台風

台風3号2022たまご最新進路予想!米軍ヨーロッパwindy日本への影響予報は?

Pocket

2022年台風3号の情報です!熱帯低気圧(たまご)の発生から消滅までを、米軍JTWC・ヨーロッパECMWF・windyやウェザーニュース、気象庁、世界各国の予想をイッキにまとめて見よう!

日本への影響はあるのか?それはいつなのか?などなど台風3号についてのまとめです!

台風3号のたまご発生!

JTWC

2022年4月27日23時現在。

台風情報が最も早いと言われる『米軍合同台風警戒センター(JTWC)』の情報から見てみましょう!!

台風3号になるかもしれない(低圧部)が認識されています!

 

画像引用元:JTWC

 

画面中央の黄色い丸(98W)が「台風3号のたまご」になるかもしれない低圧部になります。

JTWCによると「南シナ海でベトナムに向かって北西に進むにつれて発達する可能性がある」とのこと。

衛生画像の簡単な見方はこちらです!

【図の見方】

  • 黄色丸(24時間以内の発達は考えずらい)
  • オレンジ丸(発達しても24時間以上かかる)
  • 赤丸(24時間以内に発達します)
  • 赤矢印(熱帯低気圧・台風)
  • 水色丸は熱帯低気圧と温帯低気圧の中間的な性質

28日午前0時(日本時間)現在は、まだ黄色い丸なので、24時間以内の発達は考えずらい状況です。

今後、ベトナムに向かって北上するとオレンジ色の丸や、赤丸になる可能性があるとのこと。

今後の情報に注意しましょう!

 

「JTWC」はアメリカ国防総省の機関です。

これはアメリカ軍の船舶が安全に航海するためのものですが、一般の人も簡単に見ることができますよ。

そのデータは、大気モデルを使用するだけでなく、複数の衛星システム、センサー網やレーダー、地表および上空での総観気象観測データなど、アメリカの最新技術を駆使して気象情報を世界中に提供しているのです。

Sponsored Links




ECMWF

次に欧州中期予報センター(ECMWF)の情報をみてみましょう!

Friday 6 May, 12 UTC

 

上記は5月6日まで時間を進めたた図になります。

ECMWFは農業用に開発されてきたとても歴史ある気象機関です。

6ヶ月予報など、長期にわたる気象予報も見ることができるので、とても面白いサイトです。

ECMWFもスーパーコンピューターによる気象予報で「世界一の数値予報精度」とも言われている信頼できる機関なのです。

ECMWFでは、台風3号発生の予想は現在のところはありません。

Sponsored Links




windy

次にwindyの情報を、等圧線を表示してみてみましょう!


windy.com

 

下記は風の動きと等圧線を示すデータを表示させています。

  • (L)は低気圧
  • (H)は高気圧です。

Windy.comはチェコの気象機関会社で、パイロットや政府機関にもよく利用されているサイトです。

風の動きだけでなく、雲や雨が視覚的に捉えられるのが面白いですよね。

windyでも現在のところは日本に影響する台風3号の情報はありませんでした。

Sponsored Links




日本気象庁

画像引用元:Yahoo台風概況より

 

 

2022年4月28日(木)午前0時現在、日本近海に台風は発生していません!

日本気象庁が発表する「熱帯低気圧」は24時間以内に台風に発達する見込みのある低気圧のみです。

もちろん、日本でも気象衛生などを駆使して、常にアジアの気象情報を監視しています。

当然、海面水温や潮の流れなども把握していますよ。

日本の気象技術はとても進んでおり、アジアの中でも各国の気象予報の参考にされています。

「日本が言うなら台風になるね〜」みたいな感じです!

気象衛生「ひまわり」など聞いたことがあると思います。

その活躍はJTWCやECMWFにも負けない精度の高いものです!

Sponsored Links




まとめ

【台風3号2022たまご最新進路予想!米軍ヨーロッパwindy日本への影響予報は?】をまとめました!

今後の台風3号のたまごについて最新の情報に注意してください!