映画

ヴァイオレットエヴァーガーデンの原作小説とアニメの違い!読む順番のおすすめは?

Pocket

ヴァイオレットエヴァーガーデンの原作小説とアニメはどこが違うのでしょう?また小説を読む順番はどの順番がいいのでしょう?アニメの完結編である劇場版を視聴する方法もご紹介します!

ヴァイオレットエヴァーガーデンの両腕がない理由!なぜ義手になったのか?「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が金曜ロードショーで放送されます!今回はヴァイオレットの両腕がない理由となぜ自在に動く義手になったの...

ヴァイオレットエヴァーガーデンあらすじを簡単に

ヴァイオレット・エヴァーガーデンが金曜ロードショーで放送されることになりました。他局で放送された深夜アニメであることを考えると、日本テレビ系「 金曜ロードショー」での放送は異例のことです。

これはヴァイオレット・エヴァーガーデンがそれだけ素晴らしい作品だという証です。

放送前から「超泣ける」「ずっと号泣しっぱなし」「タオル必須」などの言葉がありますが、決して大袈裟な表現ではありません。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは一般公募による原作募集企画「京都アニメーション大賞」で初の大賞を受賞したファンタジー作品です。

暁佳奈(あかつき・かな)さん原作のライトノベルは、2015年12月から全4巻が刊行されており、2018年にはテレビアニメが放送され、国内だけでなく、海外でも高い人気がある作品です。

超簡単にあらすじを紹介すると、、、

戦時下において戦うことしか知らなかった少女(ヴァイオレット・エヴァーガーデン)が「自動手記人形」(ドール)と呼ばれる代筆業の職に就き、成長していく物語です。

ギルベルト少佐に言われた「愛している」の意味を知るために生きるヴァイオレット・エヴァーガーデンは、私たちに多くの感動を与えると同時に、数多の「愛とは?」を深く考えさせられる物語です。

Sponsored Links




ヴァイオレットエヴァーガーデン原作小説とアニメの違い

2021年10月、金曜ロードショーでヴァイオレット・エヴァーガーデンが2週にわたり放送されます。

第1週目はアニメ版の第1話から第3話までと、名作と言われる第7話、第9話、そして神回と絶賛された第10話を中心に、本作の魅力をぎゅっと濃縮した特別版になるそうです。

上述したようにヴァイオレット・エヴァーガーデンの原作は小説ですが、アニメと劇場映画の作品があります。

それぞれ原作小説とアニメ版には違いがあるのでご紹介しておきましょう!

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの原作は

  • 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上』
  • 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下』
  • 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』
  • 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバー・アフター』

上記の全4巻からなる小説です。

アニメ版では小説の中のお話しだけでなくオリジナルストーリーもあります。

小説とアニメの違いを、小説を基準にしてまとめてみました。

【上巻】

タイトル TV放送話数
小説家と自動手記人形 第7話
少女と自動手記人形 第10話
青年と自動手記人形 第11話
学者と自動手記人形 第6話
囚人と自動手記人形
少佐と自動殺人人形 第8話、第9話

【下巻】

タイトル TV放送話数
少佐と彼のすべて 第8話、第9話
少女兵と彼女のすべて 第1話
花婿と自動手記人形
半神と自動手記人形
飛行手紙と自動手記人形 前編
飛行手紙と自動手記人形 後編
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話、第13話:ラストが違います。

上表のように、アニメ版の話しの進み方は小説とは異なります。

出てくるキャラクターやキャラクター像にも違いがあるので、それぞれの世界を楽しむのもいいですね。

また、今回、金曜ロードショーで放送される2話と3話はアニメ版のオリジナルストーリーになります。

大きな違いは、原作小説では「ギルベルトは生存が明確」でギルベルトとヴァイオレットとの交流が明示されています。

アニメでは「ギルベルトは未帰還兵の扱いで生死不明」でヴァイオレットが依頼者との交流で成長していくストーリーがメインです。

劇場版映画はアニメのストーリーの完結編にあたり、原作小説とも異なる展開になっています。

なので、テレビシリーズを見た場合には、一度劇場版の完結編で区切り、それとは別に原作小説4巻を読み込むと面白いかもしれませんね。

アニメだけではギルベルト少佐の生死が気になるところですが、その答えはここでは敢えて述べるのはやめておきます。

是非、小説、アニメ、劇場映画のそれぞれを楽しんでいただきたいと思います。

 

Sponsored Links




ヴァイオレットエヴァーガーデン小説を読む順番

金曜ロードショーで初めてヴァイオレット・エヴァーガーデンを視聴した人はもちろん、まだアニメテレビシリーズや劇場アニメ版しか見ていない人にも、是非、原作小説を読んで欲しいです。

アニメーションと登場人物が異なっていたり、キャラクターの設定に違いがありますが、小説でも爆泣き間違いなしです。

でも、どの順番で小説を読んだらいいのでしょう?

一番のおすすめは「上巻」→「下巻」→「外伝」→「エバー・アフター」の順で読むといいかなと思います。

でも、「上巻」→「下巻」を続けて読んだ後に「エバー・アフター」→「外伝」で読むのも面白いです。

と言うのも「エバー・アフター」は「下巻」の続編になり「外伝」には2019年に映画化された「永遠と自動手記人形」やアニメ化されていないお話もある番外編になります。

なので「外伝」を一番最後に読んでも面白いかと思います。

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンを視聴する方法

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は劇場版映画はアニメのストーリーの完結編になっています。

金曜ロードショーでヴァイオレット・エヴァーガーデンの特別編集版と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -」を見たら、やはり劇場版を見なくてはですよね!

劇場版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観るならTSUTAYAの宅配レンタルサービスをおすすめします。

TSUTAYA DISCASは

  • 新規登録で30日間無料お試し!
  • 本登録後は新作DVD8本までOK!
  • 旧作DVD・CD全品は借り放題!

(30日間無料お試し期間中は、新作はレンタル対象外です)

 

初回30日間無料お試しできます♪

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年10月時点のものです。 最新のTSUTAYAにてご確認ください。

Sponsored Links




まとめ

【ヴァイオレットエヴァーガーデンの原作小説とアニメの違い!読む順番のおすすめは?】をまとめました。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは原作小説とアニメでは話の順番や出てくる人物にも違いがあり、キャラクター像も異なります。

TSUTAYA DISCASで劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンもお楽しみください!

 

初回30日間無料お試しできます♪