*当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

台風

台風8号2023最新米軍JTWC進路予想!windy.気象庁の予報とドーラが突然現れた理由!


今回は台風8号についての情報をお届けします。気になる最新の進路予想と、突如現れたドーラに関する興味深い事情を探ってみましょう。

mayu
mayu
台風8号(ドーラ)は🌴低気圧に変わりました。これを持ちまして台風8号の情報は終わります!

台風8号の進路に関しては、米軍JTWC(アメリカ国防総省の台風警報センター)からの最新情報が入ってきています。気象庁の予報と比較しながら、台風8号の今後の動きについて詳しく見ていきましょう。

一方で、私たちが注目すべきは、突如として現れたハリケーン「ドーラ」です。メキシコ沖の東太平洋で発生し、その後の成長と進路に関して驚きの展開がありました。その背後にある理由や、なぜ突然現れたのかについても考えてみたいと思います。

台風9号の情報はこちらをご覧ください
▽ ▼▽ ▼▽ ▼▽ ▼▽ ▼▽ ▼▽ ▼


\楽天タイムセール毎日開催中/

【➜楽天24時間限定タイムセール会場はコチラ


JTWCの台風8号最新進路予想


画像:JTWC

  • TY07W=台風7号(LAN)
  • TY05W=台風8号(DORA)

「12日(土)午前9時ごろ、ミッドウェー諸島近海で勢力の強い台風8号が突如発生しました。台風7号が日本列島に接近する中、突如現れた台風8号に驚かれた方も多いと思います。

実は、この台風8号は突然現れた訳ではありません。

この嵐は「ドーラ(DORA)」と命名されましたが、ここで注目すべきは、元々はハリケーンとして誕生していた点です。

気象庁の台風監視領域は、北西太平洋(赤道よりも北側で、東経180度よりも西側の範囲)と南シナ海に定められています。この領域内で、最大風速(10分間の平均)が約17m/s以上の熱帯低気圧が台風と呼ばれています。

気象庁の監視エリアである北西太平洋に進入する際、名前とともに台風としてのカテゴリーに変わったのです。

興味深いことに、西経の領域から進んでくるハリケーンや発達した熱帯低気圧(トロピカルストーム)が東経の領域に入ると、監視の担当がアメリカの中部太平洋ハリケーンセンター(CPHC)から日本の気象庁に引き継がれ、それが台風として扱われることになります。

このようなケースは数年に一度程度しか発生せず、最後にトロピカルストームから台風へと変わったのは2018年の台風17号(ヘクター)で、それから5年が経ちました。

また、ハリケーンから台風へ変わるケースも2015年の台風17号(キロ)以来、8年ぶりの出来事です。

ちなみに、このハリケーンは、メキシコ沖の東太平洋で発生しました。

最初はトロピカルストームと呼ばれていましたが、アメリカの国立ハリケーンセンター(NHC)によって「ドーラ」と名付けられ、次第にハリケーンへと発達しました。

その後、監視の担当がNHCからCPHCへと引き継がれ、最盛期には「カテゴリ4」という強いハリケーンにまで成長しました。

そして、現在日本に関しては、台風8号が進行中ですが、予想される進路では次第に勢力を弱めてウェーク島近海で熱帯低気圧になるとされています。日本への影響はない見込みです。

ちなみに、この台風「ドーラ」が実はハワイの山火事の拡大に影響を与えたハリケーンなのです。

しかしながら、最新の予測によれば、台風8号は進路を変え、勢力を弱め、来週中旬には熱帯低気圧に変わると見込まれています。

そのため、日本には直接的な影響は及ばない見通しです。

ハリケーンと台風は、地域や経緯によって呼び名やカテゴリーが異なりますが、その本質的な危険性は共通しています。

国際的な協力と情報の共有が、このような自然災害の管理において重要であることを再確認させられる出来事ですね。

予測によれば、この台風(TD 05Eまたはドーラ)は、TAU 72までに徐々に減少し、消滅するとされています。ここでの “TAU” は予測時点を示し、”TAU 72″ は予測の72時間後を意味します。したがって、台風は消滅するのは予測によれば72時間後までにとされています。

Sponsored Links




「台風の成り立ちと進路に関する情報」

今回は少し台風についてお話ししますね。

気象庁の台風監視領域は、北西太平洋(赤道よりも北側で、東経180度よりも西側の範囲)と南シナ海に定められています。この領域内で、最大風速(10分間の平均)が約17m/s以上の熱帯低気圧が台風と呼ばれています。

興味深いことに、西経の領域から進んでくるハリケーンや発達した熱帯低気圧(トロピカルストーム)が東経の領域に入ると、監視の担当がアメリカの中部太平洋ハリケーンセンター(CPHC)から日本の気象庁に引き継がれ、それが台風として扱われることになります。

 

このようなケースは数年に一度程度しか発生せず、最後にトロピカルストームから台風へと変わったのは2018年の台風17号(ヘクター)で、それから5年が経ちました。また、ハリケーンから台風へ変わるケースも2015年の台風17号(キロ)以来、8年ぶりの出来事です。

ちなみに、今回紹介するハリケーンは、メキシコ沖の東太平洋で発生しました。最初はトロピカルストームと呼ばれていましたが、アメリカの国立ハリケーンセンター(NHC)によって「ドラ」と名付けられ、次第にハリケーンへと発達しました。その後、監視の担当がNHCからCPHCへと引き継がれ、最盛期には「カテゴリ4」という強いハリケーンにまで成長しました。

そして、現在日本に関しては、台風8号が進行中ですが、予想される進路では次第に勢力を弱めてウェーク島近海で熱帯低気圧になるとされています。日本への影響はない見込みです。

台風やハリケーンの動きは気象現象の一つであり、我々の生活に影響を与える重要な要素です。今回の情報が皆さんの理解を深める一助になれば幸いです。安全な日々をお過ごしください。

windyの台風8号2023の情報

『windy』はチェコの気象機関会社で、リアルタイムの気象情報から、先の天気予報予想も視覚的に捉えられるので、とても分かりやすいです。

では、windyの情報を、等圧線を表示しながらみてみましょう!


windy.com

台風8号による直接的な影響はないようですが、近海の船舶は注意が必要です。

上記の画像では、風の動きと等圧線を示すデータを表示させています。

(L)は低気圧
(H)は高気圧です。

▲マークをタップすると時間をすすめて見ることができます。

windyは風の動きだけでなく、雨雲や雷がどこで発達しているかまで捉えられるので、見ているだけでも面白いサイトです。

現在使用されている気象予報データは、ECMWFやJTWCなど情報を元にしていて、リアルタイム天気予報サービスを世界中に提供しています。

Sponsored Links




ウェザーニュースの台風8号2023の情報

ウェザーニュースの情報をみてみましょう!

特務機関NERVの台風2023の情報

私がよく利用する「特務機関NERV」をご紹介します。「特務機関NERV」は、防災気象情報を配信するTwitter・アプリでは、気象庁に専用線を敷いています。

そのため、気象庁が発信する気象警報をダイレクトに受け取り、Tweetすることができるので情報を最速でお知らせしてくれる信頼できる機関です。

 

停電情報や、警報・注意報情報などきめ細やかな情報が、時に、気象庁より早く流れてきます。

2022年8月現在のTwitterフォロワー数は174.5万人以上にのぼり、無料のスマートフォン用アプリもありますので、みてみてくださいね1

Sponsored Links




飛行機の運行状況は?

航空会社名 欠航/運行
ANA 運行状況のご案内はこちら
JAL 運行状況のご案内(国内)はこちら
スカイマーク 運行状況はこちら

大手電力会社の停電情報!

電力会社名 停電情報先リンク
沖縄電力 停電情報はこちら
四国電力 停電情報はこちら
九州電力 停電情報はこちら
中国電力 停電情報はこちら
中部電力 停電情報はこちら
北陸電力 停電情報はこちら
関西電力 停電情報はこちら
東京電力 停電情報はこちら
東北電力 停電情報はこちら
北海道電力 停電情報はこちら

Sponsored Links




JRの運行状況を確認する

鉄道会社 運行状況先リンク
JR九州 列車運行情報はこちら
JR西日本 列車運行情報はこちら
JR東海 列車運行状況はこちら
JR東日本 運行状況はこちら
JR北海道 列車運行状況はこちら

2023年台風7号の名前は?

2023年台風7号が発生すると、名前は「ラン( Lan)です。

ランは米国によって名付けられた名前で、マーシャル語で「嵐」を意味する言葉に由来しています

台風対策ちゃんとしてますか?台風だけではなく地震大国な日本。これだけあればまずは一安心!な防災グッズについてもしっかりチェックしておいてくださいね

↓ ↓ ↓

▲明日は我が身です…!▲

Sponsored Links




台風に備えるには何が必要?

窓ガラスフィルムどこで買う?カインズやニトリとホームセンターでも売ってる?窓ガラスフィルムをどこで買うか迷っている方へ。今回はカインズやニトリ、ホームセンターなどに窓ガラスフィルムは売ってるのか調査しました! ...
台風対策は窓ガラスから!ダンボールやテープとフィルムの貼り方!ここ数年日本列島に接近上陸する台風の勢力は大きくなる一方です。その為、暴風雨による被害も多くなっています。台風接近前の台風対策はまず窓ガ...
飛散防止フィルムどこで売ってる?ダイソーやセリアなどの百均とニトリや通販を調査!最近、台風や地震が多いから窓ガラスや食器棚のガラスが割れたら怖いな〜と思っているんだけど「飛散防止フィルム」ってどこで売ってるんだろ? ...
レインブーツっぽくない長靴どこで売ってる?ワークマンやしまむらとイオンなどの販売店をチェック!雨の日でもおしゃれなレインブーツ(長靴)を履きたい!そんな時は通販がおすすめ!ワークマンやしまむら、イオンなどでも探せるけど、オシャレな...

Sponsored Links




まとめ

【台風8号2023最新米軍JTWC進路予想!windy.気象庁の予報とドーラが突然現れた理由!】をまとめました。

台風対策は、早め早めの準備が肝心です!

気象予報に注意して台風が近づく前に、窓ガラス対策や停電対策、食料飲料水の確保など準備をしておきましょう!

窓ガラスフィルムどこで買う?カインズやニトリとホームセンターでも売ってる?窓ガラスフィルムをどこで買うか迷っている方へ。今回はカインズやニトリ、ホームセンターなどに窓ガラスフィルムは売ってるのか調査しました! ...
飛散防止フィルムどこで売ってる?ダイソーやセリアなどの百均とニトリや通販を調査!最近、台風や地震が多いから窓ガラスや食器棚のガラスが割れたら怖いな〜と思っているんだけど「飛散防止フィルム」ってどこで売ってるんだろ? ...