政治家

河野太郎が父親の移植ドナーになった理由は?病名と現在の体調は?

Pocket

衆議院議員の河野太郎氏は、過去に父親の河野洋平氏の生体肝移植ドナーになっています。今回は父親の病名やドナーになるまでの経緯と現在の体調について調査しました!身長も分かりました!

河野太郎の父親の病名は?

衆議院議員・河野太郎氏の父親は元衆議院議員の河野洋平氏です。

河野洋平氏は第16代自由民主党総裁で、新自由クラブ代表も歴任されていましたよね。

洋平氏の父親、太郎氏の祖父は河野一郎氏ですが、洋平氏と一郎氏がよく似た顔立ちでそっくりなんですよ。

つまり河野太郎氏の父親と祖父が似ているんですね。

でも、太郎氏はあまり似ていないように思うので太郎氏は母親似なんでしょうかね?

さて、そんな河野太郎氏は父親・洋平氏に生体肝移植のドナーになったのは有名な話です。

生体肝移植とは健康な人の肝臓の一部を重い肝臓病患者に植える手術のことで、太郎氏が臓器を提供する側「ドナー」洋平氏が提供を受ける側「レシピエント」になります。

太郎氏の父親、河野洋平氏の病気はC型肝炎による肝硬変でした。

1973年の36歳の頃にはすでに体調に異変があり、2001年には、肝硬変で顔は土気色になり、声もかすれ、入院せざるを得なったそうです。

そこで、太郎氏がドナーになることを決意されたのです。

2002年(平成14年)4月に河野太郎氏をドナーとする、親子間での生体肝移植が信州大学医学部附属病院で実施されました。

当時のことを父・洋平氏はこのように語っています。

私は今さら移植を受けたくない、まして自分の子供から臓器をもらうことにはすごく抵抗があったんです。でも彼(太郎氏)から『移植をしてくれ!』って強く言われて、最後は病気で疲れ果てていたものだから、反論する力がなかったんですよ(笑)。

ひあ映画生活より抜粋

27NEWSの記事によると、最初にドナーになると申し出たのは太郎氏の妹さんだったそうですね。

子供たちからドナーになると言われて洋平氏は嬉しかったと思います。とても仲の良いご家族なのでしょうね。

ちなみにC型肝炎になった原因は不明のままだそうです。

Sponsored Links




河野太郎がドナーになった理由

しかし、いくら父親が生体肝移植が必要な身体であったとしてもドナーになるのはやはり勇気がいる事だと思います。

ドナーになれば自身の体にも負担がかかるのは予想できますし、今後、何が起きるか分かりません。

太郎氏は妻やレシピエントになる父親を説得して、ドナーになることを決心されました。

当時、世間では父親との政治信念の違いが話題になっていたので、この生体肝移植ニュースに世間は驚いたものです。

太郎氏はなぜ、そこまでしてドナーになろうと決心したのでしょう。

実は、父・洋平氏がC型肝炎で倒れる前に、河野太郎氏の母親が癌で亡くなっています。

父・洋平氏によると、太郎氏は母親のがんが手遅れで何もできなかったという後悔が強く「おやじにできる限りのことをしたい」という思いが強かったのではと語られています。

Sponsored Links




河野太郎の現在の体調

生体肝移植はドナー側にも問題が起きることがあります。かなり重い後遺症が残ったり、亡くなってしまうこともあるのです。

河野太郎氏がドナーになって20年以上が経ちますが、次期総裁と目される河野太郎氏だけに、その体調が気になりますよね。

2019年の記事によると父・洋平氏はC型肝炎の新薬が効き、ウイルスは「検出せず」になり今飲んでいる薬は、移植患者に一生必要な免疫抑制剤だけだとのこと。

一方、太郎氏は2012年の記事でこう話しています。

一番深刻なのは、切って縫い合わせた腹筋が今でもよくつることです。靴の紐を縛ったり、足の爪を切ったり、地下鉄の中で変な格好に押されたりしたときに、腹筋がこむら返りのようになります。食べる量も減りました。しかし、おかげさまで私の肝機能は全く問題ありません。

やはりドナーとしてのリスクは大きかったのだろうと推測します。

2021年の記事は見つけられませんでしたが、テレビなどで元気な姿を見せているので現在も肝機能は全く問題ないのでしょうね。

良かったです!

Sponsored Links




河野太郎が「生体肝移植は美談ではない」という理由

河野洋平氏も河野太郎氏も政治家なので、穿った見方をすれば「生体肝移植」までも政治活動に役立てているのか、という声もあるようです。

しかし、太郎氏も父・洋平氏も口を揃えて「生体肝移植を美談にしないで欲しい」と言っています。

河野太郎氏は

『子供が親に肝臓を提供したということは別に美談じゃないんですよ。これが美談で、そうしないのはよくないと世間が決めつけるのはよくないし、それぞれの事情をもっと考えてあげる必要があると思いますね』

と言っています。

また、父・洋平氏もこう語っています。

『太郎も繰り返し言っていますが、親子間の移植を決して「美談」にしてはならないと思う。受ける方もドナーも非常に難しい状況に置かれるからです』

ドナーになった側の厳しい状況が分かるからこその言葉だと思います。

人それぞれ、家族それぞれに事情があるので、生体肝移植は簡単に決められる「美談」ではないと、キツい経験をされたからこそ言えるのでしょうね。

Sponsored Links




河野太郎の身長・体重は?

さて、河野太郎氏の健康状態を調査していると、意外にも政治家の方の身長がWikipediaに記載がないことが判明しました。

なので、身長と体重を調査するのにも一苦労なのです。

やっと見つけた河野太郎氏の身長は、こちらの河野太郎氏のTwitterから判明しましたよ〜!

なんと、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧さんと同じ身長なのだそうです。

伊野尾慧さんの身長は173㎝なので河野太郎氏も身長173㎝ですね。(伊野尾慧さんの身長はWikipediaを参考にしました)

体重は不明です。

父親の洋平氏は恰幅の良いイメージが強かったのですが、太郎氏は細身な感じです。

河野太郎氏の体重が分かりましたらまたお知らせしますね!

まとめ

参考文献:日本移植学会「生体肝移植を振り返って」より抜粋/ぴあ映画生活より抜粋/47News「病、それから」河野洋平さん(元衆院議長)新たな命で経験伝えたいより抜粋

【河野太郎が父親の移植ドナーになった理由は?病名と現在の体調は?】をまとめました。

河野太郎氏の大学中退についてはこちらの記事をどうぞ。

河野太郎が大学を中退した理由が凄い!なぜ海外へ渡航したのか調査!自民党議員の河野太郎氏は慶應義塾大学を中退されています。今回は河野氏は何故、大学を中退されたのか?また、大学中退後に河野氏は海外へ渡航し...