、

右45キロ、左37キロという握力は、男性としては平均以上、女性としてはかなり高い数値です。

特に右手の握力は、かなり強いですね。

森秋彩の身長体重

  • 身長:154cm
  • 体重:48kg

森秋彩出身学校

  • 出身高校:つくば開成高校
  • 大学:筑波大学 体育専門学群

つくば開成高校は、茨城県牛久市にある、単位制・通信制の私立高校です。

自分のペースで学習できるので、世界を飛び回って大会で活躍する森秋彩にはぴったりの学校だったのでしょうね。

卒業後はプロになる選択もあったのですが、筑波大学に進学されました。

プロになることも選択肢の1つだったけど、それを職業にしてしまうとクライミング自体を楽しめなくなってしまうのでは、という不安を感じたし、選手生活が終わってからの人生のほうが長いと思うから、その後のことも考えると経験や知識が豊富なほうが役に立つかなって。(地元の大学のため)今の環境を変えずに、大学に通いながら練習できるのもいいなと思いました」

参考元:https://www.climbers-web.jp/feature/article-145/

Sponsored Links




クライミングと身長の関係


スポーツ選手は身長が高い方く、手足のリーチが長い方が有利なのかな、なんて単純に思ってしまいます。

しかし、クライミングにおいて、身長は必ずしも有利とは限りません。

もちろん、小柄な選手はリーチが短いため、遠いホールドを掴むのが難しい場面もあります。

しかし、小柄な選手は体重が軽いため、壁に負担をかけずに登ることができ、体幹も強くなりやすいそうなんですね。

なるほど。

子供は雲梯にぶら下がれるけど、大人になると雲梯ができなくなる、、、という感じでしょうか。

クライミングは、「人類が古来から持っている高い場所へ登りたいという原始的な欲求」を満たしてくれるスポーツだと言われています。

壁を登りきった時の達成感は格別で、それがクライミングの最大の魅力の一つと言えるでしょう。

腕力だけでなく、足腰、体幹など全身を使う運動で、そのため、バランス感覚や筋力、持久力を鍛えることができます。

また、集中力や精神力も必要となるため、メンタル面も鍛えられます。

クライミングは頭脳を使い、体だけでできる手軽なスポーツで、性別も年齢も身長も関係なく楽しめますね。

Sponsored Links




森秋彩の戦績

森秋彩は、2021年東京オリンピックに出場し、ボルダリングで7位入賞を果たした。その後も、ワールドカップや国内大会で優勝を重ね、現在世界トップレベルのクライマーとして活躍している。

主な戦績

  • 2021年 東京オリンピック ボルダリング 7位
  • 2022年 IFSC クライミングワールドカップ ボルダリング 総合優勝
  • 2023年 ジャパンカップ ボルダリング 優勝

森秋彩の性格

 

この投稿をInstagramで見る

 

Take(@take_0124)がシェアした投稿


森秋彩さんはアスリートで競技者ですが、あまり人と競り合うことは好きではないそうです。

他の選手に勝つことに喜びを感じるのではなく、「諦めそうになった自分の打ち勝った」と喜びを感じるそうです。

クライミングは、集中力や精神力が必要となるスポーツです。

恐怖心やプレッシャーに打ち勝ち、課題を克服することで、メンタル面も鍛えられます。

「トップホールドをルカんだ瞬間は、初めて逆上がりができた時の感覚に近いかもしれない」

と語られています。

逆上がりができた時、皆さんはどんな気分でしたか?

Sponsored Links




森秋彩の家族構成

  • 父親(森正夫)
  • 母親

父親も母親もクライミングをされます。

ジムに母親と言った時には母親もずーと登っているのだとか。

弟さんはゲームが大好きのようです。

Sponsored Links




まとめ

森秋彩の身長は?筋肉や握力はすごいが小柄すぎるのがデメリット?【クライミング】をまとめました。

森秋彩は、小柄な体格ながらも、驚異的な筋肉量と握力、そして優れた技術で世界トップレベルのクライマーとして活躍しています。

今後も彼女の活躍から目が離せませんね!

鏡優翔はかわいい?マニュキュアの意味やマウスピースの文字の謎!(レスリング)女子レスリング界のエース、鏡優翔選手。 その実力だけでなく、キュートなネイルでも注目を集めています。オリンピックでも、彼女のネイルに注...