男優

遠藤憲一|フィリピンTシャツが話題!出演ドラマ・映画バイプレイヤーズが面白すぎる!

Pocket

名脇役で人気の遠藤憲一さんが「フィリピン」と大きく書かれたカラフルなカラーのTシャツを着た画像がSNSで話題です!なぜ遠藤さんがそんなTシャツを着ているのか?ドラマ&映画バイプレイヤーズのあらすじネタバレで分かりますよ〜!

遠藤憲一のフィリピンTシャツ!

SNS上で俳優の遠藤憲一さんが着ているTシャツが話題になっています!

遠藤さんが着用するTシャツの胸元に書かれた「フィリピン」の文字が衝撃ですw。

シンプルイズベスト!?

外国人が文字の意味を知らず漢字で書かれたTシャツを着ている、とか、日本人が意味も知らず英語のTシャツを着ている、のとも違います。

だって「フィリピン」ですから。

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤憲一(@enken.enstower)がシェアした投稿


遠藤憲一さんはご存知の通り、名脇役と言われる名俳優です。

とても強面で、眼光も鋭いので悪役を演じるとマジ怖いのですが、最近のドラマではコミカルな役どころも演じていて女性からの人気も高いです。

「エンケン」との愛称で呼ばれ若者からも愛される俳優のひとりです。

こちらの「フィリピン」と書かれたTシャツは、2021年2月放送のテレビ東京系「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間」に関係があります。

ドラマ「バイブレイヤーズ」はテレビ東京系のドラマで、2017年からシリーズ化されるほど人気番組です。

2017年に放送されたシリーズ1の「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」が遠藤憲一、大杉漣さん、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人が本人役で出演して話題に!

翌18年放送の「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」は、寺島さん以外の5人が出演されたのです。

悲しいことに、大杉さんが放送期間中の同年2月21日に同作の収録先で倒れ、急性心不全で他界されましたが、どのシリーズも「もしも名脇役が〜〜したら」という設定で、遠藤憲一さんをはじめ、名脇役と呼ばれる俳優が本人役で出演しています。

各回にはゲストも出演されるのですが、ほぼ「アドリブ?」と思うような面白さ!

2021年1月からのシリーズ3『バイプレイヤーズ 〜名脇役の森の100日間〜』では、遠藤さんはフィリピンへの憧れを募らせたあげく、現地への進出を目論むのです。

そう!

それで「フィリピン」と書かれたTシャツを着ているのです!

この「フィリピン」Tシャツが似合うのは、遠藤さんしかいないと思います!

青・赤・オレンジの「フィリピン」が可愛く見えるのはなぜでしょう?

どこか日本人離れした顔立ちで、フィリピン人と言われても違和感がないからかも。

Sponsored Links




映画バイプレイヤーズのネタバレ

シリーズ3も放送されるほど人気のドラマ「バイブレイヤーズ」は2021年4月に映画化されます!

バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜

こちらタイトル通りに本当に、個性派俳優・名脇役が総勢100人も出演されるんです!!

しかも、そのほとんどが本人役で出演されるというから驚きです。

まぁ、「バイブレイヤーズ」をずっとご覧になられてきた方は「当然」と思われるかもですが、これが台本なのかセリフなのかアドリブなのか、、というのが楽しいのです。

出演者の名前だけでも、驚きます。

阿部亮平、安藤玉恵、石丸謙二郎、宇野祥平、柄本時生、大倉孝二、小沢仁志、尾美としのり、勝村政信、加藤諒、金子大地、北香那、近藤芳正、佐々木希、宍戸美和公、志田未来、杉野遥亮、醍醐虎汰朗、高杉真宙、滝藤賢一、田中要次、津田寛治、寺島しのぶ、長谷川京子、濱田岳、林泰文、原田龍二、ふせえり、堀内敬子、観月ありさ、向井理、村田雄浩、本宮泰風、森下能幸、りょう、六角精児、渡辺いっけい、、池谷のぶえ、宇梶剛士、岡田浩暉、小木茂光、菅田俊、高畑淳子、富田望生、波岡一喜、西村まさ彦、浜野謙太、本田博太郎、本田望結、升毅、吉田羊、芳根京子、利重剛、、相島一之、稲葉友、井上肇、伊武雅刀、岡山天音、尾上寛之、木下ほうか、甲本雅裕、今野浩喜、渋川清彦、田中泯、玉置玲央、野間口徹、橋本じゅん、速水もこみち、本多力、前田敦子、前野朋哉、松尾貴史、水間ロン、六平直政、MEGUMI

 

「名脇役」どころか日本の映画やドラマには欠かせない名優や、通好みの曲者俳優、瑞々しい女優陣に主役級キャストと個性あふれる俳優達が顔をそろえています!

こちらの映画のキャッチコピーは

この映画、本当に完成するのか!?

いや〜、本当に完成したのでしょうかね笑

予告動画を見て見ましょう〜!!

Sponsored Links




『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』あらすじ

富士山の麓にあるのどかな撮影所バイプレウッド。

民放各局の連ドラや映画など沢山の組が撮影していて100人を越える役者たちで大賑わい。

田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一ら元祖バイプレイヤーズもネット連ドラを撮影中。

主演は有村架純だ。楽しく撮影が始まろうとした時、有村が共演している犬の風(ふう)がいないことに気づく。

風は行方不明になっていた。

心配する有村に、田口、松重、光石は風に何があったのか語り始める。

一ヶ月前、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子ら若手の役者たちが「月のない夜の銀河鉄道」という自主映画の撮影を始めていた。

監督は濱田、主人公は小さなチワワだがラストに100人の役者がSLで祝杯をあげるという壮大なストーリー。

車掌役で参加してくれた役所広司もそのシーンの撮影を心待ちにしている。

だが…実は役者は全く集まっていない。

しかも超低予算でスタッフを役者が兼務する有り様。

やがて主役のチワワは逃げ出し、SLも撮影目前でロケを断られ路頭に迷う始末。

そのくせ濱田は監督風を吹かせるので菜々緒、高杉、芳根も呆れて濱田組を降りてしまう。

落ち込む濱田、時生を見かねた田口ら元祖バイプレは自分たちのスタジオのSLセットを貸してあげることに。

一方、菜々緒は敬愛する天海祐希と出くわす。天海はバイプレウッドに買収話が上がっていることを憂いていた。

そこでバイプレウッドを愛する天海と菜々緒は一念発起、撮影所の存続をかけ署名を集めるためにバイプレウッド中の役者に声をかけはじめる。

かたや濱田と時生は再び100人の役者を集めるべく撮影を再開するが、同じスタジオには勝村政信や渡辺いっけいなど厄介な名脇役おじさんたちが大勢いて、ことあるごとに邪魔されストレスが膨らむ。

そんな若い彼らを陰ながら見守る田口、松重、光石は何か秘密を隠しているようで…こうしてそれぞれの思いが交錯、やがて役者同士のぶつかりあいに発展!

犬の風もそれに触発されたのか撮影所中を駆けずり回り大暴れ!

連ドラ、大河、朝ドラ、映画チームなどバイプレウッド全体に嵐を呼ぶ大騒動を巻き起こす!

こんなんで100人の役者の映画は完成するのか!?

そしてそんなドタバタ悲喜劇を越えると映画史上初の試みのとんでもないラストが待っている!

100人だからこそ成し遂げられる未体験の温かな感動がスクリーンを包む!

https://byplayers.jp/

Sponsored Links




遠藤憲一のプロフィール

名前:遠藤憲一(えんどう・けんいち)

生年月日:1961年6月28日

出身地:東京都

主な出演ドラマ:83年、NHK「壬生の恋歌」でドラマデビュー。「湯けむりスナイパー」、「民王」など様々なドラマで活躍。

まとめ

【遠藤憲一|フィリピンが大好き?バイプレイヤーズ【ドラマ・映画】あらすじネタバレ!】