NHK大河ドラマ

鎌倉殿の13人八重姫の新垣結衣が可愛い!ヤバすぎるガッキーの悲運のヒロイン!

Pocket

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で八重姫を演じるガッキーこと新垣結衣さんが可愛いと話題です!今回は八重姫とはどんな悲運の女性だったのか?また北条政子との関係についてのお話です。

31日間お試しで動画を視聴可能

鎌倉殿の13人の八重姫が可愛い!

「鎌倉殿の13人」は2022年NHK大河ドラマは三谷幸喜さん脚本のです!

初回放送開始から「鎌倉殿の13人」や劇中での台詞「首チョンパ」がトレンド入りして盛り上がりましたね〜。

そんな中、新垣結衣さん演じる八重姫にも注目が集まりました。


新垣結衣さんが悲劇のヒロイン・八重姫を演じるのですから、放送前から話題にはなるのは当然です!

ですが、劇中での八重姫が予想外の人物像だったのでびっくり!

新垣結衣さんの八重姫をみて、「逃げ恥」のみくりを連想した方も多かったようですね。


新垣結衣さん演じる「八重姫」は悲運の姫と言われています。

ですが、八重姫についてどんな人生を送ったのか正確なことは分かっておらず謎が多い女性なのです。

八重姫の人生についての史料があまり残されていないので、曽我物語などフィクション性の高い物語から、その素性や悲運を推測するしか無いのです。

 

【八重姫について】

八重姫は平清盛から源頼朝の監視を任されていた伊豆豪族・伊東祐親の三女です。

ドラマ内で「爺様」と呼ばれていたのが伊東祐親のことですね。

伊豆配流となった源頼朝は祐親が内裏大番役で留守のすきに、八重との間に子供・千鶴丸をもうけていました。

そこで、平清盛を恐れた伊東祐親は3歳の千鶴丸(祐親にとっては孫)を殺害してしまいます。

この時、嘆き悲しんだ八重は入水自殺してしまったとも、祐親の名で北条氏、または千葉氏と結婚したともされていますが、詳細は不明です。

「鎌倉殿の13人」では新垣結衣さんが演じる八重姫は、上記の伝承を元に三谷幸喜さんが作り出した”八重姫”像になるのでしょうね。

しかし「鎌倉殿の13人」第1話での八重姫は幸薄な感じは全くありませんでしたね。

我が子が殺害されたこともまだ知らないままでした。

そんな八重姫が北条義時(小栗旬さん)に、無茶振りするシーンでは、義時に対して「あなた、私を好きだったわよね?」という感じ。

ちょっと高飛車なところもある女性でしたね。

これを新垣結衣さんが演じると、こんなに可愛い八重姫になるのです!

Sponsored Links




「鎌倉の13人」八重姫はどうなる?

「鎌倉の13人」では小栗旬さん演じる主人公の北条義時の初恋の相手が八重姫という設定です。

今度、二人の人間模様もどう展開するのか楽しみです。

そして、なんと言っても八重姫と北条政子の二人の女性から目が離せません!

八重姫が愛する頼朝は「北条政子と結ばれる」のです。

頼朝のことを諦めきれない八重姫は、小池栄子さん演じる北条政子と対峙するシーンも今後あるそうです。

八重姫と北条政子は血縁関係がある

ここで八重姫と北条政子の血縁関係をおさらいしておきましょう。

八重姫の父親は伊東祐親です。

北条時政の初婚の相手は伊東祐親の娘です。

つまり、北条政子の母親は伊東祐親の娘で北条政子の母親と八重姫は姉妹になります。(諸説あります)

北条政子から見ると八重姫は叔母になるのです。

そんな小池栄子さん演じる北条政子と、新垣結衣さん演じる八重姫の対峙が楽しみですね!

そして、北条家の助けを受けた源頼朝が平家打倒の兵を挙げ、頼朝軍は平家側の立場にいる伊藤家とも激突します。

八重姫は両者の間で翻弄される運命なのです。

今後、八重姫の悲劇を新垣結衣さんがどう演じるのか楽しみです!

31日間お試しで動画を視聴可能

Sponsored Links




まとめ

【鎌倉殿の13人八重姫の新垣結衣が可愛い!ヤバすぎるガッキーの悲運のヒロイン!】をまとめました。

鎌倉殿の13人の再放送はいつ?見逃し動画配信のおすすめ情報【NHK大河ドラマ】NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の再放送はいつ?また見逃した動画「鎌倉殿の13人」を見る方法はある?今回は見逃したNHK番組をお得に視...
鎌倉殿の13人弁慶は誰?身長体重と筋肉が凄いハーフでイケメンの元ラガーマン!NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で弁慶を演じているのは佳久創さんです。弁慶といえば強烈な異相の大男のイメージですが佳久創さんはイケメン...