*当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

天体

ふたご座流星群2023はどこで見れる?方角や場所と時間は何時がおすすめ?


冬の夜空が舞台となる壮大な天文ショー、ふたご座流星群2023がもうすぐ始まります。毎年12月に訪れるこの流星群は、一体どこで、どの方角を見れば、この美しい流れ星たちを最もよく見ることができるのでしょう?そして、流星群を見るのに最適な時間はいつなのか?

今回は、ふたご座流星群を最大限に楽しむための場所、方角、そしておすすめの時間について、みんなに分かりやすく解説します!


\楽天タイムセール毎日開催中/

【➜楽天24時間限定タイムセール会場はコチラ


ふたご座流星群とは

ふたご座流星群は、毎年12月に地球が流星群を通過するときに見られる、美しい流星のショーです。

流星とは、宇宙の小さな石や塵が地球の大気に入って、摩擦で熱くなりながら光って見えるものです。これを「流れ星」とも呼びます。

この流星群は「ふたご座」という星座の方向から来るように見えるので、この名前がついています。

でも、実際には流星はふたご座から来ているわけではありません。

流星群は、宇宙の塵が地球の軌道と交差するときに起こります。この塵は、もともとは彗星という氷と岩石でできた天体が残したものです。

ふたご座流星群は、特に活発で、空が暗い場所では、1時間に数十個の流星が見られることもあり、他の流星群よりもたくさんの流れ星が見られます。

Sponsored Links




ふたご座流星群2023が見られるのはいつ?

12月14日の夜から15日の明け方にかけて

午前1時から3時ごろがピーク

2023年のふたご座流星群は、12月14日の夜から15日の明け方にかけて、特に活動が活発になると予想されています。

最も多くの流星が見られるピークの時間帯は、12月15日の午前1時から3時ごろとされています。

この期間中、多くの流れ星が見られると考えられます。

ふたご座流星群2023が見られる場所はどこ?

ふたご座流星群は、天気が良く、空が暗い場所であれば、基本的に世界中のどこからでも見ることができます。

東京、大阪、名古屋など、日本のどこからでもふたご座流星群を見ることはできます。

また、2023年12月14日の夜、月の状態は「最終四分の一(下弦の月)」に近い状態になので、一晩中、月明かりが影響なく暗い夜空で流れ星を見つけやすい絶好の観察日和です!

ただし、都市の明かりや月明かりによる光害が少ない、暗い場所が観察には適しています。理想的には、街の光から離れた郊外や田舎、山間部などが良いでしょう。

また、北半球では、ふたご座流星群を見るのにより良い条件があります。

南半球でも見ることはできますが、流星の数は少なくなる可能性があります。

空が晴れていて、広い視野が確保できる場所を選ぶと良いでしょう。

特に、流星群のピーク時には、多くの流星が見られる可能性が高いです。

Sponsored Links




ふたご座流星群2023が見られる方角は?

ふたご座流星群は、その名の通り「ふたご座」の方向から来るように見えます。

ふたご座は北半球の星座で、特に冬の夜空でよく見えます。

観察する際には、まずふたご座を見つけることが大切です。

ふたご座は、オリオン座の近くに位置しています。オリオン座は冬の星座で、非常に目立つので見つけやすいです。

オリオン座を見つけたら、その右上の方向にふたご座があります。

ふたご座の中でも、特に「カストル」と「ポルックス」という二つの明るい星が目印になります。

これらの星がふたご座の「頭」の部分にあたります。流星群の放射点は、このふたご座の近くにあります。

ただし、流星は空のあらゆる方向から見えるので、ふたご座を見つけることに固執する必要はありません。

広い視野で空を見上げ、暗い場所で観察することが最も重要です。

Sponsored Links




ふたご座流星群2023を見るおすすめの時間は?

ふたご座流星群を見るのにおすすめの時間帯

2023年12月14日の夜から15日の明け方にかけて

特に、最も多くの流星が見られると予想されるのは、12月15日の午前0時から3時頃です。

この時間帯には、放射点が高い空に達し、暗い空で見える流星数は1時間あたり最大で70個に達する可能性があります。

また、12月14日の21時頃からも流星の数が増え始めるため、この時間から観察を始めるのも良いでしょう。

流星群のピークである15日午前4時前後も、特に観察に適しています。

Sponsored Links




ふたご座流星群2023を観察するポイント

ふたご座流星群を観察するときのポイントを、わかりやすく説明します!

暗い場所を選ぼう

流れ星は、空が暗いところで見るのが一番です。街の明かりから離れた場所、例えば公園や郊外などがおすすめです。

夜遅くまで起きてみよう

ふたご座流星群は、特に夜遅くから明け方にかけてたくさん見られます。12月14日の夜から15日の明け方が特に良い時間です。特に、夜中の0時から3時ごろがおすすめ!

広い空を見よう

流れ星はどこからでも見えるので、空を広く見渡せる場所が良いです。建物や木が邪魔をしない、開けた場所を選びましょう。

目を慣らそう

外に出たら、すぐには流れ星が見えないかもしれません。目が暗闇に慣れるまで、15分くらいはじっとして待ちましょう

暖かくしてね

冬の夜はとても寒いので、暖かい服をたくさん着て、帽子や手袋も忘れずに。寒さ対策をしっかりしましょう。
懐中電灯、レジャーシート、温かい飲み物などを用意するとより快適に観察できるようになります。

特別な道具はいらないよ

流れ星を見るのに、望遠鏡や双眼鏡は必要ありません。肉眼で見るのが一番です。

安全に関するアドバイス

特に子供たちや家族連れが観察に行く場合は、大人の同伴、暗い場所での移動時の注意、野生動物の存在に注意しましょう!

楽しもう

流れ星を見つけたら、願い事をするのも楽しいですね。友達や家族と一緒に、美しい流れ星を探してみましょう。

これらのポイントを覚えて、ふたご座流星群を楽しんでください!


Sponsored Links




観察イベントとライブ中継の情報

国立天文台のすばる望遠鏡ライブカメラ

ハワイ島マウナケア山頂にある国立天文台のすばる望遠鏡からの星空がライブカメラで公開されます。

日本とハワイ島との時差はマイナス19時間なので、日本時間の午後から流星に注目すると良いですね。

日本公開天文台協会(JAPOS)のキャンペーン

APOSでは「ふたご座流星群2023 キャンペーン」を実施し、全国各地の公開天文台で観察会やライブ中継が予定されています。

例えば、ミューイ天文台、紀美野町みさと天文台、なよろ市立天文台、鳥取市さじアストロパーク、ちはや星と自然のミュージアム、萩・石見空港、佐賀市星空学習館、浜松市天文台などが観望会や中継を予定しています。

ただし、事前申し込みが必要な場合や中止の可能性もあるため、参加を希望する場合は各施設や団体に事前に確認することをお勧めします!

Sponsored Links




まとめ

ふたご座流星群2023はどこで見れる?方角や場所と時間は何時がおすすめ?】をまとめました。

「ふたご座流星群2023の魅力的なショーを最大限に楽しむためには、暗くて広い空が見渡せる場所を選ぶことが大切です。

特に、12月14日の夜から15日の明け方、特に午前1時から3時の間が観察のピーク。

ふたご座の方向を中心に、どの方向でも良いので、暗い夜空を広範囲に眺めましょう。

都市の明かりから離れた郊外や田舎、山間部などがおすすめですが、寒さ対策をしっかりして、家族や友達と一緒に、この冬の特別な天文現象を楽んでください!

火球:石垣島の光の束の正体はナニ?動画の迫力とスピリチュアル的意味に驚き!2023年2月9日に石垣島周辺で目撃された光の束の火球の正体は何なのでしょう?その動画や画像の迫力がすごいんですよ。隕石なのか?人工物な...