男性俳優

村雨辰剛の結婚した嫁と娘が可愛すぎる?本名と名前の由来も凄い!

Pocket

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の米軍将校役の村雨辰剛さんはタレントや俳優として活動する庭師です!村雨辰剛さんの本名や名前の由来と、結婚した嫁さんと娘さんについても調査しました!

村雨辰剛の本名

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の米軍の中尉役で出演し、話題の村雨辰剛さん。

村雨辰剛さんと聞くと、the日本人!”ごっつい強面の男性”を想像しますが、村雨辰剛さんはスウェーデンで生まれ育ち2015年(26歳の時)に日本に帰化しました。

村雨辰剛さんの帰化する前のお名前は『ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク(Jakob Sebastian Björk)』さんと言います。


帰化とは『本人の希望により他国の国籍を取得しその国の国民となること』ですが、これがまた大変なんですね。申請するには数多くの条件をクリアしなければいけません。

そんな難題をクリアして日本人になられた村雨辰剛さん。

現在はドラマやラジオに出演し、NHK「みんなで筋肉体操」「朝ドラ」などドラマやバラエティ番組で俳優として活躍されていますが、本業は庭師だというからこれまた驚きですよね。

Sponsored Links




村雨辰剛の名前の由来

ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク(Jakob Sebastian Björk)さんは日本国籍を取得し、お名前が村雨辰剛さんになりました。

でも、なぜこのような硬いお名前にしたのでしょうね?

「村雨」という苗字は弟子入りした庭師の親方の父親の名前なのだそうです。また、作家・村雨退二郎(むらさめ たいじろう)や、『南総里見八犬伝』に登場する架空の日本刀の名称が「村雨」であることにも由来するそうです。

「作家のような名前でかっこよかった」というのが1番の理由かもしれませんね。

「辰剛」という名前は”辰年生まれ”で、”剛”は親方のお名前からもらったそうです。

名前の由来だけでも、とても日本文化を愛しているのがわかりますが、プライベートでは和服を着て、落語好き。味噌汁や日本酒が大好きで北島三郎さんの「故郷」を歌っちゃうそうですw。

「わび・さび」を愛する生粋の日本人より日本人らしい村雨辰剛さんです。

Sponsored Links




村雨辰剛の父親と母親

村雨辰剛さんは1988年7月25日にスウェーデン・スコーネ県のオルケルユンガで生まれました。

小さい頃に両親が離婚し、実母に引き取られ継父に育てられています。

継父はスウェーデン空軍のパイロットをしていて幼少期はスコーネ地方の郊外に住んでいたそうです。

これ以上の実父親やご両親の国籍や画像など、詳細な情報は見つけられませんでした。

ただ、継父も母親も日本には全く関係はないようですね。

中学の時に世界史の授業で日本に興味をもち、チャットで知り合った日本人を通して日本語を勉強して、16歳の時に逗子と横須賀で3ヶ月間、ホームステイを体験しました。

日本の古いものを大切にする心や、師弟関係にも憧れがあったそうです。

その後、スウェーデンのレンジャー部隊に合格したものの辞退をして高校卒業後に日本に移住しました。

日本に来日した村雨辰剛さんは、スウェーデン語はもちろん日本語と英語が話せるので、日本での最初の仕事は語学教師をしていたのですが、「日本文化や伝統的なものを学びたいと思って日本に来たのに、これでいいのか」と自問自答していたそうです。

その頃、外国人事務所にスカウトされています。

2011年3月11日の東日本大震災で家族が大変心配されたそうで、一時スウェーデンに帰国したのですが、8月には再来日して23歳で造園業の世界に入ったのです。

日本に帰化する際に「戦争になったら日本人として戦えるのか?」と聞かれたそうなので、空軍のパイロットの継父らしい言葉かもしれませんね。

息子に遠い異国の「日本に帰化したい」と言われ、さぞかし心配されたことと思います。

Sponsored Links




村雨辰剛の結婚相手の嫁と娘

これだけのイケメンで筋肉モリモリの村雨辰剛さんは、当然、女性に人気があります。

もちろん私もそのひとりで、村雨辰剛さんが既婚者なのかがとても気になるところ。

村雨辰剛さんは2021年12月現在、独身です!!

実は、過去のインタビューで「当時結婚していた元嫁と一緒にスウェーデンに帰った」とコメントして注目されています。

当時結婚していた元妻と一緒に一時帰国したのですが、少し落ち着いた後、すぐに大好きな日本に戻りました。

引用元:BICULTURAL SOULS

上記でも述べましたが、東日本大震災の時に一時スウェーデンに帰国しているんですね。その時にお嫁さんがいたことが判明し、また「元」と言っていることから離婚されたことが判明したのです。

しかし、この結婚した相手が誰なのか?結婚した時期や馴れ初めなどの情報は見つかりませんでした。

当時はまだ23歳前後だったので、庭師だけのお給料では大変だったのかもしれませんね。

NETでは娘さんがいるとの噂もありますが、信憑性のある情報は見つけられず、村雨辰剛さんのInstagramやTwitterにはお子さんに関する情報は一切ありません。

現在、お子さんがいる様子は伺えないのですが、もし元嫁さんとの間にお子さんが産まれていたとしたら親権は母親になったのかもと推測します。

村雨辰剛さんに似た可愛いお嬢さんなのかもしれませんね。

今後は熱愛報道や結婚発表があるかもしれません。これからも村雨辰剛さんから目が離せませんね!

Sponsored Links




村雨辰剛とダレノガレ明美の関係は?

村雨辰剛さんを検索するとダレノガレ明美さんがヒットするので、熱愛報道でもあったのかと思って調査してみました。


ダレノガレ明美さんはブラジル国籍と日本国籍もつブラジル生まれのファッションモデルです。現在はタレントとしてよくテレビでお見かけしますよね。

結果は、村雨辰剛さんとダレノガレ明美さんは恋人関係ではありませんでした。

どうやらダレノガレ明美さんのお兄さん・福住龍司さんも横浜で庭師をしていることから、ネットで検索されるようになっただけのようです。

また、ダレノガレ明美さんのご両親もダレノガレさんが幼い時に離婚し、彼女が3歳の時に実母が造園業を営む日本人と再婚しています。

お兄さんが父親の造園業を継いているのでしょうね。

このように村雨辰剛さんとダレノガレ明美さんとは共通する過去があるので、検索するとヒットするのではないかと思います。

Sponsored Links




村雨辰剛と猫

村雨辰剛さんは猫を飼っています。キジ三毛の「芽吹き」ちゃんのメス猫です。

27歳で庭師として独立したときに出会ったのが「芽吹き」ちゃん。

「踏切の近くで子猫の鳴き声が聞こえて、ふと見たら、まだ2ヶ月くらいの子猫が『お母さーん、お腹すいたー』って言ってるみたいに必死に鳴いていたんです。周りには、母猫もきょうだい猫も見当たらなかった」

引用元:SIPOO

ところで、この写真は誰が撮ったんでしょうね?

気になります、、、。

Sponsored Links




村雨辰剛のプロフィール

  • 名前:村雨辰剛(むらさめ たつまさ)
  • 生年月日:1988年7月25日
  • 出身国:スウェーデン
  • 国籍:日本
  • 職業:庭師・タレント
  • 血液型:O型
  • 事務所:ワイエムエヌ

村雨辰剛さんは書籍も出版しています。


 


また、NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でお茶の間でも人気になった村雨辰剛さんは、これからもドラマ出演作品が続きますよ!


英語も日本語も流暢な村雨辰剛さんの活躍がこれからも楽しみですね!

Sponsored Links




まとめ

【村雨辰剛の結婚した嫁と娘が可愛すぎる?本名と名前の由来も凄い!】をまとめました。

村雨辰剛さんは過去にご結婚されていましたが、離婚して現在は独身のようです。娘さんがいるとの噂もありますが、信憑性のある情報は見つかりませんでした。村雨辰剛さんと言う名前は”村雨””辰””剛”とそれぞれに意味がありましたね。

これからも村雨辰剛さんを応援しています!