オリンピック

男子400mリレーバトンミスはなぜ起きた?攻めと練習不足の境目で世間の評価は?

Pocket

東京オリンピック2020の陸上男子400mリレーでまさかのバトンミスで失格。金メダルを狙っての攻めとその練習不足の境目でミスはなぜ起きたのでしょう?バトンの失敗の理由はなんなのか?ネットの声も!

mayu
mayu
失敗しちゃった

東京オリンピック2020陸上男子400mリレー

史上最速のリレー侍と呼ばれ、メダルの色が期待されていた東京オリンピック2020大会の陸上男子400mリレー。

走者は予選と同じ走者で挑みました。

多田修平選手―山県亮太選手―桐生祥秀選手―小池祐貴選手

日本は大外の9レーンです。

第一走者の多田修平選手はおそらく1位で走り抜けていたと思われます。

しかし、残念ながら第2奏者の山縣亮太選手にバトンが渡りませんでした。

 

30メートルのバトンパス区間を越えるテークオーバーゾーンで失格。

世界屈指のバトンパス、アンダーハンドパスが繋がらなかったのです。

多田選手は「勝負にいった結果」と受け止め、出番を失った第3走者の桐生選手も「攻めた結果」とインタビューで答えていましたね。

2019年世界選手権決勝ではアジア新の37秒43をマークして、山県選手や、小池選手のら自己ベスト9秒台という4選手がメンバーだっただけに期待も大きかったので、この失格は残念でした。

Sponsored Links




NETの声

ほんの一部ですがNETの声を紹介しましょう。

 

Sponsored Links




バトンミスは攻めの結果?

個人ではなかなか結果を出せない日本陸上競技。

なので、どうしても男子400mリレーに期待が大きくなりますよね。

リレーは100分の1秒の世界で争う競技なので、渡す方も渡される方もバトンパスは至難の技なのです。

バトンパスは「攻め」た結果とのこと。

「攻めた」ということは、その”攻めるバトンパス”の「練習不足」だったのではないかとも言われています。

ミスの原因がなんだったのかは、今後、専門家の方が多くを語ってくれることでしょう。

詳しい原因が分析されたらまたお知らせします。

「個人の力は世界との差が開いてきてる」と桐生選手が言っていました。

個々の力がもう少しずづ高かったら、バトンパスを”攻める”ことなく走れたのかもしれませんね。

失格は残念でしたが、誰も”責める”ことはできません。

惜しかったなぁ〜というのが私の感想です。

Sponsored Links




レースプランに無理があった?

多田選手から山縣選手へのバトンは練習でも1度もミスをしたことなかったそうです。

【試合事前のプラン】

日本記録より100分の7秒遅いタイムを金メダルへの指標とし、スタートが得意な多田選手が飛び出し、3走の桐生選手までにリードを奪うことで内側のレーンの国々にプレッシャーをかけ、そのまま逃げきる。

土江コーチとスタッフや選手たちは、このようなスタッフレースプランを立てたそうです。

そして山縣選手は予選よりおよそ20センチ距離を広げてスタート

この20センチが命運を分けた距離だったのでしょうか。

ただ「金」か「失敗」か、その攻めた末の結果だったのです。

桐生選手はレース後、このように語っています。

「攻めてこうなった結果」「実際、世界でリレーでも個人でも離されているというのは結果的にも記録的にも出ているので。それを深く受け止めたい」

東京オリンピック2020大会の開催にあたり、いろいろな声が手紙やSNSによってトップアスリートたちに届いていたそうです。

平常心を保のも大変だったのではないかと想像します。

やはり攻めの結果を責めることはできませんね。

Sponsored Links




バトンミスの原因は8レーンの選手?

2008年北京五輪男子400メートルリレー銀メダリスト・塚原直貴氏によると、バトンが繋がらなかったのは「内側の選手をよけたこと」だと語っています。

多田が走ってきた際に、内側8レーンのイタリア選手が山県と同様にレーンの外側で待っていたが、立っているのはコース内でも足や尻が少し出ていたため、多田がよけようとした。

→参照元「デイリー」記事はこちら

上からの動画を見ると、走る軌道がブレていることがわかります。

塚原直貴氏によると隣のレーンの選手をカットする時に「よくあること」なのだそうです。

また、山縣選手がなぜスピードを緩めなかったのかについては

「多田選手を信じてるので。追いつくだろうと、来るはずだと。来なかったってことなんですよ」とも。

塚原直貴氏はとても辛そうな表情で解説していました。

Sponsored Links




まとめ

【男子400mリレーのバトンミスなぜ?攻めと練習不足の境目で世間の評価は?】をまとめました。

男子400mリレーが失格になると多くのTweetが上がりました。多くの日本人が期待していた証です。

また、多くの人が選手に対して温かい言葉をかけているのが印象的でした。

mayu
mayu
金メダルの涙もリレー失格の涙も、僕は感動したよ。

全てのアスリートの活躍を応援します!

山縣亮太【プロフェッショナル仕事の流儀】再放送と見どころ!見逃した動画の視聴方法!陸上選手の山縣亮太選手が過去に出演したNHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送はあるのでしょうか?今回は、その見どころや、見逃...