エンタメ

24時間テレビ2020年|ドラマやパーソナリティー(司会)と歴代マラソン走者も!

Pocket

毎年日本テレビ系で行われる「24時間テレビ愛は地球を救う」2020年はウイルスの影響で日程や内容も大きく様変わりします!パーソナリティの井ノ原快彦さんと他のメンバーについてやマラソン中止でドラマはどうなる?

24時間テレビ愛は地球を救う2020年

毎年夏に放送される日本テレビチャリティ番組「24時間テレビ愛は地球を救う」は1978年から放送されている歴史ある番組です。

2020年の夏(第43回)は8月22、23日に開催が決定されました!

フジテレビの「FNS27時間テレビ」はウイルスの影響で今年は制作しないことを発表していただけに「え!?やるんだ」と驚きましたね。

開催場所は昨年に続き両国国技館です!

過去のメイン会場は、日本武道館東京ビックサイトで開催されてきた「24時間テレビ」ですが、2019年は東京オリンピックの為の改修工事などの理由で両国国技館から放送されていましたね。

残念ながらオリンピックは延期になりましたが、今年も両国国技館からの放送です。

また、2020年は無観客で行うことが決定!!

第43回2020年のメインテーマは「動く」だそうです。

24時間テレビ愛は地球を救う(第43回)
開催日 2020年8月22、23日
メインテーマ 動く
メイン会場 両国国技館
メインパーソナリティー 井ノ原快彦(V6)
パーソナリティー 増田貴久(NEWS)
北山宏光(Kis-My-Ft2)
重岡大毅(ジャニーズWEST)
岸優太(King & Prince)

Sponsored Links




24時間テレビパーソナリティー

井ノ原快彦「V6」

2020年の「24時間テレビ」を引っ張るメインパーソナリティーはV6の井ノ原快彦さんです!

mayu
mayu
わーい!イノッチだ〜!

 

井ノ原快彦さんはジャニーズの人気グループV6のメンバーです。

2018年3月までNKH「あさイチ」のキャスターを8年間務めるなどキャスターとしても評価が高いです。

24時間テレビのキャスターとしては2015年以来5年ぶりの3回目とあり、視聴者はもちろんですが、日本テレビ側としても安心して任せられると判断したのでしょう。

しかも『無観客』となれば観客の反応が分からないだけに、24時間続けるのは相当な精神的負担がありそうです。

増田貴久「NEWS」

井ノ原さんをと同じくパーソナリティを務めるサブキャプテンの増田貴久さんはNEWSのメンバーです。

最近、同メンバーの手越祐也さんがジャニーズを退所するなど苦労も多い中、いつも明るい笑顔でほっこりさせられますね。

岸優太「King & Prince」

最年少の岸優太さんは「King & Prince」のリーダーでしっかり者と評判です。

北山宏光(Kis-My-Ft2)さんは先輩にも臆することなく誰に対しても社交的だそうなので、井ノ原さんとの掛け合いも楽しみです!

重岡大毅「ジャニーズWEST」

重岡大毅さんはジャニーズWESTのメンバーとしてはもちろんですが、俳優としても活躍しています!

ドラマ「知らなくていいコト」や「これは経費で落ちません!」ではヒロインの相手役を務めるほど役者としても有名です。

 

井ノ原さんはじめ増田貴久さん、北山宏光さん、重岡大毅さん、岸優太さんの重圧はかなりのものでしょうね。

そして、ウイルス感染拡大はもちろん、熊本豪雨災害などで日本中が危機に陥っている時に開催される「24時間テレビ愛は地球を救う」の番組の本質が問われることは間違いありません。

どんな番組になるのか、今から期待です!

Sponsored Links




チャリティマラソン中止で新企画は?

「24時間テレビ愛は地球を救う」の目玉企画としてチャリティマラソンがあります。

初代チャリティランナーは間寛平さんでしたね。

それ以来、毎年「今年は誰が走るのか?」と話題になりニュースにも取り上げられるほどです。

しかし、2020年は『公道を使用したチャリティマラソン』は中止とのこと。

残念です。

mayu
mayu
ん!?

ちょっと待ってください!

「公道を使用した」チャリティマラソンは中止だけど、公道を使用しないマラソンは開催するのかしら?

そもそもチャリティマラソンは本番の「24時間テレビ」の放送に先駆けてチャリティランナーの密着取材番組や、ローカル枠では事前番組特集を放送したりと、超目玉企画なのです。

それをあっさり中止にするとも考えづらいので、これに変わる企画は当然あると思われます!

それが何かは現在のところ分かりませんが、今後、新情報が入り次第お知らせしますね〜。

ちなみに歴代チャリティーランナーと当時の年齢や走行距離はこちらです!

放送年 ランナー 当時の年齢 走行距離
第15回(1992年) 間寛平 43歳 153km
第15回(1992年) 間寛平 43歳 200km
第17回(1994年) ダチョウ倶楽部 100km
第18回(1995年) 間寛平 46歳 600km
第19回(1996年) 赤井英和 37歳 100km
第20回(1997年) 山口達也 25歳 100km
第21回(1998年) 森田剛 19歳 100km
第22回(1999年) にしきのあきら 50歳 110km
第23回(2000年) トミーズ雅 40歳 150km
第24回(2001年) 研ナオコ 48歳 85km
第25回(2002年) 西村知美 31歳 100km
第26回(2003年) 山田花子 28歳 110km
第27回(2004年) 杉田かおる 39歳 100km
第28回(2005年) 丸山和也 59歳 100km
第29回(2006年) アンガールズ 30歳 100km
第30回(2007年) 萩本欽一 66歳 70km
第31回(2008年) エド・はるみ  ? 113km
第32回(2009年) イモトアヤコ 23歳 126.585km
第33回(2010年) はるな愛 38歳 85km
第34回(2011年) 徳光和夫 70歳 63km(?)
第35回 (2012年) 佐々木健介一家 合計120km
第36回(2013年) 大島美幸 33歳 88km
第37回 (2014年) 城島茂 43歳 101km
第38回 (2015年) DAIGO 37歳 100km
第39回(2016年) 林家たい平 51歳 100.5km
第40回(2017年) ブルゾンちえみ 27歳 90km
第41回(2018年) みやぞん 33歳 161.95km
第42回(2019年) 近藤春菜・よしこ・水卜麻美・いとうあさこ  合計148.78km
第43回(2020年) 中止

Sponsored Links




24時間テレビドラマ2020年は?

チャリティマラソンと同じく話題なのが24時間テレビ内で放送される「ドラマ」です。

毎回多くの感動を与えてくれます!

2020年の24時間テレビチャリティドラマの詳細はまだわかっていません。

どうするのか?

という声も多いので分かり次第お知らせします!

歴代チャリティドラマ一覧(2001年〜)

  • 第24回(2001年)「最後の夏休み」主演:安倍なつみ/脚本:水橋文美江
  • 第25回(2002年)「父さんの夏祭り」主演:石川梨華・渡辺謙/脚本:水橋文美江
  • 第26回(2003年)「ふたり 私たちが選んだ道」主演:長瀬智也/脚本:水橋文美江
  • 第27回(2004年)「父の海、僕の空」主演:滝沢秀明/脚本:寺田敏雄
  • 第28回(2005年)「小さな運転士 最後の夢」主演:阿部寛/脚本:寺田敏雄
  • 第29回(2006年)「ユウキ」主演:亀梨和也/脚本:水橋文美江・山岡真介/原作:岸川悦子
  • 第30回(2007年)「君がくれた夏 がんばれば、幸せになれるよ」主演:滝沢秀明/脚本:吉田智子
  • 第31回(2008年)「みゅうの足パパにあげる」主演:松本潤/脚本:山岡真介
  • 第32回(2009年)「にぃにのことを忘れないで」主演:錦戸亮/脚本:遊川和彦
  • 第33回(2010年)「みぽりんのえくぼ」主演:広末涼子・長瀬智也/脚本:吉本昌弘
  • 第34回(2011年)「生きてるだけでなんくるないさ」主演:村上信五/脚本:篠崎絵里子
  • 第35回(2012年)「車イスで僕は空を飛ぶ」主演:二宮和也/脚本:寺田敏雄/原作:長谷川泰三
  • 第36回(2013年)「今日の日はさようなら」主演:大野智/脚本:橋部敦子/原作:幸和也
  • 第37回(2014年)「はなちゃんのみそ汁」主演:大倉忠義/脚本:西田征史
  • 第38回(2015年)「母さん、俺は大丈夫」主演:山田涼介/脚本:水橋文美江
  • 第39回(2016年)「盲目のヨシノリ先生 光を失って心が見えた」主演:加藤シゲアキ/脚本:水橋文美江
  • 第40回(2017年)「時代をつくった男 阿久悠物語」主演:亀梨和也/脚本:松田裕子
  • 第41回(2018年)「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」主演:中島健人/脚本:福原充則
  • 第42回(2019年)「絆のペダル*」主演:相葉雅紀/脚本:松田裕子

2000年代に入るとチャリティドラマの主演はジャニーズの方が務めることが多くなりました。

視聴率の問題などもあるかと思いますが、現在の若手俳優は演技派俳優が多いので、多角的なドラマも期待したいですね。

Sponsored Links




まとめ

【24時間テレビ2020年】についてまとめました。

ウイルスの感染拡大、第2波の心配や豪雨被害など、現在の日本は多くの苦難を抱えています。

私もその真っ只中にいます。

なので少しでも元気を貰える番組を期待します。

また、どんな形でもチャリティに参加できたらいいなと思っています。

「そのにゅーすって、ほんと!?」でした。