真犯人フラグ

真犯人フラグ第3話考察!絵本ピエールとライオンが妻子失踪の真実を暴露!?

Pocket

ドラマ「真犯人フラグ」の第3話の考察です。橘一星が相良凌介に渡した豆絵本は実在する「ピエールとライオン」です。その絵本の内容が相良の妻や子供が失踪した事件の真相を暴露している?

真犯人フラグ第3話あらすじネタバレ

相良凌介の新居の基礎工事コンクリートに埋め込まれていたローファーから凌介の娘・光莉のDNDが検出されました。

また、凌介は瑞穂に配送車のドライブレコーダーから見つかった映像を見せられます。赤い傘をさした真帆らしき女性が篤斗の手を引き、後ろには光莉とよく似た女子高生が歩いています。

凌介は見知らぬ男から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージを受け取る。

そのメッセージは光莉の好きな絵本「ピエールとライオン」に挟まれていました。

凌介はその男とコンタクトを取り、日野(迫田孝也)の店『至上の時』で会うことに。瑞穂と日野も一緒に待ち構える。

現れたのは、ベンチャー企業『プロキシマ』の社長・一星(佐野勇斗)。彼は、真帆たちが誘拐されたと断言します。

さらに一星は、誘拐した犯人に心当たりがあると言い出します。それは瑞穂がストーカーに遭っていたというものでした。

こうして凌介と一星は一緒に失踪事件を追うことになりました。

一星が瑞穂と交際していたというのは嘘か本当か?一星は敵なのか、味方なのか!?という謎を残して第3話が終了です。

Sponsored Links




ピエールとライオンのあらすじ

「真犯人フラグ」に限らず犯人黒幕を考察するのには欠かせないのは、小道具や細かいシーンです。

第3話に登場した絵本”「ピエールとライオン」ためになるおはなし”のような道具には何か深い意味や、今後の展開につながるヒントがあるに違いありません。

そこで、このモーリス・センダックの作品「ピエールとライオン」のあらすじをチェックしてみましょう!

=絵本「ピエールとライオン」ためになるおはなしのあらすじ=

ピエールが言うのはただひとつ、だれが何を言っても「ぼく、しらない!」その強情さにお母さんもお父さんもあきれ果て、ピエールを留守番させ出かけてしまいます。ところが留守中にライオンがやってきてピエールをのみこんでしまいます。

帰ってきた両親が、ライオンのお腹の中に息子がいると分かったのは「ぼく知らない」とライオンが答えたからです。
逆さまにして振ったら息子が飛び出してきて、れからは急に良いお返事が出来るようになったのです。

ためになることば『はい、わかりました!』



絵本のあらすじの「ピエールを置いてみんな出て行ってしまう、、」というのは凌介を残して失踪してしまったことと状況は同じ。

NET上でもこの絵本が話題になっています。

・「ドラマのストーリーと何が関係するのか」
・「この呆れて家を出たのが3人の家族のことを指してる?」
・「西島さんがいろいろ忘れて知らないっていうから呆れて家族が出て行っちゃったのかな」

Twitterより引用

当初からNETでも推測されていたように、絵真帆や光莉、篤斗は事件に巻き込まれたのではなく「家出」なのかもしれませんね!?

Sponsored Links




ピエールが凌介でライオンは誰?

さて、絵本の中でひとり取り残されたのはピエールでしたが、相良家で取り残されたのは凌介です。

もし、家族が自ら家出をしたのだとしたら、やはり凌介は「人がいい」だけではなく何か裏の顔や秘密がありそうですね。

・昔、一星の母親と関係があり一星は実の子供なのではないか?
・光莉が一星の母親と会った時に何か凌介の秘密を知ったのではないか?

という考察が第3話終了後にNET上では多く上がりました。

では、ピエールが凌介だとしたらライオンは誰なのでしょう?

絵本ではピエールを吐き出したライオンは大人しくなってしまいます。なので、そんなに悪者ではありません。

最終的にはピエールに大切な言葉「はい!分かりました」を教えたのはピエールを置いて家を出て行った両親です。

相良家で例えるとしたら真帆になるのでしょうか?

そう考えると凌介の裏の顔や秘密に激怒して、真帆が企てた家出計画で黒幕は真帆なのかもしれません。

真帆のことを大学時代のマドンナだったという友人の河村俊夫や日野渉も、真帆とグルなのかもしれませんね。

Sponsored Links




ピエールとライオンが好きなのは一星?

それにしても一星も怪しいですね。

そもそも、女子高生と23歳の約1年の交際で「この絵本が好きだった」って話すタイミングってそうそう無い気がします。

彼女の子供の頃好きだった絵本って覚えてるのも変だし、その本にわざわざメモを挟んで渡すのも違和感がありますね。

一星がわざわざこの豆絵本にメモを挟んだのには意味があるはず。

光莉が好きだっただけではなく、一星にもこの「ピエールとライオン ためになるおはなし」に強い思い出があるのかもしれませんね。

Sponsored Links




まとめ

【真犯人フラグ第3話考察!絵本ピエールとライオンが妻子失踪の真実を暴露!?】をまとめました。